2008年05月03日

最近の株とか債券の動きとか中長期投資の話とか。GW中に考えてみるってのはどうすか。【オススメ】

ゴールデンウィークに入りましたね。ってもう世の中はもうとっくに入ってたのかもしれませんが、金融業界は基本的に暦どおりなので有休とらなければ今日から4日だけのGWです。もちろんMAXそこら中が混んでるのでどこも行きません。ヘタすると仕事行くかも・・・とりあえず、すいてる東京でウリウリしてようと思います。どこも行かない人は家でじっくり、どっか行った人は行った先で、ちょっと今年の年初からの株とか債券とかの動きを見てみたり、お金のこととか、投資とか運用のことを考えてみるってのはどうすか。

とりあえず先に出しちゃいましょう。ちょっといつもと違う感じにしてみました。(表をクリックすると大きく表示されます。一旦保存するなり、別窓で見るなりしてご覧ください。)

080502.bmp

まず、3段になってまして、上のほうは現地通貨ベースの騰落率です。世界株みたいなグローバル指数はドルベースです。で、中段が円ベース。どう違うのかって言うと、例えば米国株のところを比べていただくと、現地通貨ベースでは-5.6%、円ベースでは-12.2%になってます。米国株はS&P500でとってますが、S&P500指数は今年の年初が1468.36で昨日が1358.65なので-5.6%でした。ところが、円を持ってる日本人が米国株に投資する場合、円とドルの為替リスクもその上に乗ってきますから、円安になれば上乗せ、円高になればマイナスになります。年初のドル円は111円71銭で昨日が103円91銭なので、為替でも7%くらい負けてることになります。円から投資してる人のことを考えて、100ドルの株が110ドルになりましたよっていう現地通貨建てのリターンだけでなく、円に換算するとスタート時点は●円でそれが●円になりましたよ、ってのを示したものが円ベースのリターンです。ブラジル株もそう。ブラジル株はボベスパ指数でとってますが、ボベスパ指数は年初が63,886.1でしたがそれが67,868.5まで上がりました。この変化は現地通貨ベースの+6.2%。ところが円ベースにすると、その間に円とブラジルレアルの為替レートが少し円高になったので為替のマイナスがあって、+6.2%が+5.7%になってます。あ、ちなみに、この表の数字は昨日の夕方の数字なので、アジア市場の中でもインドなんかはまだ終了していない動いてる途中の数字ですし、ヨーロッパは5月2日の市場が始まったばっかりのあたりの数字、アメリカは前日5月1日の終値、になってます。そのへんはまぁご愛嬌で。ブラジルもアメリカも昨日この数字のあとで上げたので(アメリカ+0.32%、ブラジル+2.21%)、ブラジルなんかはこの表のリターンよりも更に大きいですね。

円ベースで考えれば、インターネット証券なんかがしょっちゅう宣伝してる、「トルコリラ建て債券、利回り13%!」とか「南アフリカランド建て債券、利回り11%!」、みたいなのも、「で、為替は?」って話になるんですけどね。円ベースで考えれば全然別物。10%の金利が入って現地通貨ベースで100が110になっても、為替が100から80に落ちたせいで結局100万円が88万円になっちゃいました、みたいな。円から投資して円に戻すなら円ベースで為替込みで考えないと意味ないです。ハイ。投信にダマされんな系の本書いてる人はこういうのはあんまり批判しないんですね。なんででしょうね。こういうのに一番力を入れてる、ETFやインデックスファンドを中心に売ってるインターネット証券となんかあるのかしら?なんて思っちゃいますね。まぁいいや。そのへんの話はこの辺の記事に載せてますのでよろしければどうぞ。
為替のこと〜その2〜 ノー・フリー・ランチ
http://jovivi.seesaa.net/article/86211988.html
株と債券に分散投資したのに何故か両方一緒に下がってしまう理由【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/92326377.html


とりあえず先に表の説明をしちゃわないと。で、一番下の段はPERです。それから、世界株のところに、普通の「世界株」ってのと「世界株(TR)」のがあります。TRはトータルリターンのことです。トータルリターンってのは、株なら配当込み、債券ならクーポン込み、のリターンのことです。どういうことかと言いますと、A社の株を持ってたとします。この株が1000円から1100円になったとするとこの価格変化は+10%です。価格の面だけで言えばリターンは10%です。でも、もしこの間に配当が50円もらえていたとすると、リターンは+10%に加えて更に50円ということになります。債券もそう。価格の変化以外にクーポン収入がありますからね。なので、例えばTOPIXなんかでも、価格の動きを表す指数と、株の配当収入まで計算に入れた「配当込指数」の2種類があって、みなさんが通常目にしているのは、価格の動きを表す指数です。日経平均もそう。ニュースで読まれてるのも、みんなが今日の日経平均は、って言ってるのも全部価格の動きを表すほうの指数で、それとは別に配当収入に加えた配当込み指数、トータル・リターン指数ってのがあります(もちろん、指数を計算している会社が価格の動きの指数しか出していない場合もありますが。ちなみに東証がTOPIXの配当込指数を算出・公表し始めたのは1999年ですから割と最近です。)。なんで配当込み指数を使わないのかって理由は知りませんが、とりあえず、配当込みだと値動きの変化が見えにくくなるから、値動きの変化だけを取り出して見たい、って人が多いからじゃないすかね。配当込み指数を知りたければTOPIXなんかは東証のホームページを見ればのってますし、そもそも算出してなければ取りようがありませんが、算出してる場合はそれぞれの指数の算出元のページに行けばだいたい取れます。まぁ新聞もネットの金融情報サイトの数字も本で解説されてる数字も、みんな価格ベースでやってますからあんまり気にしなくてもいいのかもしれません。REITなんか特に配当込みでやったほうがいいんですけどね。・・・って普通に価格で入れちゃってますね・・・すいません。まぁ、今回は、指数には価格ベースのものと配当込みのTR指数の2つがあるんだよってことをご説明するための材料ってことで載せた程度に考えていただければと。

そもそも指数って何?PERって何って方のためにちょっとリンクを貼っておきます。

◆指数って何?インデックスって何?って方はこちら。
日経平均とTOPIXってどう違うのさ【ダウ?】
http://jovivi.seesaa.net/article/11835214.html

◆PERって何?って方はこちら。
最近さ、ベトナム株って聞かなくね?PERのおさらいも。【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/77995923.html
最近の中国株市場について/株価とPERについて【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/57830870.html
運用・投信でよくある疑問I〜株価の急落について〜A株って何?H株って何?PERって何?〜
http://jovivi.seesaa.net/article/35184173.html

ここ(http://jovivi.seesaa.net/category/1107302-1.html)にある目次をご覧いただくと、過去の記事を目次形式で見れます。どんな内容が書いてあるのかもまとめてあります。あと、「PERってこのブログで前に読んだことあるなー、どの記事だっけ?」って時はgoogleで「ジョン太郎 PER」みたいにキーワードとジョン太郎(でもブログ名でも)の間にスペースを空けて検索すると、目次よりカンタンに過去記事を見つけられます(最近知りました(照))。


で、本題。どうっすか?最近。

何か買おうとしてますか?儲かってますか?さっきの表の円ベースのところを見ていただいたらわかりますが、過去1年以内に投資を始めた方は結構損してる人が多いはずです。でも3年前からやってる人は、円ベースの過去3年、のパフォーマンスを見ていただいたらわかりますが、たいがい何を買っててもプラスになってるはずです(J-REITを買っちゃった人以外)。もし3年前から投資をしてて、マイナスになってしまっているとしたら、それはおそらく途中で売買をした人ということなんでしょう。売買をすることを止めはしませんが、売買をして勝つのは相当難しいということはお伝えしておきます。プロでも難しいことなのです。よく勘違いをされる点ですが、「利益確定をした分は少なくともプラスなんだから」ってやつですが、これも、例えば100万円が500万円になったので利益確定をしたとして、この500万円で一生食べていくなんてことは不可能ですから、次の投資にまわすわけで、その500万円で買った株がいきなり50万まで下がって50万前後で5年くらいウロウロ・・・なんてことだって余裕であります。これは利益が確定できたことになるでしょうか?投資あるいは運用というのは数十年に渡って続いていくものです。そう言うと、そんなに生きないよって言う方もよくいますが、来年死ぬ予定なら運用なんてする必要ありません。それできっちり12ヵ月後に死ぬことができるなら、今手元にあるお金を12分割して毎月使っていけばいいだけです。ほとんどの人は自分が後何年生きるか分からない状態で生きていて、キャッシュフローは先へ行くほどきつくなります。今働いている人であれば将来どこかのタイミングで給与所得がなくなり、年金は途中で破綻しないかどうかすら定かではないですし、今すでに年金をもらってる人もこの国の素敵な年金制度を見る限り間違いなく減額されていくでしょうし、物価も上がっていき、消費税をはじめ税金も上がっていくでしょうし、社会保障負担も増えていくでしょう。普通の人はこの先、キャッシュフローはどんどんタイトになっていく、と想定していおく必要があるはずです。

で、運用をするわけです。5年先、10年先、15年先、20年先、25年先、の自分がお金に困らないように運用をするわけで、10年先も15年先も20年先も25年先も、30年先も、勝っていると期待できるやり方で運用していく必要があるはずです。運用開始して1年、100万円が500万円になりました。利益確定でこの取引は間違いなく儲かった。ところで、25年後もプラスの状態であると確信できますか?次の取引で損しない自信がありますか?期間が長くなればなるほど、連勝が難しくなるんじゃないですか?もちろん、本屋に行けば「主婦の私が●億円!」とか「私にもできた!●●で●億円!」とかって景気のいい本は並んでますが、その本を書いた人が5年後、10年後もまだ勝ってるかはわかりません。ヘタするとその数億円が数百万円になってる可能性もあるわけです。また、そもそも、そこまでいく人は極めて稀で、多くの人はその手前で連勝がストップして負けてしまい、退場をする人も多くいます。宝くじ当たるのと変わんないんじゃないっすかね。宝くじだって毎年何人だか何十人だかは数億円を手にしてるわけでしょう?その割にはデイトレやFXで億万長者になったって人少なくないですか?それに、儲かった人が本書いてるから、みんな儲かってるみたいに見えますけど、その他大勢の儲かってない人は本書いてないですからね・・・

こういう相場の時って、せっかく手数料払って買ったものを投げ売りしたり、もっと損失が拡大するんじゃないかと不安になって後で考えてみれば意味不明なところで売却したり、ちょっとの利益を失うのが怖くて利益確定の売りをしたり、ヘタすると日本人に多い集団心理・群集心理で自分だけ逃げ遅れるのはイヤだなんて考えて売る、なんて人が増えます。もちろんそれも個人の自由ですし、投資は自己責任ですから止めはしませんが、売る前に一度「この売却をすることで、5年後、10年後、20年後、30年後、も勝っていることができるだろうか」と考えてみることをおすすめします。誰か教えて、私にこれを売りつけた金融機関の人教えて、ではなく、自分がどう思うか、です。買った経緯や背景はどうあれ、少なくとも今の自分が持っている大切なお金なんだから、今自分がどう思うかでその自分のお金の行き先を決めることができるんだから、自分の考えるようにするべきです。

GW中は是非売ることよりも買うことを考えていただきたいものです。目先の1つ1つの取引の成否よりも、5年後、10年後、20年後、に勝つためにはどうしたらいいのかを考えてみていただきたいです。先に行けば行くほどわからなくなるようなことをしてませんか?

このブログで繰り返し言ってますが、投資と投機は違います。売買を繰り返して儲けるのと、中長期で投資するのは全く別物です。私は中長期的に運用をしていくには中長期投資が一番だと考えています。利益確定の売りだろうが、損切りだろうが、どんな名前がついてても売却は売却で、売却をしたらそのリターンはその投資資産の持っているリターンではなく、自分の腕次第あるいは運次第・タイミング次第、に変わります。

◆中長期投資とか中長期の運用についての話のリンクをまとめておきますので、よろしければどうぞ。

中国株と長期投資の効果とちょっとベトナムのこと
http://jovivi.seesaa.net/article/83403382.html
新年の挨拶と売り時・買い時の話 株や投信はいつ売ればいいの?
http://jovivi.seesaa.net/article/76115678.html
分散投資の効果、長期投資の効果
http://jovivi.seesaa.net/article/17902378.html
運用・投信でよくある疑問H〜いつ利益確定する?いつ売ればいいの?短期売買と中長期投資のどちら?〜http://jovivi.seesaa.net/article/34026208.html
市場の上げ下げ、中長期投資、あとはインドと中国の話
http://jovivi.seesaa.net/article/54451767.html
運用・投信でよくある疑問B〜投信はダメなのか?<3>〜
http://jovivi.seesaa.net/article/31662362.html
チャールズ・エリスの言葉(2)
http://jovivi.seesaa.net/article/21683836.html
チャールズ・エリスの言葉(3)
http://jovivi.seesaa.net/article/22452954.html




こういう時に、ちなみに私のポートフォリオは現在・・・ってやりたいんですけど、今の私のポートフォリオはとんでもないことになってて、とても皆さんにお見せできるようなものじゃないんで、今回は自粛ということで。ちなみに2ヶ月前はこんなんでした。
http://jovivi.seesaa.net/article/87793826.html
たった2ヶ月なんですが、だいぶ表情が変わり、今の私のポートフォリオは鬼のような形相というか、阿修羅か般若かというような恐ろしい顔つきになってまして、あまりに凶悪で子供が見たらたぶん泣きます。
ヨメに見せたら即「バカじゃないの?!(゚ロ゚メ)」って言われました。(ノ ∀`) アイター
もうちょっとマイルドにしようと思ってるので、もうちょっとマイルドにしてからお見せします。実はちょっとだけ持ってたスパイシーな銘柄があったんですが、それが大きく値上がりしてポートフォリオ全体の中でもそれなりの大きさになって、ホホウ・・・大きくなった小僧・・・うぬが(ry  で、もちろん私がそんなことでリバランスや利益確定なんぞするわけもなく、逆に、火に油を注ぐようにエイヤーと追加投資。そしたら更に上がって、私も変なギヤに入ってしまって、更に油!で、あっという間にポートフォリオが様変わり、以前からあまり穏やかな表情ではなかったポートフォリオは一瞬で鬼の形相に変わっておりましたというわけです。別のものを買いながら調整していこうと思ってます。

さて、そろそろ書き終えようと思いますが、どう終わらせたらいいものか・・・こういう時っていつも悩むんですよね。って悩んでる割にいつも大して気の利いたしめ方になってな(ry
と言いながら今日の話は終わり。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


人気blogランキングbanner_03.gif


FC2 Blog Rankingb_03.gif





posted by ジョン太郎 at 12:09| Comment(5) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョン太郎さん、お久しぶりです。
私もブログ通り、去年購入したファンドは赤ばっかりです。ブラジル株がもう少しでトントンになります。
最近、ずっとダルマさん(資金が無い)なので、傍観するしかないのですが、BRICs長期投資で育てていきたいと思います。これからもよろしくお願い致します。
Posted by マック at 2008年05月03日 14:16
ジョン太郎さん、お久しぶりです。
私の去年購入したファンドはブログに書いてある通り赤ばっかりです。トホホ!
ブラジル株ファンドがもう少しでトントンになります。
この購入の絶好期にダルマさん(資金が無い)なので、指をくわえていますが、BRICs長期投資で育てていきます。
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by マック at 2008年05月03日 14:28
ジョン太郎さん、そして皆様、(私は何様?)ご無沙汰しております。キングでございます。その節は「債権と為替と株」の相関関係をさぱっと教えて頂き有難うございます。そしてこの度「配当&クーポン+利率」ですか・・・加えて海外なら「為替」ですね。深い。またまた勉強させて頂きました。ところでご推奨されてる中長期投資は「世界経済は発展してインフレへ」という絶対的前提を分母として成立している投資行動ですよね。対して「為替」って国々の相関で成り立ちますよね。ここで時間は個人にとっては有限なので投資には「期限」がありますよね。この投資を実行するにあたり、「長期」「為替」「期限」とこれからどう向き合っていくか?をジョン太郎さんのポートフォリオを覗きながらぼーっと考えてました。結論と言いますか、意思は決まりませんが、投資歴が小生は短いのでまずはジョン太郎さんの過去ブログを読み直して勉強します。しかしジョン太郎さんは詳しすぎますね。皆さんそう思いませんか?
Posted by キング at 2008年05月03日 20:50
 はじめましてジョン太郎さん,denizと言います。このGWから投資に関するブログを地味にはじめております。ジョン太郎さんの記事にあるように1年半程前に投資を始めたこともあって今のところ投資損益は▲です(想定のレンジですが)。
 今回コメントさせていただいたのは,「円から投資して円に戻すなら円ベースで為替込みで考えないと意味ないです。」というところに全くその通りっ!!と共感したからです。ここはあまり強調されませんが,円ベースに戻す人が大多数でしょうからもっと強く認識するべきですよね。
 それから「利益確定の売りだろうが、損切りだろうが、どんな名前がついてても売却は売却で、売却をしたらそのリターンはその投資資産の持っているリターンではなく、自分の腕次第あるいは運次第・タイミング次第、に変わります。」というところには本当に考えさせられます。
 今,日本株の個別銘柄で結構▲を持っていましてこれをどう取り扱うか結構悩みの種なんですよね。自分の投資は,最低でも20年後を睨んで実施しているので,その段階で投資目標が実現できていれば今の▲は気にはならないんですけど・・・
 買いを考えていくキモチが強く持てそうで感謝してます。
Posted by deniz at 2008年05月04日 20:28
マックさんへ、
コメントありがとうございます。お久しぶりです。お返事遅くなってしまってすみません。これからもよろしくお願いします。

キングさんへ、
コメントありがとうございました。お返事が遅くなってすみません。
私はそんなにややこしく考えてないですよ。
詳しいのは当たり前です。だってプロですもの。アマチュアじゃないですもの。

denizさんへ
はじめまして。コメントありがとうございました。お返事が遅くなってしまってすみません。
ブログ頑張ってくださいね。ネタ切れの日はつらいと思いますが・・・私は慢性的なネタ切れに悩んでます・・・
これからもよろしくお願いします。
Posted by ジョン太郎 at 2008年05月10日 14:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック