2008年04月25日

しっかし・・・

なんというか、中国A株ってすごいっすね・・・

最近、仕事がめっきり忙しくなって、なかなかブログの更新もできませんが(前から?)、ここんとこ更にひどいです。今帰ってきて、晩御飯食べながらこれ書いてて、ヨメにメシ食い終わってからにすれば?って言われつつ書いてます。まぁブログ書くのは気分転換にもなるしいいかなって。

今日はなんつっても中国株市場でしょう。
仕事中にハーァって伸びした時にモニターが目に入ったら「中国A株指数 前日比+9.1%」みたに表示されてて、

って+9.1%?! (゚ロ゚; =3 ゚ ぁ゚)ノ ハァー

みたいな。目ゴシゴシしちゃいましたよ。なんかあった?って思ってニュース調べたら、昨日の夜、政府財務部が株式の売買にかかる印紙税率を0.3%から0.1%に引き下げるって発表してたんですね。実施日が翌日の今日24日って、このへんも中国らしいよね・・・え!?もう明日の分の印紙貼っちゃったよ!って人もいたんでしょうな・・・ともかくこれが、「政府が軟調な株式市場への対応に乗り出した。株式市場の支援に動いた。」みたいな見方につながり、個人投資家の買いが殺到、群集心理による増幅効果であれよあれよと言う間に・・・というあたりも、外国の機関投資家なんかを排除してる中国A株市場ならでは。一方向に一気に動くエネルギーはすさまじいですね。普通の市場だとなかなかこうはいきません。

中国のA株とH株の違いについてはこちら。
http://jovivi.seesaa.net/article/35184173.html

そして、これこそまさに、私にとってはノイズです。昨日と今日で、証券会社以外の企業の利益は変化してません。需給の問題だけです。「もっとたくさんのお金が流れ込むようになる」ことで、「次々に流入する資金が株価を買い上げていく」ことに期待をしてるわけです。そんなもので上昇した分てのは、そのお金が流出した時に剥がれ落ちるもんですし、ヘタすると津波のように来た時以上のものを持ち去っていくことも考えられます。中長期の投資家にとって気をつけないといけないのは市場のこういう動きにまどわされないことです。この小さな波に合わせて売買しようとするのと、中長期の大きな波、企業の利益が中長期的に成長していって株価がそれについていくことに期待して投資する、ってのは全然まるっきり別物です。

そのへんの話はこれまでに何度もお話してきてますよね。初めての方は是非ここらへんのを読んでみてください。
http://jovivi.seesaa.net/article/90452269.html
http://jovivi.seesaa.net/article/83403382.html

結局、上海A株指数の終値は前日比+9.30%ですか。すごいっすね。H株まで釣られ高で+4.18%と。ヨーロッパとアメリカは下げてますなぁ。あ、ブラジルも下がってる・・・

A株はいつまでこの状態が続くんでしょうね・・・そして興味あるのは、「それで明日はどうするわけ?」「で、明日は?」ってところです。明日も上がるんですかね。何を材料に?リスクマネーの逃避の中で資金が引き上げながら売り下がってしまっていた市場に、大量の資金が流れ込むだろう、そのお金が株価を買い上げてくれるだろう、という期待で?企業の利益は昨日と今日で変わってないのに・・・

今月のお給料が入ったら、暴風雨のような金遣いの荒波が襲い掛かる前に買いたいなと思ってる銘柄があるんですが、もちろんA株ではありません。

あ、書くの忘れてたけど、野村のインサイダー事件。驚きましたね。とんでもないですね。市場の信頼を裏切るようなことを最大手証券がしたらダメです。個人がやったこと、でも会社の信用に傷がつく、というのが企業というものです。企業は人、とはよく言ったもんです。ゴハン冷めちゃった・・・そろそろゴハンを終わらせて寝ないと・・・明日もまだ仕事です。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


マネーブログランキング



カブクンブロ
グマーケットランキング投票





posted by ジョン太郎 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック