2008年02月09日

ヨーロッパで感じる新興国の成長

こんにちは。・・・まぁ詳しいことは本文で(いつも通り


私が最初にヨーロッパに来たのは大学生の時のことです。当時全く英語がしゃべれなかった私は、ヨシ英語しゃべれるようになろう、と決めて、夏休みの間、短気(?)留学することにしました。やっぱ本場のイギリスっしょー、のノリでロンドンの語学学校に通ったんですが、当たり前ですが最初は全く英語が全くわからずマジで苦労しました。聞くほうは分からなくても聞き流せばいいんですが(ォィ)、困るのがしゃべるほうね。どこ行っても自分の伝えたいことが全く通じず、キッツーーーって思いました。苦労と努力の甲斐あって(?)お陰様でサバイバルイングリッシュを身につけることができ、こうして海外出張しても何とかなるようになったわけですが、あ、ちなみに英語話せるようになろうと思ったきっかけは、将来本当にこの国がどうしようもなくなったら他の国に行って仕事をして暮らしていけないとつらいな、って思ったからです。まぁそれはいいとして、その時に私が通った学校は日本人がほとんどいなくって、もちろん1人で行ってるし、ホームステイで家でも英語、なんですが、学校の帰りや土日に街へ出れば溢れるほどの日本人がいました。マジで。ハワイ?みたいなイキオイ。本当にそっこら中に日本人がいて、街中を歩いてても、地下鉄に乗ってもバスに乗っても、こんなところにも!?みたいなところにも日本人まみれ。なんかすげえ驚きました。

と・こ・ろ・が、ですよ。今のロンドンはすごいですよ。ものっすごい数の中国人。すんごいんですよ。マジで。ロンドンには有名なデパートがいっぱいありますが、中でも伝統と格式がウリのハロッズとロンドンで一番でかくてオシャレなものがいっぱい売ってるセルフリッジが有名で、観光客の多くがこのどちらかを訪れるわけですが、中に入るとそこら中で中国語が聞こえます。この建物は占領されたなって感じすらしてきます。韓国人も多いです。日本人ももちろんいるんですが、中国人のほうが圧倒的に多いと思いです。街中にももちろんものすごい数の中国人がいて、ここ最近の中国の成長を肌で感じることができます。それに、なんかテレビのニュースとか見てても、会社や仕事での話題でも、日本の存在感が薄いんですよね・・・ちょっと前はアジアの経済や金融の話=日本の話、みたいな感じでした。ヨーロッパの金融とか経済の話ならイギリス、ドイツ、フランス、スイスあたりいろいろで、アメリカだったらアメリカ、アジアの金融経済の話だったら話題はまぁまず日本の話、みたいな感じだったんじゃないかなと思います。今はまるっきりアジアと言ったら中国、とまではいきませんが、やっぱり中国の存在が大きくて、中国+香港(も中国だけど)、日本、韓国、シンガポール、インド、あたりの話がアジアの話という感じがします。香港が英語圏で金融センターになってるのが中国にとって大きいですよね。なんかアジアの金融の中心地って香港・シンガポール・ムンバイになっちゃったりして・・・3箇所ともなんつっても英語がね。インドは英語がヒンディー語に次ぐ準公用語ですし、金融関連のものは完全に英語です。

話は元に戻って、こっちの最近の物価の高さはやっぱりすごくって、ホテルの宿泊費なんかは聞いた瞬間思わずのけぞります。チェックアウトの時のクレジットカードの枠が足りるか心配になるくらいです。仕事で来ているので自分じゃ絶っっっっっ対にこんなところ泊まらない、ってゆうか無理、なホテルに泊まってますが、そんなに鬼のような豪勢なホテルに泊まってるわけじゃなく、いわゆるちょっといいホテル、程度なわけですが、なんせ価格水準が東京の比じゃないので、東京だったらちょっといいホテルに泊まれる金額だと、とんでもないようなホテルにしか泊まれないんです。そういうちょっといいホテルには日本人はほとんどいません。いてもほぼ100%が仕事で来てる人たちです。泊まってる人は言葉を聞く限り、英米インドに独仏、そして中国、ロシア、韓国、あたりでほとんどを占めてる感じです。なんか・・・新興国の成長を思い切り見せ付けられる感じですよね。外貨の獲得、自国通貨レートの上昇、所得の上昇・・・すごいですよねぇ・・・他にも例えば空港のラウンジに行くと日本語の雑誌がおいてあるところより中国語の雑誌がおいてあることのほうが多い気がします。で、ラウンジ内にある大型液晶テレビはLG製で、出発ゲートを知らせる液晶はサムスン製で、隣の人が使ってる携帯はLGで向かいの人のはサムスンか・・・で、あっちの人はアップルのラップトップ使ってて、みんなブラックベリーもってて、あ、あの携帯ノキアだ・・・ってオイオイ・・・

今日はこんな感じで。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


マネーブログランキング



カブクンブロ
グマーケットランキング投票



posted by ジョン太郎 at 23:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外から見た日本、しみじみ伝わってきました。こちらでは多層性だけが歴然としたG7、相変わらずさえない日本株式を突きつけられています。まもなく楽しみにしている本が配達されるのではないでしようか。お元気で!
Posted by tobe at 2008年02月10日 13:12
経済格差って新興国の問題だと、つい最近まで思い込んでいました
新聞の特集で、日本の貧しさを読み、その中で「今の貧乏は昔の貧乏とは違う」とあり、希望のなさを伝えてました
アジア=日本と言われていた時代があったことすら忘れそうです


Posted by oka at 2008年02月10日 17:09
ジョン太郎さん、こんにちは!
ディズニーランドも凄いですよ〜!中国人の数!観光バスで毎日何台も来ます。それを見てて中国は裕福になったんだな〜と痛感してました。中国の景気の良さを痛感しますね〜!
Posted by マック at 2008年02月10日 18:18
ですよね!
本当に中国の人たちのパワーは…
英国でも、あるいはこないだ出張したイタリアでも、もうとにかく…
しかも中国人ってパワフルだわ。

でも、pushyなやつもいると同時に、英国でのわたしの同僚中国人はすごく慎み深いタイプでオリエンタル〜って言われていました。アングロサクソンに。

ともかくも、あのスゴイ数をみると現実を思い知る気がします。
Posted by kos at 2008年02月10日 22:40
ジョン太郎さま

先日はレスありがとうございました
日本はどんどん内向きになっているのかも知れませんね
ユーロ圏の物価の高さもちょっとビックリな感じだと最近何かで読んだのですが、日本以外は基本的にインフレの国
日本はデフレの国なんでしょうか
物価が安くて住みやすい何て言ってられない気もしますが、日本は自信が無さ過ぎる気もしております
日本の金融資産だって殆どが60歳以上のモノを買わない人達に握られていて、殆ど動いていない感もありで・・・

日本に関しては暗い話ばかりですが、そろそろ見直しのタイミングを図ろうかと考えております
Posted by パチンコファン at 2008年02月10日 22:49
tobeさんへ、
コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

okaさんへ
コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

マックさんへ
コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

kosさんへ
コメントありがとうございます!張り合わなくっても、いいんですよ。彼らのところにお金置いとけばいいんですから。ビニールハウスにこっそり鉢いれとけばいいわけですから。これからもよろしくお願いしますね。

パチンコファンさんへ
コメントありがとうございます!
資本主義ってのは基本が拡大再生産、なわけでその意味で言えば、経済規模は少しずつ大きくなり、成長していく、というのが正常状態のはずで、その過程ではインフレが発生しやすくなる、ということは言えると思います。なので、インフレが起こりやすい状態が普通で、デフレのほうがレア、ってことも言えるんじゃないでしょうか。実際、デフレってあんまり見かけないですしね。そして、デフレは全然良い状態じゃないですよ。インフレもデフレも経済としては病気の状態で、治療が必要です。まぁ、日本のデフレは人災のような気もしますけどね・・・日本には暗い話題が多いですね。っていうか私がここで暗い話ばっかりするせいかもしれないですが・・・でも、日本の国の公務員と政治家はマジでひどすぎですよ。そりゃ暗くもなりますよ。ってまた暗い話を・・・
これからもよろしくお願いします!
Posted by ジョン太郎 at 2008年02月12日 06:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック