2008年01月27日

中東・アラブ・アフリカあたりの投資って

マックさんに、中東・アラブ・アフリカあたりに投資するファンドについてコメントしてほしいとのご意見を頂戴しましたので今日はその辺の話を。

マックさんにいただいたコメントはこちら。
http://jovivi.seesaa.net/article/80751973.html#comment

えっと、私が中東・アフリカ株ファンドについてどう思うか、を一言で言いますと、「お好きならどうぞ。」です。

前から申し上げているとおり、私にとってはBRICsの次、なんてのはもう全く興味がないんですよ。あと30年くらいしたら、考えてもいいですけど、この30年はもう結構ですという感じ。BRICs全部を買っちゃうか、BRICsの中から好きな国を選んで買うか、あるいはもうエマージング市場全体の中から運用会社にいい会社を選んでもらうようなエマージング全体ファンドを買って国を見ることすらやめちゃうか、あたりでいいんじゃないかなと思います。

マジでこういう話はもうおなかいっぱいです。BRICsはもう古いとか、次はVISTAだネクスト・イレブンだ、いや、カザフスタンだ、パキスタンだ、中東だオイルマネーだアフリカだって・・・最後に南極・北極バランスファンドが出るまで続くんですかね・・・もういいよ・・・次はどこなんだろう。

もう地球上に未知の大陸があるわけないじゃないすか。産油国ってだけで油の上にあぐらをかいてる人たちの国の企業収益なり株価なりGDPなりが中国を上回るわけがないじゃないすか。そういえばこないだのハンドボールもなぁ・・・気分悪かったなぁ・・・

って中国も今しんどいか・・・今、中国は結構大事なポイントに来てますね。そろそろ物価の上昇傾向に歯止めがかからんとちょっとマズイと思います。企業収益のほうにも影響が出る可能性もありますし。まぁいつもごとく中長期的に見れば別にという感じなんですが、短期的には今ちょっとなと。

話を戻して、別にゴールドマンからお金をもらってるわけでもなんでもないですが、他にあれに匹敵するものもないのでいつもの通りのアレですけど、ゴールドマン・サックスはBRICsを選ぶ時に、中東・アフリカも含めて選んでますよ。あのレポートの前のリサーチで実は中東アフリカが含まれてなくって・・・なんてことはないです。中東アフリカのほうが良ければそういうレポートになってるはずです。そうじゃないからBRICsレポートになってるんだから。

本当になんで中東アフリカなんてのが急に出てきちゃうのかさっぱりわかんないんですよね。なんなんでしょうね。中東・アフリカ系のファンドが去年から立て続けに出たのも確かですし、それを「プロである運用会社が最近注目して相次いで中東・アフリカファンドを投入」みたいに喧伝する一流ジャーナリストの人たちがいるのでしょうがないんですけど、一部の運用会社が相次いでそっち系のファンドを投入してるのは、最初に突然そっち系のファンドを出した1社のファンドが売れたもんで、じゃあうちも、のノリだったり、こともあろうにメガバンクの1つが中東ものをやるなんてことになったもんで、「おおっ!こりゃあいけるんじゃないか!?」と考えたりしたからであって、何も本当に魅力的で、その魅力が急に高まったなんてことはないはずです。

だって最近何も変わってないし。どっちかって言うと治安の悪化とか、テロとか悪いニュースしかないですよね。じゃあもともと魅力があった?もともと魅力があったのに気付かなかったなんてことはまさかないでしょうけど。流動性や市場システムが改善?いやー全然変わってないですよね。じゃあ何がきっかけって1本目のファンドがきっかけ?1本目のファンドは何がきっかけ?やっぱり「次」を求める人たち「次」を喧伝したがる人たち、が産んだんじゃないですかね。物凄く不健全な気がします。

「次」を探すより先にやることがあるんじゃないでしょうか。マジで。日本の投資家は「次」だの「必勝法」だのを探す前に身につけるべきことがあるはずです。一番大事な基本的なこともそっちのけで、祭りに騒いで酔って、おばけが出たとか奇跡が起きたとか言ってみたり、噂話や儲け話に一喜一憂してみたり、穴馬しか残ってないような状態で「次」を探してみたり、そこにワッと人が押し寄せたりするなんておかしいです。

「次」を探すのは自由ですし、中東・アフリカファンドを買う人を止めるつもりも全くありません。どうぞご自由にされたらよろしいかと思います。制止したり否定する気力もないほど私には興味がないんです。

今の私が強く思うのは、「投資とか運用ってそういうもんじゃないでしょう。」です。


中東やアフリカの国について調べてみたいという方は、この記事で出したデータに中東・エジプト諸国のも一部入ってますので、よろしければどうぞ。
http://jovivi.seesaa.net/article/56606679.html

あとは、次の注目国はどこだとか、それを当てるとかってのはもういいじゃないすかって話はこの辺の記事をご覧ください。
2007年12月31日
2007年を振り返って(後半) あと来年以降の展望と
http://jovivi.seesaa.net/article/75744813.html

2007年02月04日
運用・投信でよくある疑問E〜基準価額が高い投信を買うのはもう遅い?BRICsはもう上がりすぎ?次はベトナム株ファンド?<1>
http://jovivi.seesaa.net/article/32807342.html

2007年02月11日
運用・投信でよくある疑問G〜基準価額が高い投信を買うのはもう遅い?BRICsはもう上がりすぎ?次はベトナム株ファンド?<3>
http://jovivi.seesaa.net/article/33406734.html


ヨーロッパは今、夜11:30です。なんかほんとに1日中ホテルで仕事してたな・・・なんなんだろう・・・

疲れたので今日はそろそろ寝ます。おやすみなさい。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。

にほんブログ村株ブログ 投資信託へランキング参加中!


マネーブログランキング



カブクンブロ
グマーケットランキング投票




posted by ジョン太郎 at 07:31| Comment(5) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨーロッパで、今何時なんだろう?
なんて、フッと思いながらコメント書いてます^^
アラブ株、迷っていた所でした
ドバイの人口島に目が眩んで・・・(笑)
新しいファンドって流行ものでしかないものもあるんですね
投機ではなく投資とは?ともう一度、考えてみたら気づけたことでした

このような時だからこそ、地味〜な基本についても考えてみます

もしロンドンなら、今は27日4時12分ですね
おはようございます(^^♪
Posted by oka at 2008年01月27日 13:14
ジョン太郎さんの迎えた朝は私の好きな国からでしょうか?観光シーズンを避けて何気なく過ごした小駅のひだまりが好きになった理由。違っていたら笑いものですね。でも、気になり始めたら何もかも知りたくなる。違っていたら修正すればいい。選んだ投信のように。お手伝いできないのでせめてポチッだけでも・・・。お元気で。
Posted by tobe at 2008年01月27日 15:10
おつかれさまです。先日のヨーロッパからの第一報も興味深く拝読しました。
本当に日本は素人の集まりなんでしょうね。だから欧米のようなプロのフィナンシャルアドバイザー(?)に預けたくても日本では信用できなくて素人ががんばって、ジョンさんのようなかたの忠告やアドバイスを頼りに個人で投資をするしかないのです。
これからもよろしくお願いします!

Posted by とん at 2008年01月27日 16:51
ジョン太郎さん、海外でご多忙の折ながらブログの更新ありがとうございます。今回又自分の投資に自身が持てました。カニ簿記はマジで3冊購入させていただきます。昨年、今年と私のたたき上げの友人が2人会社を立ち上げたのでその友達に贈呈するつもりだったんです、くどくてすいません。このブログを見つけていなかったら私の投資は未だ確立出来てないように思いますので、せめて僅かですがご協力したく思いましたものですから…2月中に投信追加購入します。
Posted by はじめ at 2008年01月27日 21:30
ジョン太郎さん、こんばんは!
早速のご返事ありがとう御座います。
おかしゃん同様、ドバイの人口島に目が眩んで・・・(笑
BRICsを筆頭に投資資産を選ぶことを心がけて行きます。
ありがとう御座いました。
次の国からのコメント楽しみにしてます。
Posted by マック at 2008年01月27日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック