2008年01月03日

新年の挨拶と売り時・買い時の話 – 株や投信はいつ売ればいいの?【オススメ】

みなさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さっき千葉の実家から帰って来ました。4日から仕事ですし(T-T)
なんか大晦日の流れのまま更に円高すすんでますね・・・既に110円割り込んでます・・・原油も99ドル近くまで行ってますね。
年末に前半・後半に分けて書いた2007年を振り返っての話とこれから先の話、挫折せずにお読みいただけましたでしょうか・・・長いですよね・・・自分でも読み返してみようと思って、長えなコレ・・・と。みなさんいつも長文にお付き合いくださってありがとうございます。でも、本当に今言いたいなと思うことや今考えてることを全部書けた感じです。
さて、okaさんから頂いた質問にお答えしたことの補足で、株や投信はいつ売ればいいの?いつが売り時?って話をもう少し。



okaさんから頂いた質問はこちら。
http://jovivi.seesaa.net/article/75744813.html

で、私はコメントにも書かせていただいた通り、「売りのタイミングなんて、買いのタイミングと同じく、私は来ないと思ってますし、来てもわからないものだと思ってますから。売買のタイミングを探ること自体諦めたほうが投資はうまくいくと思います。買い時、売り時なんてものを探ること自体が私はあんまり賛成じゃないです。」という考えの持ち主なんですね。で、その話の補足を少々。

これまでにも何度か、投資信託や株の売り時、買い時、いつ売るべきか、いつ買うべきか、という問題についてはお話ししてきましたので、この辺の記事も是非ご覧ください。
http://jovivi.seesaa.net/article/34026208.html
http://jovivi.seesaa.net/article/60042309.html

で、ちょっと考えてみていただきたいんですが、皆さんのイメージしている、「買い時」や「売り時」って、時間軸で見るとこんな感じの場所にあると考えられているんじゃないでしょうか?

@【平穏無事な状態あるいは狙っている方向と逆への相場の進行】→A【なんかイベントとか潮目や波の変化とか反転のきっかけとか相場変動の誘因の発生】→B【それを示すような兆候の出現】→C【買い時、売り時の出現、相場の反転】

で、BとCの間に【それを誰かが見つける】→【それを何とかして知りたい!あるいは自分でも見つけたい!】を挿入すると。あるいは@やAの時点でCを察知できないもんだろうかと。

こんな感じのイメージなんじゃないでしょうか。

でも、私の考えは違います。買い時と売り時は、私の考え方ではこうです。

@【買い時】→A【相場が上がる】
@【売り時】→A【相場が下がる】

以上。

つまり、買い時とか売り時ってその前は関係ないんじゃないでしょうかってことです。買い時、売り時ってその後のことが決めるんじゃないんでしょうか。買い時のあと相場が下がれば、それは買い時じゃなかったってことでしょう?もうちょっと待つべきだったって話でしょう?売り時の後相場が上がれば、それは売り時じゃなかったってことで、もうちょっと待つべき、もっと後に売り時があったってことなんじゃないでしょうか。

それ以前がどうであろうが、その後上がれば、その時は買い時だったってことで、
それ以前がどうであろうが、その後下がれば、その時は売り時だったってことになるんじゃないすか。

だからドーシタって言われそうですね・・・
すっごい突き詰めて考えてみてみると、すっごいいろんなケースを想定してみると、結局のところ売り時・買い時ってのはその後の相場がどうなったか、で決まる・・・となると、これから先の将来の相場が分かる人は未来から来た人以外はいないという私の考え方に基づくと、買い時・売り時が分かる人はいない、ってことになるんです。

ハァ?(゚ロ゚メ) 意味ワカンネー とか言われそう・・・

いや、マジで。どんな状況が買い時でも、どんな兆候がでると買い時なのかでも、今誰とかさんがナントカって言ってるから買い時なんだってのでも、●●の時のよく似たグラフだから買い時だってのでも、ヘッジファンドだのオイルマネーがドーシタってのでも、なんでもいいんですが、その後相場が下がったらそれは買い時じゃないんでしょう。そういったものがなーーーーーんにもなくっても、ある日を境に相場が上がったんならその日が買い時、ある日を境に下がったんなら売り時。それを探るには、「ある日」以降の相場が事前に分かってないといけないんですよ。そんなん分かる人いるんですか?

というわけで、私は売り時や買い時がわかりません。だって未来の相場知らんもの。これから先のことわかんないもの。未来から来た人じゃないもの。だから私は買い時や売り時を探ることもしません。だって、未来のことが分かる人がいると思ってないから。私は絶対に買い時が分かるって人がいたら、その人には是非その人名義でその人の信用枠の目いっぱいまで借金をしてオレに全額そのお金を貸してほしいです。そしたらそのお金を全額その人の言う買い時に突っ込みますから。で、売り時って時に売ります。儲かったらちゃんと借りたお金を返しますから、損したら減ったお金を全部返すからそれで借金をチャラにしてください。

しつこいんですけど、マジで買い時とか売り時が分かる人っているんですか?私が信じるかどうかは別にして、そういう人がいるのかどうかは興味あります。でもいるんだろうなぁ・・・死後の世界を見てきたとかUFOに連れ去られたことがあると言う人とかもいるわけだし。

じゃあジョン太郎はいつ買うんだよ、って聞かれるかもしれませんが、私はお金があるときに適当に買います。だって買い時なんてオレにはわかんないと思ってるもの。ジョン太郎のサイフにお金が入ってきて暴風雨のような荒い金遣いの波をくぐり抜けて生き残ったお金がいくばくかでもあって、投信を買えるくらいの金額が奇跡的に残ってれば、その時の自分の資産配分と自分の考えを照らし合わせて何か買います。その時に、自分がこれから伸びるなって思ってる国の株がPER10倍で放置されてたらその国の株を買うでしょうね。で、ジョン太郎が購入した後、なんと株価が半分になってPER5倍になったら、あーあの時はまだ買い時じゃなかったんだなーとは思わないですね。まぁいっかって。むしろ買い足そうかなって思うんじゃないですかね。逆に、購入直後に株価が一気に4倍になってPER40倍まで行ったら、あーあの時買っておいてよかったなーと思うだけですね。利益確定とかはしないです。売り時を探ったりしないです。ほっとくでしょうね。中長期投資ってそういうもんだと思いますよ。

と以上つらつらと書いてまいりましたが、これはあくまで私の考え方であり、正解ではありません。私は正解を知りませんし、私が正しくて他の考え方が正しくないなんて言うつもりは全くありません。この記事を含め、このブログの話は絶対的なものや正解などではなく、あくまで私の個人的な考え方だということをご了承ください。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


人気blogランキングbanner_03.gif


FC2 Blog Rankingb_03.gif




posted by ジョン太郎 at 01:54| Comment(8) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
投信という商品と付き合う上で「売り」だ「買い」だと喧伝する風潮に苦々しさを感じる者として、ご意見大賛成です。もっともポチッひとつで気軽に売買できることやノーロードの制度が投資信託の特性を崩していく傾向もあるのかなぁと素人ながら想像しています。投信の作り手、売り手、そして買い手特に素人である我々ひとりひとりが賢くなっていくといいですね〜


Posted by tobe at 2008年01月03日 12:14
ごぶさたですー。
昨年UKから帰って以来、異常な忙しさ…働き過ぎですね日本人は…。
ところで今回のエントリもなかなか、わたしの考えにドンぴしゃです。
ただし、私は「こりゃあいくらなんでも売られすぎだろ」という暴落時は「買い時だな〜」と思って買うようにはしています。あとはジョン太郎さんと同じ「金があるときに(暴風雨をくぐり抜けた金が…)買う」です。
Posted by kos at 2008年01月03日 19:56
tobeさんへ
コメントありがとうございます。おっしゃる通りですね。いろんなこと言う人いると思いますし、わけのわからん風潮や流行もあるでしょうが、どうぞマイペースでご自分のお考えを信じて貫いてください。最後に悔やまない投資にするためにも大切なことだと思います。

kosさんへ
ご無沙汰してます。コメントありがとうございます。お忙しいみたいですね。私も最近忙しいとです・・・
やっぱりなんつっても投資の一番のハードルは、暴風雨をくぐり抜けさせることですよね(笑)
これからもよろしくお願いしますね^^
Posted by ジョン太郎 at 2008年01月03日 23:20
ジョン太郎さん、アホみたいな質問に丁寧にお答え頂いてありがとうございましたm(__)m
全くもって、そのとおりですね^^
誰も未来はわからないですもん、売り時なんて決めるのは後からの結果だけですよね〜(^・^)

昨年、ジョン太郎さんのブログと出会って、長期保有の姿勢を教えて頂いたのですが、買いたいファンドがあって迷っていました^^
また、いろんな情報から、今買わないとダメみたいな錯覚に陥っていたのも事実です

私も私のうまくない投資の中で、なんとか残っている資金を利用して買いたいと思います(#^.^#)

雲行きの怪しい新年の最初に、モヤモヤしていたものスッキリ晴れて、本当に感謝です(^^♪



Posted by oka at 2008年01月04日 15:32
ジョン太郎さん始めまして はじめ と申します。昨年10月にジョン太郎さんのブログを見つけまして初回から今日までのブログを全部拝見しました。実に素晴しい内容で何度も感心しましたし、何度も読み返した分もありました。私は現在46歳で専門職の自由業を19年営む者です。投資暦6年のまだまだ初心者ですがジョン太郎さんの中長期投資のスタンスを見習い、実践しようといろいろと資産配分をリバランスしている最中です。これからも時々書き込みしますので又宜しくお願い申し上げます。
Posted by はじめ at 2008年01月06日 16:08
okaさんへ、
とんでもないです。どういたしまして。
頑張ってください。
これからもよろしくお願いします。

はじめさんへ、
はじめまして。コメントありがとうございます。こんな乱文長文が続くブログを最初から2年分・・・さぞかしお疲れになったことでしょう。お疲れ様です。ありがとうございます。はじめさんのご参考になれば幸甚です。
これからもどうぞよろしくお願いします。コメントもお待ちしてます!
Posted by ジョン太郎 at 2008年01月06日 18:17
ジョン太郎さん本格的に新年明けてお仕事お忙しいのでしょうね?ブログの更新が待ち遠しいです。プレッシャーかけてゴメンナサイ。私の地方では、っていうか大阪なんですが、大阪生まれの大阪育ちバリバリの関西人、トラキチです。こちらの方では商売人はえべっさん(今日10日が本宮です。)にいって商売初め本格的に仕事開始みたいな空気が未だ残ってるところがあります、まあ連休明けから戦闘モード突入ですね。ところで前回のコメントで私をイメージして頂き安くと考え年齢等を書き込みましたがジョン太郎さんの前回のブログで過去に選挙に行ってなかった人たちの事を記されていましたが、私は全く自慢でもなんでもなく当たり前の事ですが成人してから選挙には毎回投票に行ってます。当時は今ほどの見識は無かったですが、与党自民党が多数を占めるのは良くない事だと思い、毎回野党や無所属の人に投票してきました。別に投票に行かなかった友人等を擁護する訳ではありませんが私や友達は教師や周りの大人から三無主義だと言われてましたし投票に行かない事がかっこいいぐらいに勘違いしていたかも知れません。思い返せば20歳頃、当時は景気も良かったですし日本全体が今よりも数倍活気があり国に対する信用や将来を不安に思う事は考えた事も無かったです、自分が若かったからかもしれませんが… くだらないコメントで申し訳ありません。
Posted by はじめ at 2008年01月10日 16:42
はじめさん、
コメントありがとうございました。プレッシャーに負けて(嘘 ブログ更新させていただきました。
これからもよろしくお願いしますね!
Posted by ジョン太郎 at 2008年01月13日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック