2007年10月31日

原油価格の推移とか分散投資の話とか

原油価格、上がってきてますよね。大変ですね。今日はそのへんの話とか分散投資の話を。



原油価格はついに先日、90ドルを越えてしまいましたね。今はちょっと反落して90ドルを割り込んでますが。ガソリン代が上がってしまうのはもちろんですが、原油はいろんなものの原料になってますし、エネルギーとして使われることを考えると、実に様々なものの価格に影響を与えることになります。

私が最初に働いていた銀行に入ったころ、原油価格は10ドル台でした。ところがちょうど銀行に入った頃というのが原油の安値のあたりで、その後原油価格は右肩上がりに上昇し続け、その後2年くらいの間に40ドル近くまでいってしまい、クレイジーだと言われてました。この20年間の原油価格の推移はこんな感じになってます。

OIL.bmp

1990年に40ドルに達してますが、これは湾岸戦争の時です。その後はずっと落ち着いてたのが、1999年から上昇し始めてます。50ドルに乗せた時はかなり驚きましたが、50ドルを超えた原油価格はどんどんと上値を更新し、ついには90ドルまで来てしまいました。どこまでいっちゃうんでしょうね・・・まぁ、オイルショック再来だとか、石油価格高騰だとか、そういうことを言うつもりもないですし、そういう風に煽るつもりも、恐怖心を煽るつもりも、ないです。なので、皆さんも落ち着いて冷静に受け止めてくださいね。この手の話が好きな人は多いですが私はあんまり好きなほうではないですし。この後も上がって行くのかどうかなんて誰も知らないですし、私も知らないです。代替エネルギーの開発も進んでますし、石油産出国が「エタノール車などの代替エネルギーの活用や開発をこれ以上続けるなら石油価格を引き上げる」とか無茶なことを言ったりするのも、それだけ世界中が石油価格の高騰や環境問題に意識をもってるってことなんでしょうし。まぁ、焦ってどうなるもんでもないですし、日々原油価格を注視して見守ってみてもそれで原油価格が下がるわけでもないですし、右から左に受け流しておきましょう。

ところで、日本株って原油価格が上がるとどうなるんでしょう?原油輸入国だから株価は下がる?皆さん、相関係数ってご存知ですか?相関係数についてはこの記事に詳しく書いてあるのでまだご覧になってない方は是非ご覧ください。

2006年07月15日
分散投資と相関係数
http://jovivi.seesaa.net/article/20816471.html

で、いろんな投資資産の値動きと原油価格の相関係数をとってみました。遡ることができた年代はものによってまちまちですが、遡れるところまで遡ってます。最長で、原油価格のデータが入手できた1987年1月1日まで遡ってます。こちらの表をご覧ください。

Corr10.bmp

縦と横の各資産の名前の交わったところの数字が、その2資産の相関係数です。原油価格のところを見ていきますと、原油価格と各資産の相関が分かります。まずは日本株、マイナスになってますね。逆相関、つまり、一方の価格が上がるともう片方の価格が下がる関係にあるということです。日本株は過去、原油価格が上がると価格を下げる傾向にあったようです。エマージング株の相関係数が高いですね。0.76とかなり高い相関を示してます。ロシア株の0.90もうなずけます。インド株の0.87は意外ですねぇ・・・なんでなのかサッパリわかりませんけど。

何が言いたいかって言うと、原油価格の高騰に備えたいって方は(備えろってことじゃないですよ、備えたいって方は、です)、意外といろんなもので代用がきくんですよってことです。もちろん、過去のデータは将来を表したり約束したりはしません。過去のデータはあくまで過去のものです。また、過去の相関係数の0.9と0.8の違いなんて、そんなに気にする必要は無いです。すっごい厳密に分析したところで、どうせ未来がその通りになる保証なんてないんですから。

ただ、そんなに無理して原油とか商品っぽいものを買ったり、そういうものへの投資方法を血眼になって探さなくても、割といろんな方法で備えをすることはできるんじゃないですかね、ってことを言いたかっただけです。ハイ。

いつものことですが、投資は近視眼的にならなずに、大きく広く見て、ゆったり構えて、木を見て森を見ず、みたいにならないようにすることが大事ですよ。

あ、あと、この表は意外と便利で、日本株とアメリカ株の相関係数やインド株と中国株の相関係数なんかも調べることができます。日本株と日本国債のリターンの相関係数は-0.73、日本株と日本のREITの相関係数は0.94、みたいにね。日本株とアメリカの株は同じ動きをしてるようなイメージですが、なんか逆相関してます。意外ですね。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。

マネーブログランキング


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!



カブクンブロ
グマーケットランキング投票

posted by ジョン太郎 at 23:45| Comment(5) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョン太郎さん、こんにちは!
原油価格上がってますね。レギュラーガソリンが150円以上とはビックリです。でもこういうインフレに勝つために何をしたら良いかをこちらのブログで学んでいるので、まあこういう局面もあるでしょう。くらいに考えてます。
投資は近視眼的にならなずに、大きく広く見て、ゆったり構えて、木を見て森を見ず、ですね。
Posted by マック at 2007年11月02日 09:27
こんにちは。素晴らしい資料いつも有難うございます。ところで表中の為替米ドル=為替対ドル円ということですね?それと例えばアジア株が高くなったときにはおおむね為替は円安になっていたということですね?
Posted by sniper at 2007年11月04日 12:24
sniperさん、
はじめまして!コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、表中の為替米ドルというのは米ドル−円のレート、為替ユーロというのはユーロ−円のレート、です。アジア株については、sniperさんがおっしゃるような傾向が見られますね。ほぼ逆相関してますから。ただ、これはあくまで過去のことなので、この先もこうなるとは限りません。また、低金利の円を調達→円を売ってアジア通貨に換えてアジア株投資、という資金の流れが円安&アジア株高という流れを作ってきたことが現れているのだと思いますが、この流れが今後も続くかどうかは分かりません。なので、ヘー、程度で流してしまっていいと思います。投資というのは過去にするものではなくて、将来に向かってするものですから。
Posted by ジョン太郎 at 2007年11月04日 14:13
はじめまして、大変貴重な資料有難うございます。この相関の資料は何年分のデータでしょうか?今年、一年分でしょうか?
Posted by ヨッシー at 2007年11月09日 11:58
ヨッシーさん、コメントありがとうございます。
データ期間書いておけばよかったですね。
それぞれのデータ期間は下記の各スタート日から現在までのデータで計算しました。
【各項目のデータスタート年月】
原油価格 :87年1月
商品価格 :87年1月
日本株 :87年1月
日本小型株:91年10月
世界株 :87年1月
エマージング株:87年12月
アジア株 :87年12月
米国株 :87年1月
ブラジル株:89年12月
メキシコ株:87年1月
台湾株 :87年1月
韓国株 :87年1月
香港株 :87年1月
中国H株 :93年7月
シンガポール株:87年1月
インド株 :87年1月
インドネシア株:87年1月
フィリピン株 :87年1月
マレーシア株 :87年1月
タイ株 :87年1月
米国株 :87年1月
英国株 :87年1月
仏国株 :87年1月
独国株 :87年1月
ロシア株 :95年9月
南アフリカ株 :95年6月
為替米ドル:87年1月
為替ユーロ:98年12月
為替対ドル円:87年1月
為替対ドルユーロ:98年12月
日本債券 :87年1月
米国債券 :87年1月
日本REIT :00年8月
米国REIT :93年12月
世界REIT :03年3月
Posted by ジョン太郎 at 2007年11月10日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック