2007年10月20日

世界で一番大きい会社は?時価総額って何?

みなさん、日本で一番大きい会社ってどの会社だと思いますか?世界で一番大きい会社はわかりますか?





■□■この記事には更新記事があります。更新記事はhttp://jovivi.seesaa.net/article/181932424.html?1295673424をご覧ください。■□■





NTT?トヨタ?JAL?三菱商事?松下?日本生命?東京海上?野村證券?三菱東京UFJ?JR?セブン&アイ?ゆうちょ銀行?ところで、会社が「大きい」って何で比べたらいいんでしょうね。

会社がもってる資産の大きさでしょうか。貸借対照表の資産の大きさを比べる?

(貸借対照表とか簿記とか決算書の読み方とかわからなければカニ簿記シリーズを読んでいただければすぐわかりますんで是非。)
カニでもわかる簿記と決算書の読み方@〜C
http://jovivi.seesaa.net/article/18412361.html
http://jovivi.seesaa.net/article/18426637.html
http://jovivi.seesaa.net/article/18484924.html
http://jovivi.seesaa.net/article/18526897.html

資産で比べるのは悪くないんですが、借金をしちゃえばいくらでも資産規模は大きくできますからねぇ・・・ちょっと比べる指標としてはイマイチですよね。従業員数で比べる?たしかに社員5万人の会社とか言われたら大きい気がします。でも赤字覚悟で10万人とか雇うことも可能ですしねぇ・・・あ!じゃあ売上高で比べる?これは確かにいいアプローチです。ただ10兆円で仕入れたものを5兆円で売れば誰でも買ってくれるでしょうから、赤字覚悟で売上高10兆円ってのは可能ですよね。じゃあ利益か!?キリないな・・・

割と簡単に手っ取り早く会社の大きさを表示したり比べたりすることができる便利な数字があります。「時価総額(じかそうがく)」って言います。時価総額は発行されてる株の合計金額を時価で表示したものです。株数×株価。今の株価でその会社の株全部を合計するといくらになるか、っていう数字です。もちろんこの数字にも欠点があって、すんごい高いPERで買われてたり、逆だったり、過大評価されてたり過小評価されてたり、なんてこともあるのでこの数字で比べるのにも問題はあるんですが、なんつってもデータが取り易いことと、株価にはある程度会社の利益や売上や、赤字覚悟で売上や従業員を無理矢理多くしてたり借金でひたすら資産規模を大きく見せようとしてたりなんてことも反映してくれる、みんなの期待や今後への見通しまで反映している(それが正しいかどうかは別として)、という特長があります。そういうわけで会社の大きさを表す時には時価総額で比べることが結構あります。あとは、株式市場や株価指数の大きさを比べたり規模を見るときにも使います。そこの市場で取引されているあるいは指数に含まれている会社の時価総額の合計で市場の規模を見ることができます(この記事http://jovivi.seesaa.net/article/56606679.html
のこの図https://jovivi.up.seesaa.net/image/TheWorld3.jpgのオレンジのとこで比較したやつです。)。

ちなみに会社の大きさランキングではForbes社が毎年やってるForbes2000というランキングが有名で、注目されてます。Forbes2000では会社の大きさを、資産規模、売上、利益、時価総額、の4つを総合的に勘案してランキングしてます。

もちろん私にはそんな総合ランキングをすることはとても無理ですし、データを集めるだけでも大変なので、今回は時価総額ランキング!です。まず、日本の会社のランキングがこちら。

MC1.jpg

みなさんのイメージと合ってましたか?
1位はやっぱりトヨタですね。1950億ドルですから、20兆円以上ですね。すごいですね。3位には任天堂が入ってます。今週、何曜日かは忘れましたが日経の朝刊に、任天堂の時価総額が初めて10兆円を超えたって記事が出てました。まぁ、その記事を見て今日のこれを書くことを思いついたわけですが・・・すごいですよね、任天堂。NTTやみずほや武田薬品やソニーや三菱商事より大きいんですよ!この1年で株価は3倍近くに上がり、PERも50倍になっちゃってますが、それだけ期待されてるってことなんでしょう。

で、次に世界の国々の代表選手たちを!各国の時価総額上位5社を並べてみます。このくらい大きい会社だとみなさんもよく知ってる会社が多いんじゃないでしょうか。

MC2.bmp

MC3.bmp

で、これを世界の時価総額ランキングで比べてみますと、こうなります。ジャーン。

MC4.bmp

世界で一番時価総額の大きい会社はアメリカのエクソンモービルです。そして2位はペトロチャイナ。原油と天然ガス生産の会社です。3位はGE。4位がチャイナモバイルで、5位が中国工商銀行。世界の金融機関の時価総額ランキングは新聞にもよく載ってますが、1位から3位まではずっとバンク・オブ・アメリカとシティグループとHSBCでした。今年始めのころもその順位だったと思います。ところがいまや世界一は中国工商銀行です。見てみると上位には中国の会社の名前が非常に目立ちます。上位50社の中で一番多いのがアメリカの18社、次は中国の10社です。あ、香港も中国に入れてあります。その次はスイスの5社で日本の会社でランクインしているのはトヨタ、三菱UFJ、任天堂、の3社だけです。

そのままもうちょっとランキングを見て行きますと、6位にはロシア最大の企業ガスプロムが入ってます。天然ガス供給の世界最大手です。7位は中国のサイノペックはペトロチャイナと並ぶ中国最大規模の石油精製会社です。8位はアメリカのAT&T、通信の会社ですね。9位が中国の中国人寿保険、世界の最大の時価総額の保険会社はずっとAIGグループだったんですが、AIGはこのランクだと25位です。10位がイギリスのHSBCと。で、シティ、バンカメ、中国建設銀行と銀行が続いて、14位にアメリカのP&Gです。消費財関連では世界最大ですね。で、また中国の資源エネルギー関連企業と中国銀行がきて、17位が石油メジャーの1つ、シェブロンです。アメリカの石油業界でエクソンモービルに次ぐ2位の会社です。で、18位に日本のトヨタ!で、19位がJ&Jで20位に世界最大の小売業のウォルマートと。

21位にはオーストラリアのBHPビリトンがランクイン、オーストラリア鉱業最大手です。オーストラリアだけでなく南アフリカや様々な国で鉄やダイヤモンドなどいろんな鉱物資源を掘ってます。鉱業では他にリオ・ティントとアングロ・アメリカンが大手です。リオ・ティントはオーストラリアのCRAとイギリスのRTZが合併してできた会社で、時価総額は570億ドルなので、このランクでは50位が820億ドルのクレディ・スイスですからちょっと届かないですね。アングロ・アメリカンは南アフリカの会社です。時価総額は210億ドル。22位がブラジル石油公社のペトロブラス。ブラジル最大の石油企業で昨年達成したブラジルの石油自給率100%到達(10年前の97年の自給率は52%)の立役者です。23位が食品最大手のスイスのネスレ、24位が製薬最大手のアメリカのファイザー、25位が先ほどのAIGです。26位がブラジルの鉄鉱石最大手リオドセ、27位がスイスの製薬最大手のロシュ、日本の中外製薬もロシュグループです。28位がアメリカの金融機関のJPモルガン・チェース、29位がアメリカのアルトリア。アルトリアはアメリカの食品・タバコ最大手で、フィリップ・モリスなどを傘下に持ちます。30位がスイスの製薬会社、ノバルティス。

こうして見ると目立つ業種はやっぱり金融機関と資源・エネルギー関連ですね。そして国別では中国の会社です。中国の会社のこの1年間の株の上昇率は上位にランクインしてる会社は軒並み100%以上です。PERも高いですね。金融機関で最大の中国工商銀行のPERとこれまでのTOP3のバンク・オブ・アメリカ、シティ、HSBCのPERを比べて見ると違いがよく分かります。PERとリターンのところにA、Hと書いてあるのは、一応A株とH株の両方のデータを載せてあるやつです。7位のサイノペックなんかはH株だとPER15倍で、A株だと33倍ですからね。

お楽しみいただけましたか?今回は自分で書いてても面白かったです。

【追記】
上記のランキングは、NASDAQの会社がすっかり抜けてしまってます。すみません。訂正記事はこちらです。
http://jovivi.seesaa.net/article/62721814.html



↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!




ど素人がはじめる投資信託の本

ど素人が読める決算書の本

posted by ジョン太郎 at 11:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョン太郎さん、こんばんわ。
昨日のチャットで出てきた会社がいっぱい!!
昨日の時価総額を調べてみると面白いってこのことだったんですね♪
すごく、面白かったです。
今日やっと、海外債券買いました!!
Posted by ちず at 2007年10月23日 21:52
こんにちは、ジョン太郎さん
凄いですね・・・・・・
私の年代だとつい高度成長時代のイメージが強くてホー、日本の企業は今そうなんだ、世界は広い
変化も早いのね、なんて思いました

チャットも楽しく拝見いたしております
会話の中にとても参考になる事が多くて、テレビドラマ大好きなんですが、録画してついつい覗いてしまってます

チャットではとても出来ないので
以前に相談させて下さいとお話したポートフォリオ、お願い致します

まず、投資に運用しているものは家計とは別のものです。10年まったく必要の無いものです
その後は、日本の今後の変化で若干必要になるかもしれませんが今の時点では必要無いものと思ってます

そこで、
日本個人国債10年 12%、個人年金保険 12.5%
投資信託 75.5% (21投信)

投資信託国別内訳
日本13.3%、アメリカ13%、アジア19%、欧州
13%、インド7.6%、オーストリア2.8%、ロシア
1.17%、ブラジル1.4%、アフリカ0.7%、その他
10.73%(ミックスファンドの中に色々)

世界リート3%、債券ファンド9.3%、インデックス(株、債券各50%)

アジアの内訳
香港39.5%、中国21.6%、韓国7.7%、台湾16.6%、その他14.6%
欧州の内訳
イギリス48%、フランス15.8%、ドイツ11.4%
イタリア8%、スペイン7%、その他10.8%

毎月分配型45.2%、3ヵ月分配型29.2%、年二回分配型2%、年一回分配型23.6%

分配受け取り53%、再投資47%
受け取り分配50%はインデックスに積み立て、
個人国債25%、普通預金25%
以上です

年齢50代で、昨年より投資信託を始めブログを参考にさせて頂きながら粘土細工を施し、投資額当初の4倍に変化してます。
ジョン太郎さんを参考にしながら分類して見ました結果は・・・・・?
分配型比率多いですよね・・・・・?
理屈は解っているつもりなのですが・・ついつい
です。
銀行、証券会社、ネット証券、での取引です

もし、もし、10年後に半分になってたら毎年世界旅行に行ったつもりになろうかな、そして処分するのは損でしたらそのまま子供に相続させても良いかな・・・・・強がりを言ってみました

10年後に倍になってたら、本当に豪華客船で世界一周に二人で出かけようかな・・・夢物語です

本当の投資目的は、10年後も継続してインフレ、増税に負けないです
高齢者の負担ドンドン増えそうですし、年金も制度がどう変わるか解らないので、半分は絶対必要です!

ジョン太郎さん、こんな配分どう見えます?
物凄く暇な時で良いです
今後の参考に、フーンと聞きます
悩まず、軽くぱっと見て思う事をお聞かせください
宜しくお願い致します








Posted by ちどりん at 2007年10月25日 15:27
すみません、言葉足らずの部分追記させてください

投資信託内訳
株投資ファンド81.7%世界リート3%、
債券ファンド9.3%インデックス6%
です。
Posted by ちどりん at 2007年10月25日 18:19
ちどりんさん、
こんにちは。コメントありがとうございます。
申し訳ありませんが、ご質問にはお答えできません。他の方のポートフォリオについてとやかく言うことはできません。こちらの記事(http://jovivi.seesaa.net/article/56606679.html)もしくは最新の目次の一番下にある、ご質問をいただく際の注意点をご確認ください。
お考えに合っているのであれば良いのではないでしょうか。
「分配型比率多いですよね・・・・・?理屈は解っているつもりなのですが・・ついつい」というのは、それでも良しと思っているということではないでしょうか?それに対して「それでも絶対に分配型などやめるべきだ」などと私が言えるわけもありません。
ネット上に記録として残り、不特定多数の方に見られることを前提としたこの場で、「悩まず、ぱっと見て思う事」をお答えするような軽率なことはとてもできません。
大事なことはお考えに合っているかどうか、です。今後期待する国に資産が配分されていて、分配型が好きでそれなりに分配型に資産を配分している、ということであればそれでよいのではないでしょうか。
唯一言えることがあるとしたら、分配金を使わずに再投資にするのでしたら分配型は資金効率が落ちるのでもったいないのではないでしょうか、ということだけです。

申し訳ありませんが、ご理解くださいますようお願いいたします。
Posted by ジョン太郎 at 2007年10月26日 00:30
こんにちは、ジョン太郎さん

ありがとう御座います!
十分、お答えを頂いた気分に成ってます!!

集計して、書き込みさせて頂いて改めてフーン?
なんて、投資内容を確認していました

大事な事は考えに合っているかどうかですね!
ゆっくり眺めます

ありがとう御座いました
 



Posted by ちどりん at 2007年10月26日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック