2016年08月10日

盗用による著作権侵害の件の途中報告

先ほどまで結末のご報告と書いていたところでしたが、途中報告に変わってしまいました。
出版社の弁護士から件のブログ主に勧告をしてくださり、ブログ主本人も盗用である旨を認め、盗用記事を編集し、盗用した私の著書名を書いてそこからの無断引用をしたこと、著者と出版社に謝罪すること、を記事削除ではなく記事編集にてアップしていました。


が、間もなくその謝罪ページも削除し、ブログ主のツイッターでは



いやーいい経験をした



と発言していました。

著作権を侵害したことの意味がわかっていないようです。証拠はすべて保存しており、もちろん反省の色のないツイッターの発言も保存しています。バックアップで複数の知人にも証拠保存をお願いしてあります。

刑事事件の被害者として私と出版社か被害届を出すところからスタートしないと分からないんでしょうか。

というわけで結末の報告の予定が途中報告になってしまいました。またご報告します。
posted by ジョン太郎 at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョン太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
削除された謝罪ページってWayback Machineとかで復元できないものでしょうか?
Posted by 初めて書き込みます at 2016年08月11日 00:20
初めて書き込みますさんへ、
こんにちは。コメントありがとうございます。また、心配してくださってありがとうございます。

Wayback Machineとかでも復元できますが、謝罪ページは1時間も経たずに削除され、Wayback Machineに残っていたのは朝保存された盗用記事だけでした。

でも、証拠用に私もWEBページの完全保存(いわゆる魚拓)をとっていますし、捜査が開始されれば管理者のはてなとかサーバー管理者とかにも協力依頼がいくと思うので彼らがやってくれるので心配いらないかと思います。

でも、心配してくださって本当にありがとうございます。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ジョン太郎 at 2016年08月11日 09:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。