2012年06月09日

豪ドルとブラジルレアルの利下げ見通しのアップデート

やはり豪ドルとブラジルレアルの話は気になる方が多いようで。


このあいだ、この記事(http://jovivi.seesaa.net/article/271815224.html?1339221861)で、金利スワップのレートを元に機関投資家たちが今後どのくらいの利下げを見込んでいるのか、というのをお話ししました。

その記事では、6月5日のオーストラリアの政策金利決定会合では25bpsの利下げが15%、50bpsの利下げが85%、据え置きと利上げが0%となっているとご紹介しましたが、実際の5日の引き下げ幅は既に報じられているように25bpsと、いわゆる市場予想と比べて小幅な利下げとなりました。

で、この25bpsの利下げを受けて、その後の金利スワップ市場が見込んでる今後の利下げはどうなの?という質問メールを頂きましたので、今日はそのアップデートです。

現在の金利スワップ市場の取引では、まず、次回の7月3日で25bpsの利下げ(3.50%→3.25%)が90%、50bpsの利下げ(3.50%→3.00%)が10%、程度見込まれている取引になっています。その次の8月分だと→3.00%が33%、→2.75%が60%、→2.50%が7%となっています。

9月では→3.00%が15%、→2.75%が46%、→2.50%が35%、→2.25%が4%、
10月では→3.00%が11%、→2.75%が39%、→2.50%が38%、→2.25%が11%、→2.00%が1%
11月では→3.00%が4%、→2.75%が22%、→2.50%が39%、→2.25%が27%、→2.00%が7%、→1.75%が1%
こんな感じになっております。

前回同様にご注意いただきたいのは、これは「確率」ではなく、機関投資家たちの「見込みの分布」です。

一応ブラジルのほうも。ブラジルは7月末に8.25%以下、10月末に8.00%以下、まで利下げされているだろうという見込みになっています。

あと、頂いた質問でカナダも分かるなら、とのことでしたのでカナダも。カナダの政策金利は現在1%ですが、次回7月17日で据え置きが92%、25bpsの利下げが8%です。10月だと1%のままが70%、0.75%への25bpsの引き下げが27%、0.5%への50bpsの引き下げが3%、となっています。まぁカナダはもともと低いですからねぇ。

とりあえずこんな感じでございます。



↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!





ど素人がはじめる投資信託の本

ど素人が読める決算書の本
posted by ジョン太郎 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。