2012年05月05日

米失業率低下、内容は引き続き悪い

4月の米雇用統計が発表になっています。

3月の雇用統計を受けて書いたのがこの記事

2012年04月07日「米失業率低下だけど内容が悪いね・・・」
http://jovivi.seesaa.net/article/262953171.html?1336195650

でした。
4月も失業率は引き続き低下し、3月の8.2%から8.1%に低下しましたが、内容は引き続き悪いです。
とりあえずいつもの表をアップデートしましょう。

USUN1204-1.bmp

民間人は前月比で180千人増加。一方で労働力人口は342千人減少し、労働力人口に含まれない人が522千人増加。もう働きたくないという人が304千人増え、働きたいけど職探しを諦めてしまった人が287千人増加。

失業者は173千人減少し、失業率は8.2%から8.1%に低下しましたが、労働力人口と雇用者も減ってますからね・・・そして何と言っても労働力人口に含まれない人の数が50万人以上増えているのが気になります。3億人の人口の国で8,800万人が労働力人口に含まれてない状態ですからね。

今月から非農業部門雇用者数も載せるようにしました。農業とか自営業とか経営者が含まれないフツーの会社員の数だと思って頂ければ。前月比の増減数が注目される数字です。事前予想では前月比17万人の増加が予想されていましたが結果は11万5千人の増加と、予想をだいぶ下回る結果となりました。

これでQE3の可能性が・・・って話も出始めてますが、ないでしょ。と私は思ってます。前にも申し上げましたが、QE3の大大大前提はデフレの懸念がある状態、なわけで、今の状態でデフレ懸念は・・・ないですよね。失業率がイマイチで景気回復が弱いからハイQE3ってことにはならないと思います。あくまで私の個人的な見解ですけどね。もちろん、QE3に期待する自由は全ての人が持っていますが。

失業率推移のグラフも更新しときますね。

USUN1204-2.bmp

こんな感じ。失業率は急に劇的に改善するなんてことはあんまりないんですよね。こうやってゆーーーっくり少ーしずつ改善していくというのが普通です。急に劇的に改善したみたいな報道がよくありますが、そういうのに踊らされない余裕がほしいものです。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!





ど素人がはじめる投資信託の本

ど素人が読める決算書の本
posted by ジョン太郎 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/268606673
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック