2012年04月01日

引き続きリスクONです。

リスクON状態は続いてます。今はね。

1ヶ月ほど前に「リスクON ってことでいいんですかね?」って記事を書きましたが(http://jovivi.seesaa.net/article/255582498.html
、その後どうなんだ、まだリスクONなのか、と最近聞かれますが、まだリスクONだと思いますよ。

最近仕事もプライベートも忙しくてなかなかブログ書く時間がとれないのと、激しいネタ不足と、市場も経済もnothing new, nothing specialで、だいぶ更新頻度が落ちちゃってますが、またそのうち上がりますので生暖かい目で引き続き見守っていただければと。このブログを読んでくれている知人からも、「ブログは?」というメールが結構来るんですが、すいません。前回の記事などは、先輩から「雑じゃない?」「やっつけ仕事じゃない?」というお声まで頂きましたw
(いやいや、普通のブログ記事のボリュームはあんなもんですって。いつものこのブログのボリュームが多すぎるんですって。あれが普通じゃないんですって。と言いたいところでしたが・・・)
もちろん、雑にしてるつもりは全然ないんですけどね。やっつけ仕事にしたりもしてません。お仕事はキッチリやらせていただくのがモットーです!

ま、いいんですが、その先輩からいただいたアドバイス。「読者が今一番知りたいのは何だと思う?リスクONはいつまで続くか、だよ。いつリスクOFFになるのか、それが知りたいんだよ。」




・・・知らんがな。

知ってるわけないじゃん。そんなの。未来から来た人以外は知らないですって。それが分かるのは未来から来た人だけ。いろんなこと言う人がいるけど、自分には分かるって言う人もいるんでしょうけど、未来から来た人はいないです。いないはずです。私は少なくとも未来から来た人に会ったことがないです。

今はリスクONです。今はね。いつまで続くかはわかりません。いつリスクOFFになるのか。それは悪いニュースが出た時です。じゃあその悪いニュースが出てくるのはいつか。分かりません。そういうの乗じて安いとところで買って、高いところで売ってやろうとするのは投機です。このブログでは投機の話は扱っておりません。このブログで扱っているのは投資の話とか、あとは経済の話とか、お金に関する制度の話だの構造の話だの仕組みの話だの、用語とかの解説の話。新興国のGDPが将来2倍になって、新興国企業の利益が2倍になって、新興国株のリターンが100%以上になることに期待して、いつそれが実現するかわかんないけどそれに期待して長い目でお金を投じましょうってのが投資です。日経平均が100円の頃に、80円で買って120円で売るとか、なんとか90円で買って儲けてやろう、120円から110円に下がる前に売り抜けてやろうって話じゃなくて、100円くらいの時に買って1万円くらいになったら売ろうって話です。

あえてこのリスクON/OFFの話にもう少し突っ込んでお話しするならば、市場の緊張感とか警戒心は1ヵ月前よりも高まってきているという印象を受けています。その先輩が「いつリスクOFFになるんだ」と気になっているのもその一部と言えると思います。先ほどリンクした1ヶ月前の記事の例え話で言えば、みんなそろそろ雨が降り出すんじゃないかと思い始めてる、結構遠くまで来ちゃったけど雨が降り出してから引き返しても土砂降りだったら軒下まで駆け込むまでにすげー濡れちゃうなと心配し始めている、という印象は受けます。なんか無理やり悪いニュースの種を探している感すらあります。典型が中国の景気腰折れのあたりの話ですよね。

実態はさっぱりわからない国ランキング一番の国の動向が一番大きなカギを握ってるってそれだけでもあぶなっかしくてしょうがないと思うんですけどね。中国の金融引き締めが、とかいっぱい出てますが、あの国にはそもそも金融政策なんてものはあってないようなもんですからね。その点を忘れちゃいけません。私たちの住んでいる日本のような資本主義の国でもなければ民主主義の国でもないわけですから。少しずつ転換の道を辿っているとはいえ、私たちの国の構造制度とは全く違うシステムをもっている国です。お前のものは俺のもの、昨日まで100円のこれは今日から1万円、と言われても文句言えないわけですからね。そこの動向を読んで儲けてやろうなんて気には私には到底なれません。

話を戻して、市場の緊張感とか警戒心が強まってきて、そろそろなんじゃないか、リスクOFFになるんじゃないか、と不安を感じる人が増えてきたということは、センサーが敏感になってきているということです。1ヶ月前であれば華麗にスルーできていたであろうちょっと悪いニュースも、今出てくると結構なインパクトになってしまう可能性がある、しかもまとまった動きになって大きな振れを起こしてしまう可能性がある、ということは言えるんじゃないかなと思います。ビビり始めて腰が引けてへっぴり腰になっているわけですから、安定感はないです。ちょっとしたニュースで慌てて体制を崩して転んでしまう人も出てくるでしょうからね。

また、そういうのを自己循環的に使ってしまうってのもありますよね。ビビリが入ってきて、上げが弱くなってくる、株の上昇ペースが落ちてくる、円安がなかなか進まない、突き抜けない、これらはビビリが大きくなってきているから起こってきていることに他ならないわけで、ビビリが原因で、突き抜けないが結果。自分たちのビビリが原因で起こっている突き抜けないという結果のほうを用いて、「なかなか突き抜けないから」「上値が重いから」「キャップがかかってるみたいだから」そろそろやばいんじゃないか、と考えてみたりしてね。ベトナム株とかブラジルレアルのバブルの逆パターンです。小さい市場にお金が入る→需給バランスが崩れて売り物がボッタクリ価格のものまで全部売れるから価格が上がる→価格が上がっていることの裏付けになりそうな話を見つけてくる「ベトナムは人口が多くて、若年層が多くて、真面目な国民気質で」「ブラジルは資源がいっぱいで、オリンピックがあってワールドカップがあって」とか→「実際にこのところのチャートを見るとホラこんなに上がってる、という具合。REIT価格を見せてアメリカの不動産市場は回復してるって言うのと同類です。

あんまりビビってると、ちょっとした物音でびっくりして慌てて引き返そうとして転んでケガしちゃったりするからもう少しゆったりと構えてたほうがいいと思うんですけどね。自分は落ち着いても、びっくりして大慌てて引き返して行く人にぶつかられても迷惑なので、少し距離をおいておくというのも手です。



そうそう、更新頻度が落ちてる間にAIJの問題が出て、ひどい実態がどんどん明らかになってきていますが、同じ金融業界で働く友人たちの中で「投資顧問」と名のつく会社で働く友人たちはとばっちりでエライ迷惑をしてます。かわいそうに。彼らとしちゃ、あんなんと一緒にされたくない、って気持ちでしょうけど、一緒にされますよね。そりゃ。だって、その辺の区別がつかない人たちがいっぱいいるからAIJみたいな会社が成り立ってたわけなんですよね。残念ながら。一緒にしちゃう人のほうが多くて当然です。

怪しい会社はいっぱいあります。怪しい投資を持ちかけてくる人もいっぱいあります。怪しい儲け話もいっぱいあります。怪しい海外投資の手伝いをしてくださる人もいっぱいいます。これだけは本物と銘打つ必勝法も星の数ほどあります。100万円がすぐに1兆円になってしまうようなリターンを謳う商材もいっぱいあります。投資顧問登録をしている会社にもああいうひどいのがあるのに、投資顧問登録もせずに投資顧問と謳っているひどい会社もあります。投資用不動産の広告とかなんて忠実義務とか開示義務とか投資顧問業法違反とかそういう話の前にそもそも出資法違反か詐欺だろこんなもん、なんてのが山ほどあります。

私は長いこと金融の世界で生きてきて、そういうのは数えきれないほど見てきました。みなさんの倍どころか数百倍、数千倍見てきています。必勝法なんてものは存在しません。必ず儲かるなんて話もありません。おいしい話はありません。たいしたリスクもないのに10%以上の利回りなんてものはありません。ジャンク債に投資しても10%の利回りすら得られないんですから。騙されちゃだめです。山ほど怪しい話があるので、金融庁に期待しちゃだめです。取り締まりきれないですから。自分が気を付けるしかないです。その点、公募の投資信託はまずそういうのは心配しなくていいので、やっぱり便利な金融商品なんだと改めて思います。絶対に真贋を見極める力が自分にはある、と確信できない人、不安な人は公募の投資信託だけ買っておけばそういう心配はしなくていいと思います。どうしたらいいか分からない、不安でしょうがない、何買えばいいのか分からなくなった、という方もいらっしゃると思うので一応書いておきました。公募の投資信託は別格です。そういうのとは全然違いますから大丈夫。



あ、あと、最後にもう1個だけ。マネックスでのコラム連載、幸いまだ打ち切りにならずに続いております(笑) 
一回の字数が限られているのと頂いた質問に答えるというネタ切れ知らずの構造というのもあって私には全く負担感もなく、また、マネックス様がきちっとスケジュール管理をしてくださるので更新サボリもないので、良かったらたまにご覧いただければと。
http://lounge.monex.co.jp/advance/sodan/
これです。右上のほうにある私の本の紹介ページの下に「マネックスでコラム連載中」っていうリンクも貼っておきました。あ、ツイッターも続いておりますが、まぁそりゃあつぶやきの少ない人間です。私は。でもふと思い出した時につぶやいてますから、まだ続いてますよってことで。

引き続きよろしくお願いいたします。

↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!





ど素人がはじめる投資信託の本

ど素人が読める決算書の本
posted by ジョン太郎 at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>普通のブログ記事のボリュームはあんなもんですって。
>>いつものこのブログのボリュームが多すぎるんですって。

同意です。(爆)
全然、雑じゃありません。
大いに参考になってます。m(_ _)m

>>市場の緊張感とか警戒心は1ヵ月前よりも高まってきているという印象を受けています。

これまた同意です。
ここまで調子良く騰がって来たからそろそろって、
気持ちになっているせいが大いにあるんでしょうけどね。(^^)

最近注視している(させられている)のは、
スペインの財政です。
それほど事態が悪化しているわけでもないと思うんですが、
最近妙に取り沙汰されているような気がします。
これまた、悪いニュース探しの一環ですかね?
Posted by mushoku2006 at 2012年04月02日 08:39
mushoku2006さんへ、
こんにちは。コメントありがとうございました。
いつもコメントを頂いているのに、なかなかお返事できず、すみません。全部ちゃんとお返事したいと心から思っているのですが・・・
本当に感謝しています。いつもありがとうございます。

ツイッターのほうでさっきリンクしましたが
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M1WEZO6KLVR401.html
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M1WFIW6KLVR501.html

このへん、読んでみてください。ご参考まで。これからもよろしくお願いいたします。


他にもコメントをくださっているみなさん、
いつもコメントをくださって、ありがとうございます。本当に感謝していますし、もちろん全部読ませていただいてますし(読んで承認しないとアップされないようにしてありますしね)、全部お返事書きたいとは思ってるんですが、なかなかお返事できなくてごめんなさい。
みなさんから頂くコメントは本当に私の励みと支えになっています。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
Posted by ジョン太郎 at 2012年04月03日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261625559
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック