2012年01月15日

フランス他ユーロ圏9か国格下げの影響

フランスとオーストリアがAAAから陥落です。

S&Pがフランスをはじめとするユーロ圏9か国の格下げを発表しました。

フランスとオーストリアがAAAからAA+に。これで残されたユーロ圏のAAAはドイツ、オランダ、フィンランド、ルクセンブルグの4か国となりました。

スロベニアはAA-からA+に、スペインはAA-から2段階引き下げられてAに、スロバキアはA+からAに、マルタがAからA-に、イタリアはAから2段階引き下げられてBBB+に、キプロスはBBBから2段階引き下げられてBB+の投機的格付に、ポルトガルもBBB-から2段階引き下げられてBBの投機的格付になりました。

スペインはマレーシアや南アフリカと同じ格付け、イタリアはコロンビアやペルーやロシアと同じ格付け、ポルトガルはフィリピン以下の格付けになりました。
(こないだ書いたこの記事(http://jovivi.seesaa.net/article/240960152.html)にそれらの国の格付けを載せてありますのでよろしければどうぞ。)



さて、格下げの影響ですが、もちろんあると思います。

端的に言えば3つだと思います。

まずはこれらの国の国債の価格下落/利回り上昇です。ある程度はもちろん想定されていたはずですし、織り込んでいたと説明される部分はあるでしょうが、取引価格に全く影響が出ないかと言えばそんなことはないと思います。今後の売買価格に少なからずネガティブな影響を与えることになると考えます。当然ながらその結果としてこれらの国の国債借り換え時の調達コストが上昇します。また、支払コスト上昇はさらなる財政悪化につながります。

2点目は、これらの国債をもつ金融機関のバランスシートへの影響です。保有している国債の時価が下がれば当然ながらバランスシートは悪化します。たとえ時価評価していなかったとしても、満期保有目的だからストレステストの対象外だったとしても、それらを評価する人たち、金融機関の株や債券を売買してる人たちや金融機関にお金を貸している人たちにとっては、「あそこの銀行が持っているフランス国債の価値が目減りした」と思われるだけのことです。こうした影響で金融機関のファイナンスが苦しくなれば当然影響は伝播していくことになります。また、間接的な影響を言い始めればそういう金融機関にファイナンスを頼っている事業会社や自治体、新興国など他国への影響も出てくるということも言い添えておく必要があると思います。

3点目は、EFSFへの影響です。ユーロ圏の問題国を救済するEFSF(欧州金融安定ファシリティー)の能力は、AAA格を持つEFSFが低コストで資金調達して貸し付けるという仕組みです。EFSFがAAA格を得られるのは、各国政府の保証によるもので、といってもポルトガル政府が保証したところでそんなもんは何の役にも立ちませんから、ユーロ圏AAAの国の保証が重要です。各国政府からもらっている政府保証枠めいっぱいの資金を調達してしまうとAAA格がとれないので、EFSFは保証枠を余らせて、余裕をもたせて資金調達しています。今回、フランスとオーストリアが格下げされたことで、この余裕を更に多くとらなければAAAを維持できなくなる可能性が出てきます。余裕を多くとれば当然ながら、余裕分を差し引いた残りである融資可能額が減ります。今回の格下げでEFSFの調達能力低下、調達コスト上昇、支援能力低下、といった影響が出ることが考えられます。



とりあえずこんなところでしょうか。
週明けの市場に注目です。



↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!





ど素人がはじめる投資信託の本

ど素人が読める決算書の本
posted by ジョン太郎 at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
予告されていた話なので、
やっぱりな、という感想なんですが、
やはり相応の影響は出るんでしょうね。

>>イタリアはコロンビアやペルーやロシアと同じ格付け、
>>ポルトガルはフィリピン以下の格付け
それにしても、かなり悲しい話です。

>>スペインはマレーシアや南アフリカと同じ格付け
これはあまり違和感がないのですが。(^^)

しかし、言われてみるまで、
スペインがイタリアよりも2段階上であることに、
気が付いていませんでした。
てっきり同レベルだと思ってました。
Posted by mushoku2006 at 2012年01月16日 08:00
mushoku2006さんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。
ヨーロッパの話はまだまだ当面続くと思います。今後も気づいた点などお話ししていきたいとおもいます。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ジョン太郎 at 2012年01月21日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246265241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック