2011年01月28日

日本の国債はデフォルトする?ヤバイの?

27日、S&Pが日本の長期ソブリン格付けをAAからAA-に格下げしました。

まぁ、今さら驚くようなニュースでもないですが・・・

日本政府の財務内容がB/Sで見てもP/Lで見ても悪いことは誰の目にも明らかですし、今さらね。
かといって日本の国債がすぐにどうこうなるかと言えば、別にどうもならんわけです。

ヨーロッパのやばい国々のようにリファイナンスに困ることもなく今日もいつも通りにこの国は運営されています。いたって平和。首相の「疎い」発言の真意もまぁ今さらどっちでもいいよという感じ。

為替市場の反応は一瞬83円22銭をつけてすぐに折り返し。国債価格もほとんど動いてないです。そりゃそうです。叩き売る人が大していないですからね。消費にも投資にもまわさずに、お金をガッツリ銀行預金にしている人たちがいる限り大丈夫でしょう。日本の国債のほとんどは国内で消化されてますし、それは間接的に日本の国債を買っていることを知らずに、預金と保険という日本人の大好物に入れられている資金が買い支えています。ゆうちょに預けられて財投債に変えられてよくわからん独立行政法人とかにバラまれてパーッと使っちゃったお金は、いつどうやって返ってくるのか考えるだけでも恐ろしくなりますが、ゆうちょに預けている人の大半はそんなことを考えないわけで、それによってこの国のファイナンスは安泰となっています。

この構造が崩れない限り、新聞やTVがギャーギャー騒いでも大丈夫だと私は思います。この国の財政状態は最悪です。紛れもなく。でも、それはそれ、これはこれ。以前お話ししたことがあると思いますが、企業というのは銀行がお金を貸し続けるならばどんな企業だって生き続けることができます。企業を潰さないのは簡単。銀行がお金を貸し続ければいいんです。これと同じ。どんなに状態が悪くても、ファイナンスさえなんとかなってれば大丈夫。そしてファイナンスの面では世界最強クラスの援護、日本人がついてますから当面は大丈夫。なはず。

私は保険もほとんど入ってませんし、預金も全資産の数%しかないですから、日本国債の引き受けにはほぼ全くと言っていいほど貢献していませんが・・・

とりあえず私なりに日本の格下げについてコメントしてみました。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!




ど素人がはじめる投資信託の本

ど素人が読める決算書の本

posted by ジョン太郎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック