2006年04月08日

何から始めるか/何で日本株ファンド?

26歳!!!・・・若いですねぇ。
運用期間は特に決めていなく、まとまった資金ではなくて勉強をかねて1万円くらいを毎月積み立てで・・・徐々に金額を増やしていく・・・ってスバラシイですね!このブログは、そういう人のためにあるようなものです。
このブログは
★運用してみたいな、とか、運用について勉強したいな、と思っていて
★仕事や恋愛や遊びや子育てに忙しくって、
★本読んでもわかんなくって、本読むのもめんどくさくって、
★金融資産が1億円以下(日本には金融資産1億円以上の人が130万人以上います。と言っても人口の1%程度ですが・・・・)
の人のためにあります。

★この記事にはアップデート記事があります★
「何から始めるべきか」というテーマについてはこちらの記事
http://jovivi.seesaa.net/article/114251800.html
をご覧ください。




RSTSさんのような人、

・60歳以下で
・投資の経験がなく、初めて挑戦しようという人で、
・まとまった資金がなくて、月に1万から5万くらいずつとか、ボーナスの時だけとか
・長期間運用していく必要がある人(=年金もらうまで5年以上ある人)

には私はやっぱり日本株ファンドを毎月買っていくのがいいんじゃないかなって思います。


前回書けなかった、なんで日本株ファンドがいいのか、ってのを一応。

◆なじみやすい

(中に何が入ってるか、とかがイメージできることはとても意義があります。中国の小売業のナントカ公司より、トヨタとか伊勢丹のほうがイメージもしやすいですよね。)


◆買った後も、相場がどうなってるか、なんとなく掴みやすい。

(日経平均が上がった下がったくらいは割と勝手に耳に飛び込んできますが、インドのSENSEX指数とかフランスのCAC指数とかは普通の人の耳には入ってこないですよね。)


◆なんで上がったか/下がったか、が分かりやすい、仕組みがシンプル

(シンプルな仕組みなので、日本の株式市場が上がれば上がる、ここんとこ株が上がってるから私の資産も増えてるんだろうなぁ、とすぐ分かる。仕組みが複雑なファンドだとなんで増えてるのか/なんで減ってるのか、が分かりにくかったりします。


◆自分にあったファンドを見つけやすい

(日本株ファンドは種類も多いですしね。)


◆今後数年間で結構良いパフォーマンス期待できるんじゃないかって思う。

(これはジョン太郎の個人的な考えであり、私見です。アテにはなりません。ジョン太郎は今後の日本株相場にかなり強気の見通しを持っています。私が日本株ファンドをオススメする理由の1つですが、みなさんが判断をする材料にする必要はありません。相場観は人によって違いますし、私は予想屋でもなければ預言者でもありません。くれぐれ投資判断はご自身の判断でご自身の責任でしてくださいね。ジョン太郎の言うことも、証券会社の言うことも銀行の言うこともあなたの投資の保証をするものじゃありません。投資は自己責任が原則ですから。)



◆なんとなく自分のお金が日本の経済の一翼を担ってると思うと結構満足感を得られる。

(これもジョン太郎の感覚です。でも、同じように感じる人も結構いるんじゃないかな・・・)


◆自分の生活基盤の国のインフレ率に勝てる可能性のある資産である。

今後も日本で暮らしていく人にとっては日本のインフレ率に勝つ必要があって、日本のインフレ率に勝つためには日本株を持つというのが定石です。
(インフレって何って人、株とインフレの関係について復習したい人はこちらで)
http://jovivi.seesaa.net/article/11504874.html
http://jovivi.seesaa.net/article/12664637.html


◆ハイリスク・ハイリターンである。


最後の2つの理由についてもうちょっとお話します。
RSTSさんは
「リスクはハイリスク、ミドルリスク、ローリスクのどれでもかまいません。」
とのことですが、私は投資期間が5年以上とれる人には、株をもってほしいなって思います。

インフレに勝つ可能性がまず1つの理由。元本割れは絶対イヤ!って人もいるでしょう。でも、そういう人はこれを読み直してみてください。
http://jovivi.seesaa.net/article/12664637.html
元本さえ返ってくればいいってもんじゃないはずです。特に若い人。今40歳以下の人は老後の生活まであと25年以上もあります。RSTSさんなんか40年もあります!40年間の平均インフレ率が2%だったら、今100万円のものは220万円になっています。今の100万円で、今50万円のものも買えなくなっちゃいます。4%だったらなんと480万円!今20万円くらいのものしか買えません。期間が長ければ長いほど、インフレによるお金の価値の減少は凄まじい威力を見せます。今40歳の人だって、ロ老後まであと25年もあるんですから。老後までの時間が長い人ほどインフレの危険性を強く意識する必要があります。うまくできてるもので、老後までの時間が長い人ほどインフレに勝てるように株を持つべきで、株はリスクが高くって、でも、リスクは投資期間が長い人にとっては受け入れやすいものです。

インフレに勝てる可能性と、期待リターンの高さ、っていうのは老後までの時間が長い人にとっては非常に魅力的です。年金もあまり期待できない世代ですし、ローリスク・ローリターンでちょっとずつ増やすという感覚は持ちにくいです。投資にとって一番の武器は時間です。資産がいっぱいあることや、投資の知識が豊富であることよりも、投資期間が長いことのほうが有利だと私は思います。投資で最大の武器は若さ!と言うと語弊がありますが、でも時間がある人はハイリスク・ハイリターンのものに投資しやすい点でアドバンテージあるんじゃないでしょうか。

あと、手数料とのバランスも大事ですね。もし、販売手数料が3%で、信託報酬が1.5%の債券ファンドを買ったとしましょう。日本は金利が低いので外国の債券で運用するものになると思いますが、先進国の高格付の信用力が高い債券の期待リターンはせいぜい4〜5%(年率)くらいです。4〜5%の債券運用で信託報酬1.5%引かれたら残りは2.5%から3.5%程度。これで最初の販売手数料が3%あって、更に毎月分配型だと毎月10%の税金引かれて・・・って結構つらいです。投資には、リスクとリターンのバランスがとても大事ですが、リターンと手数料のバランスも非常に重要です。

私は、投資信託というのは、自分で運用するのは大変だし、めんどうだし、わかんないし、まとまった資金もないから手数料を払ってプロにまかせる箱に入れて、他の人の資金と合わせて運用してもらうものだと思っています。手数料払う以上はちゃんとリスクをとってほしいし、同じ手数料ならより高いリターンを期待したいです。また、リスクは、投資期間を長くすることでマイルドにすることができます・・・って話もそのうちちゃんとご説明します。あと、どの資産にどのくらいのリターンとリスクが期待できるのかってのも今度お話ししたいですね。

こんな感じで考えて私は日本株ファンドをオススメします。日本株ファンドの中では、インデックス運用をするものがいいんじゃないかって前回お話ししましたが、私は個人的にはアクティブ運用のほうが好きです。でもインデックス運用よりもアクティブ運用のファンドのほうが、ファンドによる差が大きくて、ちゃんと選ぶのが大変だし、手数料も安いから、RSTSさんにはインデックス運用のものをオススメしました。私は、高い手数料払ってアクティブ運用のファンドに資金を入れて、その手数料分を跳ね返す運用をファンドマネージャーに期待したいんですが、これは個人の趣味と感覚の問題ですからね。(インデックス運用とアクティブ運用の違いはこちらhttp://jovivi.seesaa.net/article/12152532.html

あと、ちょっと詳しい人には「インデックスファンド買うくらいなら、ETF買ったほうがいい」って言われちゃうかもしれませんが、その通りです。でもこのブログを読んでる人が始めるには普通のインデックスファンドのほうがいいんじゃないかなと思います。今回は既に結構長くなっちゃってるので、その理由は書きませんが、次回インデックスファンドとETFの違いを解説しながらご説明しようと思います。


【余談】(これも今度ちゃんと書きます。)

ちなみに日本株の期待リターンというのは年率10%くらいあります。これどうやって計算するのかっていうと、例えば2000年1月1日から2000年12月31日までの1年間の日本株の上昇率を計算する、つまり、2000年1月1日に買って2000年12月31日に売ったらいくら儲かったかを計算します。じゃあ2000年1月2日から2001年1月1日までは?2000年1月3日から2001年1月2日までは?・・・ってのを10年分計算すると1年間の投資を3000回くらい試した結果が出せます。日本株の過去30年分くらいを計算すると平均でだいたい10%程度です。ジョン太郎が日本株の期待リターンは10%程度と言っている根拠です。過去30年くらいの年間最高リターンは60%くらい、最低で-40%くらいです。数字のバラツキっぷりを「リスク」といいます。「リターン」は平均、「リスク」は標準偏差(バラツキ具合)で示されます。今回はあくまで余談で話しているだけなので、フーン。ヘー。で結構です。

仮に今30歳の人が毎月1万円ずつ、65歳の定年退職まで10%のリターンのものに投資したとするとどうなるか。

投資金額は全部で4,200,000円になります。
投資結果は・・・
37,996,381円です。

RSTSさん、頑張ってください!


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

posted by ジョン太郎 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(4) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

春めいてきましたね☆
Excerpt: 沖縄の暖かさにはかなわないけどだんだんと暖かくなってきた今日このごろ。心もウキウキワクワクしてきますね!
Weblog: 沖縄移住アフィリエイターを徹底取材!
Tracked: 2006-04-08 21:35

ヨチヨチ歩き と 靴選び
Excerpt: 赤ちゃんが第一歩を踏み出して 感激!! 感動!! していたのも束の間... トコトコ・・ドテッ!! トコトコ・・ドテッ!! 毎日毎日、少しずつ上手になって行くあんよ。。。 ますます我が子が可愛..
Weblog: トラックバック歓迎 株レモン
Tracked: 2006-04-08 23:41

春めいてきましたね。
Excerpt: 春になったのになかなか暖かくなりませんねえ。こちらでは風が強くて黄砂が舞うほどの強さでした。こんな時はうがいをしっかりして体調管理に気をつけた方がいいですね。
Weblog: 厄払い情報バンキング
Tracked: 2006-04-09 03:13

ワールドワイド・デブ
Excerpt: 購入: 『投資信託にだまされるな!』竹川美奈子著 『入門!インド株』鈴木雅光著 「投資信託のイチバン抜け目ない買い方・儲け方!」  簡易保険が満期になって、まとまった金が出来た。つーこ..
Weblog: ドカーンと一発、やってみたりやらなかったり!
Tracked: 2007-05-14 22:11