2010年01月16日

JAL去る。株主優待で株を選ぶ怖さ。

というわけでJAL、日本航空は週明け19日に会社更生法の申請を行う方針となりました。


会社更生法を申請した時点で株は整理ポストに入り、1ヶ月間は売買できますが、その後は上場廃止となり市場での売買ができなくなります。

結局JAL株は先週8日に67円で取引を終えていましたが、今週に入って急落し、結局7円で今週の取引を終えました。
年明けに88円から92円で取引されていたJAL株は2週間で7円になりました。
ちなみに昨年2009年の高値は215円、安値は60円。
2008年の高値は270円、安値が172円
2007年の高値は280円、安値が212円
2006年の高値は340円、安値が197円
です。

11月にこの記事
http://jovivi.seesaa.net/article/132976156.html
を書いた時にはまだ株価は100円以上でした。この時は事業再生ADR申請&受理を受けてS&PがJALをCCCからCCに格下げした時でした。ちなみにS&PのJALの格付けは2002年以降ずっと投機的格付け(BB以下、投資不適格とか、ハイ・イールド債とかジャンク債と言われるクラス)でした。一度も上がったことはなく、2002年のBBから2004年3月にBB-、2005年11月にはB+、2009年10月にB-、2009年11月4日にCCC、11月13にCC、そして12月2日にはデフォルトを示すSD格にしていました。

先ほどリンクした記事の中でも書きましたが、ど素人がはじめる投資信託の本でJALとANAの決算書比較をやったのは、決算書も読まずに、イメージと思い込みだけで「大きいから大丈夫」「JALは凄い会社」「日本を代表する航空会社」「世界に誇る日本の航空会社」「他の小さな航空会社と違ってJALは安心」と言う声をよく聞いていたからです。イメージと思い込みだけで会社を判断するのは危険、数字を見てみればイメージと全然違っているということがわかる、という警鐘を鳴らしたかったからです。本を書いた時点での決算は2007年3月期決算でしたが、その時点でも既に営業利益とほぼ同じ額の借金の利息を支払っていました。本をお買い上げくださった方は見直してみてください。

それでも、マネー雑誌や株の解説本やネット上の投資情報サイトやブログで、専門家を称する方やファイナンシャル・プランナーといった方の中に、「株主優待で選ぶ!」「株主優待がおいしいオススメ銘柄!」「株主優待を現金換算すれば利回り●%!」「株主優待ランキング!」なんてのをやって、JALの名前を挙げている方がたくさんいらっしゃいました。皆さんも一度くらいは株主優待がおトクなJAL、みたいな記事を見たことがあるんじゃないでしょうか。

本や雑誌などの紙の媒体で活字になっていてもっともらしそうに見えるものであろうと、ネット上の情報であろうと、TVで頭が良さそうなメガネをかけてスーツを着た人がしゃべっていることであろうと、そこには素人同然の人やあまり詳しくない人、知識を聞きかじっただけの人、資格をとっただけの人、実践経験のない人、誤った知識を身につけてその知識が正しいと思い込んでいる人、などが発信している情報もたくさんあるということを覚えておいたほうがいいです。そういう人たちの中には、自分が言っていることは間違っているかもしれないという懸念すら持つことなく自分が知っていることを妄信していたり、とかく断定的なことを言ったりするものです。そして断定的なことを言う人の意見をほど、正しいと言う自信のある、根拠のありそうな、信頼できる情報、に聞こえがちなものです。ただ、この世界に詳しい人ほど、断定的なことを言わないものです。また、本が売れればいいだけの人、視聴率がとれればいいだけの人、サイトのアクセス数が増えればいいだけの人、というのは、とかくそういうバイアスがかかったり、ショッキングな内容が多くなったり、誇張が多くなったり、1000のうちの1をとりだしてそれが大勢であるように見せたり、1箇所や1時点に焦点を当ててそれが全てであるように見せたり、するものです。そういう情報に踊らされたりしないためには、皆さんが自分で自分を守るしかありません。できるだけ正しい知識を身につけ、決して情報を鵜呑みにせず(私のブログも含めてです)、いろんな人の意見やさまざまなソースからの情報を使っていろんな角度から見てみるのが一番です。



株主優待がおトクな株を買おう!
株主優待で選ぶおすすめランキング!
株主優待を現金換算すれば利回り●!

このブログで繰り返しお話ししていますが、株に投資をするということはそういうもんじゃありません。
株主優待で大切なお金を投資する会社を選ぶなんて、車にひかれませんようにと祈りながら目をつぶって片側3車線道路を横断するようなもんです。

200万円で買った株が7万円になって株主優待もらっても、おトクでもなんでもありません。
投資した会社が潰れてしまっては株主優待も何もあったもんじゃありません。

そんなランキングを見てJAL株を買った人にそういう記事を書いた人は何と言うのでしょうか。



よろしければこれらの過去記事も参考になさってみてください。特に株を買に投資しようと思っている方は@の記事は是非御一読ください。

@
2009年03月21日
今、市場で起こっていること、株を買うということ。【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/116019044.html

A
2008年03月22日
REITと不動産ファンド業者の話。あと、株を買う時に注意したいこと。【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/90452269.html

B
2009年01月04日
アトリウムのニュース見ました?
http://jovivi.seesaa.net/article/112106300.html

C
2006年01月28日
株と債券の違い【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/12389773.html

D
2009年06月14日
頂いたご質問へのお返事〜劣後債の話〜
http://jovivi.seesaa.net/article/121465161.html

E
2009年11月22日
株を持ちっぱなしにしてた場合の例【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/133603323.html



今日はこんな感じで。



↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif



ど素人がはじめる投資信託の本

ど素人が読める決算書の本

posted by ジョン太郎 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック