2009年11月22日

株を持ちっぱなしにしてた場合の例【オススメ】

今日は、買った株を何年も持ちっぱなしにしてた場合の例をご紹介したいと思います。



実際に私が2005年5月に購入し、その後もずっとほったらかして、いまだに持ってる株を使ってお話しします。
いつものことながら、銘柄名は伏せます。
株価も購入時点を100として指数化しておきます。
特定銘柄の推奨とかって捉えられかねないようなことはしたくないもので。
ご理解・ご容赦願います。
グラフの形見て、これ●●の株じゃないですか?ってコメントをいただいても、そのコメントは公開せずに削除させていただきますのでご注意ください。


さて、それでは始めましょう。
みなさんも、自分の大切なお金で私と同じタイミングでこの会社の株を買ったと思って、その時その時のイベントやマーケットの状況、ご自分の投資行動などを思い出しながら見てみてください。


091122-1.bmp


まず、2005年5月に100で購入したこの会社の株は順調に上がっていきます。8月にポンと上がった後、ボックス圏に入り、うだうだしていたものの、年末にかけてまた勢いをつけて上昇。1年と経たずに2倍の200を超えました。さて、皆さんならここで売る?売らない?利益確定?利益確定した後はどうするんでしょうね。乗り換えるような良い銘柄があるといいのですが・・・私はもちろんほったらかします。


2005年5月末の日経平均:11,276円
2005年5月末のドル円:108円50銭

2005年12月末の日経平均:16,111円
2005年12月末のドル円:117円92銭



そして、年明けからの株価は・・・

091122-2.bmp


ずるずると下げていきます・・・Orz

200を超えていた株価170くらいまで下がります。

ちなみにグラフの中のオレンジの縦線は1つ前のグラフの一番右側を示してます。つまり、1つ前のグラフではこのオレンジの線までを見てたんですよ、って意味です。


さて、先ほど、売らなかった方、どうしますか?200で売っておけばよかったと後悔しながら売りますか?

それとも、もう1度200になるはず!と信じて待ちますか?

せめて180まで戻ったら売ろう!

このまま150まで落ちたらそこで諦めて売ろう!

2006年1月の日経平均安値:15,059円
2006年1月のドル円安値:113円40銭



さて、もう少し先を見てみましょう。

091122-3.bmp

おー!

株価は回復していきます!

前回の高値にはまだ届いていないものの、200を越えました!

先ほど売らずに後悔した方、チャンスです!

世の中はエマージング株ブーム!中国株、インド株、ブラジル株、と次々に新しい新興国株ファンドが設定されています。100が200になった株を売って中国株!?

今度こそ売却?

2006年4月の日経平均高値:17,563円
2006年4月のドル円高値:118円90銭



さて、さらに先へ。

売らずにホールドした皆さん、ドキドキしますね。



091122-4.bmp

Orz ガックシ・・・

また下落・・・

エマージング株ファンドなどは唸るような勢いで上がってるのに・・・

もう150目前まで来てしまいました。

2度も200越えで売れるチャンスがあったのに・・・

ここで諦める?まだ50%以上儲かってるし、この利益だけでも確定しとく?

いやいや、二度あることは三度ある。もう一回くらい200超えするはず。その時は3度目の正直で売る!200回復を期待してホールド!?

さて、どうなることやら。

私はもちろんホールドです。

2006年6月の日経平均安値:14,045円
2006年6月のドル円安値:111円30銭



さてこの先は!?

091122-5.bmp

200回復!!!!!

やったー!!!

と浮かれていたらまた下落 Orz

と落ち込んでいたらまた200回復!!!!!

もう四度目の200です!

さすがに売るか!?

でも、150は割らない&200超えも珍しくない、的な流れになってきたような・・・ってことはもっと上を狙える?150-200は押さえつつ、上を狙える?ホールドしちゃう?さすがに200超え?

でも、ここまで100で買って220で一旦売って、170で買い戻して210でまた売って、160でまた買い戻して200でまた売って、170で再度買い戻して今200なら、最初の100はもう400になってたはずなのに・・・

まぁ、そんなことができるならね。

そういうのができる人はいいね。羨ましいね。

それでも400、それやらんでも200、と言えなくもないけど。

「あああああ!!!!400になってたはずがぁ!」という人、
「100が200になってよかった」という人、
「160なんかで損きりしなきゃよかった!」という人、
「170で売っちゃったけど、まだ上がるのかなぁ・・・まだ上がるなら200でも買いたいけど・・・」という人、
いろいろいらっしゃると思います。

さて、皆さんはこの後どうしますか?

2006年12月の日経平均高値:17,617円
2006年12月のドル円高値:119円22銭



ではその先へ。


091122-6.bmp


2007年の年明けからまた急落 Orz

なんなの?!年明けは急落する法則!?そういうものなの!?

年末には200を超えてたのに、あっという間に150を割り込み、やっと150台を回復。

200で売っておけばよかったぁああああああ・・・

しかも今回は150も割ってるし、また150を割ったら今度は140、130、とどんどん下がっていって・・・しまいには利益もなくなっちゃうかも・・・うわぁああどうしようううう・・・誰に聞いたらいいんだろうー・・・ネットで調べてみようかな・・・

なーんて悩みがちなんではないでしょうか。

私はホールドしました。

世の中ではエマージング株が大人気。やれベトナムだ。いや、ベトナムはもう遅い、次のベトナムはどこだ!?中東はどうだ、アフリカはどうだ、と大盛り上がりです。中国は来年の北京オリンピックまでは大丈夫だろうけどその後は・・・なんて話も。

2007年6月の日経平均高値:18,297円
2007年6月のドル円高値:124円16銭

あら?日経平均が高値更新して18,297円までいってるのに、ドル円は124円まで円安進んでるのに、この株は下がってるじゃん!なんだよ!全然ダメじゃん!
こんな日本株なんて売ってしまってエマージング株に乗り換えちゃおうかって人もいるんじゃないでしょうか。



さて、次。

091122-7.bmp

さらに急落 Orz

この会社の株価は一気に100近辺へ。ついには最初に買った株価に近い数字になってしまいました。
あんなにあった含み益を一気に吐き出してしまいました。

あーあの時に売っていれば・・・

うまく売り買いをして400までいっていた人も、その後うまく小さな波で売買できなくてそのままホールドしてたら400はもちろん200まで下がってます。それでもこの間に売買をしてたという人の中にはこの長い下り坂の中でどんどんすり減らし、勝った人はほとんどいなかったことでしょう。

そうこの時期は、ヨーロッパでサブプライムローン絡みの証券に問題が発生し、今日まで続く金融危機の幕が開いた時でした。

さて、みなさんならどうしますか?
実際、皆さんにとってもこのころの記憶はまだ鮮明なのではないでしょうか。
みなさんはどうしましたか?

先進国は大きく調整してますが、エマージング株はまだまだ上がっています。エマージング株が最高値をつけるのは翌年の2008年に入ってからのことです。まだまだエマージングは全然上がってる頃なんです。

2007年8月の日経平均安値:15,262円
2007年8月のドル円安値:111円56銭



一気に株安・円高が進みました。

さて、その先へ。



091122-8.bmp

あら?

株価は一気に回復・・・いきなり久しぶりの200越えです。

2008年7月の日経平均高値安値:12,671円
2008年7月のドル円安値:103円75銭

日経平均は渋ってますが、そんな中で高値回復・・・

どうしよう・・・200超えてますよ。

さすがにこの株でもそろそろやばいか?利益確定しといたほうがいい?

でも、この株は優等生みたいだからまだいけるんじゃないだろうか・・・

市場は大混乱してるけどこの株だけはいけるんじゃないだろうか・・・

なんて思ったりしてね。



ではその先へ。


091122-9.bmp


・・・やっぱり Orz

250近くまで行ってたのに・・・いきなり150近くまで・・・

あ・・・今気づきましたけどこのグラフのオレンジの線、ずれてますね・・・すいません・・・その前のグラフが2008年7月末くらいまでなので、このグラフのオレンジの線はもうちょい左に位置してないといけませんね。

世の中では9月15日にリーマン・ショックがあり、マーケットは行ったり来たりしながらどんどん安値を切り下げていきます。

2008年10月の日経平均高値安値:6,994円
2008年10月のドル円安値:90円 88銭

この会社の株も行ったり来たりしながら結局こんな位置。

あーあー。250くらいで売ってればなぁー。



では一気に足元までグラフを伸ばします。


091122-10.bmp

これが現在までのグラフです。日経平均は先ほどの2008年10月の後、さらに2009年3月にも安値をつけます。

2009年3月の日経平均高値安値:7,021円
2009年3月のドル円安値:93円52銭

そして足元。
2009年11月の日経平均高値安値:9,423円
2009年11月のドル円安値:88円61銭

こんな感じ。

でも、株価は300越え。

この間、この銘柄を売買してた人の中で、ここまで投資成果が300を超えている人ってどのくらいいるんでしょうね。1割くらい?



なんでこんな市場で株価は300越えしてるんでしょうね。

実はこの間のこの会社の売上と利益はこんな感じの推移になっています。


091122-11.bmp


利益も売上も伸びてきてるんです。もちろん、短期的には株価は市場の混乱の中で、業績のいい会社の株も悪い会社の株も一緒くたに売られるようなことがあります。実際、この会社の株価と売上・利益の動きを比べてみると全然ちがう時期がたくさんあります。でも、この3年半、という期間で見ると株価がちゃんと業績の伸びを反映してます。

ちなみに利益が1.5倍くらいにしかなってないのに株価が3倍になってるのは、実は私がこの会社の株を買ったときの株価が物凄く安かったからなんです。PERは今でもまぁ妥当な水準くらいですが、その当時のPERはどう考えても妥当な水準の半分くらいでした。ですから、その割安分が適正分にまで調整したのと、利益の伸び、が合わさって3倍になってちょうど、と。私は個別株を買うときは決算書をちゃんと読みますし、成長性と割安度の両方を見ます。成長性が高くてもあまりにも割高なら買いませんし、いくら割安でも成長性がなければ買いません。やっている商売が今後伸びていくと思うか/利益が今後も伸びていくと考えられるか、と妥当な価格か、の両面から考えます。

そうすれば、時間さえかけてあげればちゃんと株価は利益を反映すると考えているからです。実際、この銘柄の投資期間は、いつも私が「最低3年」と言っている3年を超えています。中長期の効果が出始めて、過去のデータが活用できる期間を超えたことが、大きな意味を持っていると思います。実際、こんな株価水準でもちゃんとこういう風になってますしね。

いかがでしたか?
別に自慢をしようと思ってこんな記事を書いたわけじゃなくって、自信をなくてしてる方とか、不安に思ってる皆さんに、こういうのもありますよ、というのをお伝えしたくてこんな記事を書いてみました。



中長期投資とはって話とか短期と長期の違いとか、売ったり買ったりする投機と投資の違いとか、その辺の話をもう一度読み返したいって方用に、リンクをまとめておきますので、よろしければどうぞ。

ご質問への回答<為替の話。株や為替の短期の動きと長期の動き。>
http://jovivi.seesaa.net/article/101217327.html
ご質問への回答<資源株と資源価格の話。短期と中長期の話。>
http://jovivi.seesaa.net/article/101708179.html
中国株と長期投資の効果とちょっとベトナムのこと
http://jovivi.seesaa.net/article/83403382.html
為替のこと
http://jovivi.seesaa.net/article/84316988.html
いくつかお知らせとご報告と最近のアップデートと、あといつもお話ししてること
http://jovivi.seesaa.net/article/79436737.html
新年の挨拶と売り時・買い時の話 株や投信はいつ売ればいいの?
http://jovivi.seesaa.net/article/76115678.html
該当者の方へ
http://jovivi.seesaa.net/article/108637180.html
分散投資の効果、長期投資の効果
http://jovivi.seesaa.net/article/17902378.html
運用・投信でよくある疑問H〜いつ利益確定する?いつ売ればいいの?短期売買と中長期投資のどちら?〜http://jovivi.seesaa.net/article/34026208.html
市場の上げ下げ、中長期投資、あとはインドと中国の話
http://jovivi.seesaa.net/article/54451767.html
運用・投信でよくある疑問B〜投信はダメなのか?<3>〜
http://jovivi.seesaa.net/article/31662362.html
チャールズ・エリスの言葉(2)
http://jovivi.seesaa.net/article/21683836.html
チャールズ・エリスの言葉(3)
http://jovivi.seesaa.net/article/22452954.html
長期投資も見極めが肝心?日本株は長期で持ってもマイナス?

http://jovivi.seesaa.net/article/106494014.html




あと、持ってる株の会社の決算書を読んで、業績をチェックしてみようって方のために、簿記が全くわからなくて決算書が読めないという方でも、そっち系はチンプンカンプンという方でも、誰でもすぐ決算書が読めるようになる、このブログの人気コーナー、「カニでもサルでもわかる簿記と決算書の読み方」略して「カニ簿記」のリンクもまとめておきますので、こちらもよろしければどうぞ!

2006年05月29日
カニでもわかる簿記と決算書の読み方C【キャッシュフロー計算書って何さ】
http://jovivi.seesaa.net/article/18526897.html

2006年05月28日
カニでもわかる簿記と決算書の読み方B【貸借対照表って何さ】
http://jovivi.seesaa.net/article/18484924.html

2006年05月27日
カニでもわかる簿記と決算書の読み方A【損益計算書って何さ】
http://jovivi.seesaa.net/article/18426637.html

2006年05月26日
カニでもわかる簿記と決算書の読み方@【簿記って何さ/なんで決算書なんか作るのさ】
http://jovivi.seesaa.net/article/18412361.html

更に詳しくという方は書籍版を(照)
ど素人が読める決算書の本



今日はこんな感じで。

↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif




posted by ジョン太郎 at 13:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの記事、大変参考になりましたので、拙ブログにて紹介させていただきました。
(不動産投資がメインのブログですが)
Posted by ひで at 2010年01月20日 08:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック