2009年09月11日

世界で一番大きい会社とか世界の国々の時価総額ランキングとか

今日はそんなのをやってみようかなと。



で、時価総額って何?って方はこちらをどうぞ。

2007年10月20日
世界で一番大きい会社は?時価総額って何?
http://jovivi.seesaa.net/article/61535855.html

あと、このへんの記事にもその時その時の時価総額ランキングとか載ってるのでよかったらどうぞ。
2009年05月31日
逆。
http://jovivi.seesaa.net/article/120532481.html

2008年05月24日
世界を駆け巡るマネートレインが停車駅の市場を押し上げる〜時価総額(市場規模)とかベトナム株とかコモディティとか資源とか〜【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/97769902.html

2008年01月14日
中国とかBRICs各国企業の時価総額
http://jovivi.seesaa.net/article/78426104.html




さてと。

世界で一番大きい会社は?ということで世界の企業の時価総額ランキングです。
()は国名、最後の数字が時価総額で単位は10億ドルです。

1. ペトロチャイナ(中国)342
2. エクソン・モービル(米国)340
3. 中国工商銀行(中国)243
4. マイクロソフト(米国)223
5. チャイナ・モバイル(中国)206
6. ウォル・マート(米国)197
7. 中国建設銀行(中国)190
8. HSBC(英国)189
9. ペトロブラス(ブラジル)181
10. ロイヤル・ダッチシェル(オランダ)180
11. BHPビリトン(英国)171
12. BP(英国)171
13. JPモルガン(米国)169
14. ジョンソン&ジョンソン(米国)167
15. プロクター&ギャンブラー(米国)163
16. GE(米国)157
17. AT&T(米国)157
18. アップル(米国)155
19. IBM(米国)154
20. バークシャー・ハザウェイ(米国)153



こんな感じ。エマージングすごいっすね。BRICsって言ったほうがいいか。ってゆうかやっぱり中国が凄すぎですね。日本企業なんてありゃしない。ちなみにトヨタが148で24位。ついでに日本株の時価総額ランキングもやってみますか。さっきのと同じ基準で計算してるので日本株なのに単位は10億ドルです。

1. トヨタ 148
2. NTT 78
3. ドコモ 72
4. 三菱UFJ 70
5. ホンダ 59
6. キヤノン 52
7. 三井住友 42
8. パナソニック 39
9. 任天堂 38
10. 三菱商事 36
11. 東京電力 35
12. 武田薬品 33
13. JT 32
14. みずほ 32
15. 日産 31
16. JR東日本 28
17. KDDI 28
18. 信越化学 27
19. ソニー 27
20. 新日鉄 27

こんな感じ。


せっかくの機会なので、世界の国々の時価総額ランキング、国別にとった各国の時価総額でランク付けしたもの、もやってみます。単位は同じく10億ドル。

1. 米国 12,647
2. 中国+香港 5,092
3. 日本 3,675
4. 英国 2,847
5. 仏国 1,821
6. カナダ 1,471
7. ドイツ 1,334
8. インド 1,124
9. 豪州 1,121
10. ブラジル1,082
11. スイス 1,025
12. スペイン 783
13. イタリア 685
14. 台湾 627
15. アルゼンチン 508
16. スウェーデン 436
17. シンガポール 412
18. 南アフリカ 368
19. メキシコ 317
20. オランダ 290

こんな感じです。ロシアはもうちょい下で249です。GDPだとトップ10に入ってるんだけどねー。



たまにやるとおもしろいですよね。

定期的にやるのが本当はいいんでしょうけど・・・なかなかね。

これからも思いついた時にたまにやるようにします。




↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif


posted by ジョン太郎 at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国は実際に経済規模では日本を抜いていると私も思います…が、各会社のB/S、P/Lとか信頼しても良いのでしょうか?
まあ、それを言えばアメリカや日本も十分怪しく、所詮程度問題なのでしょうが…

あと、中国で心配なのは、基本が社会主義だということ。そして、その一方で、地方閥、親族閥などがあるということ。
"閥"に関しては、古代中国から延々と連なる伝統で、しかも部外者からはなかなかうかがい知れないものですから…

まあ、といいつつ、結構な割合を中国に投資しているのですけど…(^_^;)
Posted by masasan at 2009年09月13日 19:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック