2006年01月31日

こういう時って、

ヴィヴィ子が持ってる小型株投信よりも、大型株・成長株型のほうが↑がりやすいんだって。

じょんたろにーちゃんが教えてくれた。

何故なら企業の決算が軒並み発表されるこの時期、ソニーとか京セラとかみずほFGとか話題的に注目度高しだから。こういう時の市場の牽引役なんだって。

また、小さい企業は場合によっては、わざと決算をこの時期からズラシたりすることがあるんだって。あえてこの忙しいときにしなくてもいいもんね。
注目度的に埋もれちゃうんだね。


それよりも、お馬鹿なヴィヴィ子はついこないだまで、成長株って小さくてこれから「成長」していく会社の株のことだと思ってたよ…とんだ勘違い…ハズカシ。
【関連する記事】
posted by ヴィヴィ子 at 12:27| Comment(1) | TrackBack(0) | ヴィヴィ子メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう時はいつも必ず、じゃなくって、今回は、今は、ね。2005年の前半は大型株が主役でした。みんなおっかなびっくり上値を探っていくから、そういう時大型が上がりやすいです。で、2005年の後半は出遅れてた小型が急に来ましたね。そして年が明けて、ライブドア・ショックもあり、小型はちょっと減速、大企業の決算が3月に集中してることもあり、決算の上方修正の期待もあって、2006年の前半の主役は大型株かなって。
Posted by ジョン太郎 at 2006年01月31日 13:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。