2009年05月17日

今週の話(0517)

今週は今週の話を(?) あ、もう日曜だから先週か。

今週というか先週のマーケットは前の週と逆方向へスイッチした感じでした。

まず、株価が下落。

為替は円高。円とドルだと円高だけどドルもファイナンス通貨なので、運用先通貨安の中でドルも高くなりました。円はそのドルより高くなったということです。

市場はいまだに、



株⇔債券

高リスク資産⇔低リスク資産

低流動性資産⇔高流動性資産

運用先通貨⇔ファイナンス通貨



これらの間でスイッチをしまくる状態を抜け出してません。上のペアの右から左、左から右、へのスイッチが1日単位とか1週間単位で頻繁に起こります。もうちょい長くしても同じようなスイッチ市場。年初からの動きは

年初〜3月の13日ごろ〜5月8日ごろ〜今

この4区間に分けることができます。

年初〜3月の13日ごろにかけては上のペアだと左から右へ。株は下落、為替は円高。

3月の13日〜5月の8日ごろまで、つまり先週末までは上のペアで右から左へ。株は上昇、為替は円安。

5月8日以降は左から右へ。株は下落、為替は円高。

つまり、今週というか先週は株が下落して、為替が円高になった週です。



3月の13日ごろからヨヨヨイ、ヨヨヨイ、あれよあれよという間にするすると上がってきた株価が急に調整。為替も急に円高に振れました。このスイッチの「きっかけ」についてはいろんな人がいろんなことを言ってますが、今の株価の上昇は、氷の張った湖をみんなでビビリながらそーっと歩いてて「そろそろ割れるんじゃないか」「そろそろ危ないんじゃないか」と思いながらも、「もうちょい遠くまで行けるんじゃないの?」「みんなもまだ歩いてるし大丈夫だべ」「まだいけるべ」、こんな感じでみんなで恐る恐る氷の張った湖の横断をしているように見えます。どこかで「ピシリ」なんて音が鳴ろうものなら、もうみんな腰抜けまくり、びびりまくり、それ逃げろと言わんばかり。みんなで一斉に逃げたり、強く踏みつけたり、押すな押すなと醜い殺到をしたり、なんてするもんだから、本来割れるはずのなかったところまで割れちゃったり、その割れる音でまたパニクる人がいたり・・・

一部の人は表面に氷の張った地面を歩いてたりするんですが、その人も足元が割れて冷たい氷の下の湖に落ちちゃう!なんて心配して逃げ始めたりしてね。

もともと今のマーケット心理ってみんなが自分が歩いている氷の下が湖なのか地面なのかをもっとよく考えてればこんな状態にならないわけで、そういう意味では市場がこのスイッチしまくり言ったり来たり市場、という状態を抜け出すためには、市場参加者たちがここをクリアするというのが1つの大きな条件になってくるんじゃないかなと思います。

今はとてもじゃないですが、そんなことは期待できる状態じゃないですね。

3月の13日〜5月の8日ごろの一見イケイケに見えた株価の上昇なんてまさしく、って感じです。8日までのはなくて、その前の週までのやつですけどよかったらこちらの記事のデータをどうぞ。
http://jovivi.seesaa.net/article/118529612.html
まぁほぼ同水準なのでこれで十分です。

セクター毎の株価の上昇率の差なんて本当にメチャクチャ。セクターごとのPER見てもメチャクチャ。そういうわけです。

まだみんな買った負けた、丁だ半だ、前触れだ前兆だ祭りだ底入れだ、危機説だ崩壊だXデーだ、雲の形があの時と同じだツバメが地面すれすれを飛んでた、ヤイノヤイノ、ソイヤソイヤ、と意味不明なことを口にしながら、足元の氷がいつ割れるのかと心配しながら足元の氷の下が湖なのか地面なのかは考えずに恐る恐る渡ると。

この状態が続く限り、スイッチ状態からは抜け出せないでしょうし、その状態でマーケットの短期的な予想をするなんて私にはとてもじゃないですができたもんじゃないです。ハイ。



そして新型インフルエンザ。

これも、よく知りもしない人たちが専門家のフリをしたり、知識人のフリを喋ったりしてて、それを聞いた人たちが、憶測や噂話やうろ覚えの話に振り回されて、煽って視聴率や購読数を増やしたいマスコミの皆さんにいいようにされてたりしますが、皆さん落ち着きましょう。

皆さんを振り回そうとしている人たちや、煽っておもしろがってる人たちや、儲けてやろうという人たちの話ではなく、「事実を伝えようとしている人」の話に耳を傾けたらそれでいいんじゃないでしょうか。こういう時に大事なことは、「誰が正しい情報を持っているのか」「誰が正しい情報を提供してくれるのか」を考えることです。ちょっと冷静になって考えてみれば、こういう時に「儲けよう」「金をかせいでやろう」や「煽って注目を集めてやろう」「集めて視聴率や購読数を伸ばしてやろう」とする人の言うことに耳を傾けるなんてことは、相当な覚悟がないとできないことだということが分かるはずです。こういうときだからこそ、こんな国だからこそ、ワキをしめていきましょう。



そして日本の感染者数はあっという間に100人近くまで増え、そのほとんどの方が渡航歴なしと。

あんだけ言っておきながら全然だめでしたね。

じゃじゃ漏れです。

さすがお役所のお役所によるお役所のための対策。

マジで。

お役所がやるとこうなります、を絵に描いたような対応と絵に描いたような分かりやすい結果。

いつもの通りといえばいつもの通り。

官僚主導の国の運営してたらこうなりますよの典型なんじゃないでしょうか。

何やってもこうですもんね。

北朝鮮の何か飛んで来た場合の対応だろうが、牛肉だろうが、年金記録だろうが、後期高齢者医療だろうが、定額給付金だろうが、高速道路建設だろうが、思いやり予算だろうが、無駄な箱物建設だろうが、カラオケ機購入だろうが、カラ出張だろうが、本質は一緒。

いやんなっちゃいますね。本当に。


今日はこんな感じで。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif






posted by ジョン太郎 at 22:58| Comment(3) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ジョン太郎さん、こんにちは!
ここ何ヶ月か時間がたっくさんあるので
思いっきり、
日本個別株にはまって見ました。

『市場に愛はない!』

本当にすっごい世界ですね。
わたし思わず
癒しミュージックを買いました。。

いつも尊敬して拝読させて頂いております♪

Posted by グリーン at 2009年05月18日 00:44
どうもご無沙汰してます。
給料日を目前にしてのインド株爆騰にショックを受けております。。。

まだまだ買い足りないのに、郵政選挙後の日本株みたいなことになったらイヤですねー。
(ま、さすがにそこまではないと思ってますけど)

株価だけ見てると、なんかよく分からないうちに、ウヤムヤのうちになんとか底打ちできそうな空気も感じなくもないんですが、やっぱり世間の皆様と同じく疑心暗鬼というか何というか。

GMの処理とか例のストレステストとか時価会計の緩和とか、何か「公的粉飾決算」みたいな印象も拭えないんですが、ジョン太郎さんはどう感じておられますか?
やっぱり金融の世界で生きる方も胡散臭さを感じておられるんでしょうか?

この分だとジョン太郎さんの言う「氷が割れた」時にはまたすごいことになるかもしれませんね。
私自身は自分の足元の氷の下は地面だと信じて全力疾走中ですが・・・・
Posted by くあむ at 2009年05月20日 11:42
グリーンさんへ、
こんにちは。コメントありがとうございました!お返事遅くなってしまってすみません。
個別株の成績はいかがでしたか?こういう相場の動きがスイッチした時は、その前の情報、データ、やり方、考え方などが急に約立たなくなったりするんで、大変だったんじゃないでしょうか。
これからもどうぞよろしくお願いします。

くあむさんへ、
こんにちは、ご無沙汰です!
どう感じているか・・・うーん、難しいですねー。私の素直な気持ちは、そういうのは全部この「スイッチバック行ったり来たり市場」の中で次々に起こるイベント、くらいにしか思ってないんですよね。そういうのに対して「意味」とか「マイルストーン」とか「今後への示唆」とか「兆候」とかを求めちゃうと、まさしくその「スイッチバック行ったり来たり市場」の中で右往左往する人の一員になっちゃうので、こういう1つ1つのイベントに対して、「意味」とか「マイルストーン」とか「今後への示唆」とか「兆候」とかをできるだけ求めないようにしてます、というのが本音に近いです。できれば全部「あっそう。それで?」くらいにしたいです。というかそうしてますね。ほとんど全てのものを「あっそう。それで?」で流してます。
私も自分の足の下の氷は、地面の地表に氷が張っただけだと信じてますんで、「割れたら」なんてことは考えてないですね。割れないと思いますし。それでも割れるっていうんなら、「じゃあ割れれば?」って感じですw
「いいよ、そこまで言うんなら割れても。そんだけ割れたいんなら割れろ。むしろ割れるもんなら割れてみろ、コノヤロウ」くらいに思ってます。
これからもよろしくお願いしますー。
Posted by ジョン太郎 at 2009年05月24日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック