2009年03月15日

週末って本当にあっという間に終わりますね・・・

やっと心も身体も休まり始め・・・ってところで週末って終わっちゃうんですよね・・・こっからがいいとこなのに・・・


明日の朝はWBCの日本vsキューバもありますしね・・・朝5時からだけど。私はいつも朝早いので全然大丈夫なんですが、終了まで見れないのがね・・・Orz


リーマン・破綻から今日で半年だそうですよ。もうそんなに経った?って感じもするし、その後もあまりにもいろんなことがあったせいか、もっと昔のことのようにも思えて、まだ半年しか経ってないの?って感じもします。

リーマン破綻直前の昨年9月12日の日経平均は12,214.76円、ダウ平均は11,421.99ドルでした。先週末3月13日の終値は日経平均が7,569.28円、ダウ平均は7,223.98ドルでしたから、それぞれ下落率は−37%、−38%ってことになります。新興国全体も−36%くらいで、ヨーロッパは−45%くらい。ヨーロッパの下げがやっぱりきついですね。あ、日経平均以外はドルベースなので、円ベースに直すと円高効果もあって円ベース騰落率はもっときついです。

ちなみに、最近の高値は日経平均が08年7月9日の18261.98円、ダウ平均が08年10月9日の14,164.10ドル、ですから、そこから足元までの下落率だと日経平均が−59%、ダウ平均が−49%です。日本株の下げの大きさがよく分かります。

でも、今の水準でも、ブラジル株なら2005年末から投資してる人は+14%、2004年末から投資してる人は+79%、2003年末から投資してる人は+145%、2002年末から投資してる人は+427%、です。

中国株なら、2005年末から投資してる人は+31%、2004年末から投資してる人は+57%、2003年末から投資してる人は+59%、2002年末から投資してる人は199%、です。

「投資開始したタイミングによる差」と見るか、「ここまで投資してきた期間による差」と見るか、は意見が分かれるところだと思いますが・・・



当然ですが、大事なのは運用をやめる時のパフォーマンスであり、ここから先のパフォーマンス、ここから先どうするか、です。過去は過去であり、過去に戻って今知っているデータを元に過去のアセットアロケーションを変えて現在までのパフォーマンスを変えるなんてことはできないわけですから。

そして、ここから先のパフォーマンスを決めるのは、「ここまでいくら下がってきて今の位置にいるのか」とか「あなたが買ったところからどのくらい下がってきたか」とか「自分が買ってもう3割も下がってるんだからそろそろ」とか「ちょっと前まで●円、●ポイント、だったんだからそろそろ反転」とか、ではないです。株価は過去を振り返りません。「随分遠いところまで来ちゃったからそろそろ引き返そうかな?」なんて思って引き返したり、「もう4割も来ちゃったから半分くらいのところまで戻ろうかな」なんて思ってリバウンドしてみたり、なんていう生き物じゃないです。

以前、この記事
http://jovivi.seesaa.net/article/94764346.html
でご紹介したアンソニー・ボルトンの言葉、覚えてますか?

「株式の購入価格を忘れる  購入価格にはまったく意味がなく、ただ感情的に重要なだけです。」

ど素人がはじめる投資信託の本の中彼のこの言葉をご紹介して、解説させていただきましたが、「買った値段を忘れる」というのは私は非常に有効なアプローチだと思ってますし、オススメしています。

皆さんも一度、買った値段をひとまず忘れてみて、今の自分がこれから投資をするなら何に投資をするか、これからもっとも良いパフォーマンスをあげると思うものは何か、自分にとって今もっとも魅力的だと思う投資対象は何か、を考えてみてはいかがでしょう。この1年のパフォーマンスの延長線を想像して投資方針を決めるよりずっといいアプローチだと思います。



北朝鮮の「人工衛星」の打ち上げは4月4日〜4月8日の間らしいですが、果たしてどうなることやら・・・そこ海外出張の予定とか入らないかな・・・


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif






posted by ジョン太郎 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

こないだはわざわざ
私の為にコメント返信の
日記ありがとうございました

またちょくちょく覗いてます

うちの所も
月初に公募増資を行いまして
お客さんに喜んでくれるかなあとドキドキしましたが
ダウや日経が少しでも上がるとやはりホッとします

でも、本日のブログ読ましていただいて
感じた事がいっぱいでした

たった半年
振り返ってみれば
あの時の日経は1万以上だったんですね

短期的な未来ばかりを考えてた事に気が付きました

7700円で喜んだり
ちょっと高くなっちゃったなって
思ってたらダメですね

少し振り向けば
今の位置が確認できます

ブラジル
中国しかり

年数のリターンすごいですね

いつも
別の視点と
細かいデータ

大変参考になります

Posted by さぶ at 2009年03月17日 14:15
さぶさんへ、
こんにちは!コメントありがとうございました!お返事遅くなっちゃってすみません。
もうすぐさぶさんの社会人1年目も終了ですね。あっという間だったんじゃないですか?私も社会人1年目の1年は本当に一瞬で終わってしまったと感じた記憶があります。
で、せっかくいろいろ覚えたところだったのに、社会人1年目を終えようとするこの時期に異動を言い渡されたのを今でもハッキリ覚えてます。そこで出会ったのが投資の世界なわけで、今の私があるのもその時の異動のおかげなんですけれども・・・
社会人の1年って本当にあっという間に過ぎていってしまいます。嫌なことも楽しいことも嬉しいことも辛いこともあっという間に通り過ぎちゃいますから、あんまり小さなことに悩んだりせずにその時その時を大事に、突っ走ったらよろしいかと思います(笑)私はそうやって今日まで生きてきました。
このブログが社会人2年目のさぶさんにもお役に立つサイトであり続けられるように頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いします!
Posted by ジョン太郎 at 2009年03月22日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック