2009年03月11日

今、学べること、今、感じられること

ギン子に引き続き、ギン子の余勢を駆って、ちょこっとだけですけど。こういう時じゃないとなかなか意識できないだろうなってのをふと思いついたもんで。



その時にしか学べないことは、せっかくですから学んでおきましょう。

その時にしか体感できないことは、せっかくですから体験しておきましょう。

今日はそんな感じでいきます。



為替、円安基調変わらずですね。日本人が買わずに外国人投資家に買い支えられてかた日本株の構造は全く変わらず、こちらも外国人が買わない中、買い手不在でじり安が続いてますね。



もちろん、出てくる経済指標が悪いってのはあります。そして久しぶりの経常赤字、貿易赤字、と優秀な政治家と官僚のみなさんのおかげでブレーキのかからない財政赤字、景気対策もまともに打てない、政治にリーダーシップ不在、いつもの官僚主義のいつもの場当たり・その場しのぎ・前例踏襲、中川氏のアレ、小沢氏のアレ、その間に更に深刻化する景気と雇用と資金循環、とまぁ失望する材料は枚挙に暇がないわけですが、私も含めて私たち日本人がどうも意識が薄れがちになるのが、地政学リスク。ギン子もさっき投稿してくれたロシアの記事の中でちょっと触れてましたね。


地政学リスクってのは、その国のあたり、地理的エリアの、政治的・軍事的・社会的な問題に起因するリスクのことです。一番わかりやすいのは戦争や紛争の勃発で金融市場が機能しなくなるとか、取引が停止になるとか、資金が凍結して引き揚げもできなくなるとか、そういったリスクです。



日本は平和ですしね。地政学上のリスクとして北朝鮮の存在がありますが、これまであまり顕在化してきてないですし、なんだかんだ言って四方を海に囲まれてますしね。北朝鮮は韓国にとっての地政学上のリスクとして、強く意識されてます。これがMSCIワールド指数に韓国が未だに入っていない理由の1つです。MSCIワールドに入ってておかしくないのに、いまだにMSCIエマージングにいる韓国、台湾、イスラエル、にはいずれも地政学リスクがあって、韓国は北朝鮮と、台湾は中国と、イスラエルはパレスチナ、との地政学リスクを強く意識されています。



日本には宗教の問題や人種の問題もあんまりありませんが、地政学上のリスクに対する意識も、やっぱり陸続きの国がないってせいも大きいんでしょうがちょっと薄いんじゃないかなと思います。そういう意味で言ったら、あとはオーストラリアとかニュージーランドなんかもそうかもね。



で、北朝鮮が「人工衛星」を打ち上げようとしてますよと。で、『うちの可愛い「人工衛星」君を、もしも打ち落としてくれるようなことをしやがったら戦争になりますよ。』と言いましたと。



98年8月に日本の両側にミサイルが2発北朝鮮から打ち込まれた時にも、「人工衛星」だと言ってましたね。私はその時ヨーロッパをしばらく旅行していて、久しぶりに母親に電話をして、「そっちはどう?」って聞いたら


ジョン母「あー、なんか北朝鮮からミサイルが飛んできたわよ。」

ジョン太郎「え!?!?何それ?ってゆうかどこに?うちに?日本に?え?どういうこと?」

ジョン母「よくわかんないけど。」

ジョン太郎「日本なの!?日本に北朝鮮からミサイル飛んできたの?」

ジョン母「日本みたいだけどねぇ・・・」

ジョン太郎「日本にいて、日本にミサイル飛んできてわかんないの!?」

ジョン母「お母さんよく分かんないのよ。とりあえずうちは大丈夫よ。」

ジョン太郎「まぁそうなんだろうな・・・ってゆうかもうちょっとなんかわかんないの?」

ジョン母「分かんないし、帰ってきたら分かるんだから、帰ってきたらゆっくり調べなさいよ。じゃあね。」

ジョン太郎「ちょっ・・・待てー」

ジョン母「気をつけてねー(電話切れる)」




・・・そんな母との会話のほろ苦い思い出が甦りましたが、



そんな母親は




いまだに元気で年々パワーアップしてきてます。おそろしや。


まぁ健康なのはいいことだ。


健康に勝る幸せは無いですしね。




はいいとして、日本売りに、地政学リスクに対する嫌気も含まれてるのかもなって意識はもっといたほうがいいんじゃないのかなと。


日本人は意識しなくても、他の国の人たちは地政学リスクや、宗教の問題、人種の問題、などに日本人よりずっと敏感で、ずっと強く意識をしていて、ってのは他の国の人たちから見た自分たちの国や、外国人投資家の日本を見る目、を知る一つの材料として大事なんじゃないかなって思います。もちろん、私たちが他の国のことを見たり、他の国のことを学んだり、他の国への投資を考えたり、って時にも大いに役に立つと思います。


わたしたち日本人には希薄かもしれませんが、他の国の人たちは意識してるもの、という感覚をもって物事を見るというのはきっと役に立つと思いますので、書いてみました。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif






posted by ジョン太郎 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック