2009年02月17日

ユーロの話とかヨーロッパの話

ちょっとだけユーロとヨーロッパの話を。


あんまりいっぱい書くつもりはないです。ちょっとだけ。昨日、アイルランドのCDSが跳ね上がりました。

その前に、CDSって何よ?って方はこちら
http://jovivi.seesaa.net/article/107924416.html
http://jovivi.seesaa.net/article/108587762.html

前日比+49bpsの378bpsまで跳ね上がりました。もちろん過去最高。これはどのくらいの水準かって言うと、ブラジルが377、コスタリカが362で、ブラジルやコスタリカの保証料より高いってことです。アイルランドの格付けはもちろんAAA、ブラジルはBBB−、コスタリカはBBです。

他にも、
A−のマレーシアが263
BBB+のタイが269
Aのチリが269
A+の中国が224

・・・とAAAのアイルランドのCDSが378という数字を示す凄まじさが分かると思います。

ちなみにこないだのこの記事
http://jovivi.seesaa.net/article/113834745.html
の時は2月5日の数字だと思いますが259になってますね。それから10日ほどで378まで上がってしまったと。ちなみに1年前は22。

ヨーロッパの国々が政府レベルそして民間の金融機関レベルでとっていたリスクについてはここで何度もご紹介している通りですが、こないだの記事の表が分かりやすいんじゃないかなと思います。よかったらこちらをどうぞ。
http://jovivi.seesaa.net/article/114081920.html

で、結局、ユーロ大丈夫か?って話になりやすいんですよね。それにユーロ圏には、マーストリヒト条約もありますからね。マーストリヒト条約ってのはいくつかの側面を持ってますがここで言うのはユーロ加盟の条件を定めた部分です。その中に「ユーロに加盟する国は財政赤字がGDPの3%以内じゃないといけない」って条件があります。するとね、要は「赤字覚悟で、一瞬大量出血するけど緊急事態ということでそこには目をつぶって思い切った財政出動をして景気回復」がしにくくなるわけです。だって財政赤字がGDP比3%以内ってのがユーロ参加国の条件で、加盟国はGDP比3%以上に財政赤字膨らましちゃいけないってのがルールなんだから。こういう時にこういうのが足かせになっちゃうのね・・・

ユーロがこんなじゃ東欧のしんどそうな国に支援する余裕があるのかって話にもなりやすいですね。というわけでヨーロッパに対しては市場参加者は結構神経過敏になっているような印象を受けます。しばらく気をつけて見ておいたほうがいいです。またなんか気になったこととか、皆さんにお知らせしといたほうがいいようなことがあればこちらで適宜お伝えしていきたいなと思います。


そしてこの記事
http://jovivi.seesaa.net/article/113906970.html
でAIGの株価が1ドル割れをしたというニュースを貼っておきましたが、AIGの株価は先週2月10日からずっと1ドルを割りっぱなし。今日も市場が開くなりいきなり10%以上下げてます。ってもうこの水準になると、何%って表示はあんまり意味ないけど・・・とりあえず今80セント割り込んでます。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif






posted by ジョン太郎 at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョン太郎兄さん、こんばんはです。
アイルランドはねえ。。。やっぱり金融大国はつらいですねえ。
ユーロ圏は加盟国間での国債のスプレッド拡大も著しく、ちょっと債券マーケットでは話題ですよね(笑)。まあ、ユーロ圏だからといってほぼ横並び評価だったこれまでがおかしいんだ、という意見もあり、それも尤もかなあと思ったりしますが。。。

ユーロという考え方が成功するのかどうかはすごく興味ありますね。
金融政策の自由度はなくなるわけですけど、外貨リスクは解消できますからね。
何十年か後、ユーロ導入や今回の金融危機ってどういう風に評価されるのかなあ・・・
Posted by ギン子 at 2009年02月18日 00:16
本,一気に気合いを入れて読み切りました。
基本の大切さがひしひしと感じられます。
ウロウロと寄り道をしないで王道を勧めとの教示かと独断解釈しております。

「はじめに」にて「想い」が述べられていますがその想いの目的は十分に達成していますね。良書です!。

このような本と出会えたことに感謝します。

ただ1つ,不思議なのは「はじめに」があるのですから「おわりに」があってもいいのでは・・・。
Posted by 夢の如し at 2009年02月18日 10:48
ギン子へ
コメントありがとうー。返事遅すぎだね・・・
ユーロの行く末は大変興味深いですねぇ・・・人類初の試みって規模だしね。
ワタクシの人生と同じくらい行く末が全く分かりません・・・完全に不透明な(ry

夢の如しさんへ
こんにちはー。コメントありがとうございます。また、本のご感想をいただきまして、ありがとうございます。
王道などという言うつもりは全くないんですが、あまりにもメチャクチャな本が多すぎて、そういう本が売れてて、もてはやされてて、中身なんかムチャクチャでも専門家とかって称して書いてる人がいっぱいいて、そういうのを信じちゃう人たちがたくさんいる、って状況を何とかしたいという想いを強く込めて書いたつもりです。
「はじめに」があって「おわりに」がない本はいっぱいありますし、本の内容を考えると「はじめに」があって「おわりに」がないというのはちょっとなんかニュアンスがこもってる感じがしていいんじゃないでしょうか。もちろん、そこまで考えてそうしたわけではないですけれども。
これからもよろしくお願いします!
Posted by ジョン太郎 at 2009年02月25日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック