2009年01月14日

減税効果って…(消費は期待薄↓)

昨今、各国が景気刺激策を続々と発表していますよね。
新しい年も始ったしオバマさんももうすぐ本格始動ということで、今日はそんな話を。ちょっとご無沙汰でした。何について書こうかな?と悩んでいたのですけれども。

2009年の世界経済は例外なく厳しい、というのは共通認識かと思います(株式市場のリターンは別の問題として)。
そんな中、当然各国政府は様々な景気刺激策を打ち出してくるわけですが・・・
政治的にはやむを得ないとしても、この時期に個人向けの減税とかどうよ?と思う今日この頃。
同じ財政負担でやるのであれば、法人向けの投資減税とか公共投資に使った方が、実体経済へのプラス効果は間違いなく大きいわけですし・・・
もちろん、「皆さんの税金で集まったこの予算を使って、企業向けの減税と公共投資だけやります!個人への直接的な還元は一切行いません!」なんて宣言した日には、世論爆発&議会制の場合には議会の決裁下りないと思いますけど(笑)。

今って景況感の悪化が本当に著しいので、仮に個人向けに減税してもその分は貯蓄に回ってしまって消費に行かないんですよね。なので、景気浮揚効果はあまり期待できません。
更に信用不安の問題が解消してこない限り、銀行もリスク取りませんので、新たに集まった預貯金でさらにお金がだぶつくというわけですね。

企業向け投資減税というと自分たちに直接関わりのない所にお金がばら撒かれるような印象ですけれど、投資に係る税の軽減であれば設備投資を誘発する効果が期待できますし・・・(使われなければ財政は傷まないし)
公共投資もいま一つ発注のクリアさに欠ける(笑)のと、どうしても効率が悪くなりがちな点が今一歩ですが、雇用対策にもなりますしね。まあ、先進国の場合には基本的なインフラが一通り揃っているので、新興国のような活用の仕方は少し難しいですけど・・・

個人的な意見ですが、定額●付金のアイディアなんて以ての外!という感じですね。あれを返上するの何のというのは本当に無駄な議論ですね・・・もう少し他の事にお金も議論の時間も割くべきだと思っておりますけれども^^;

景気回復は(米国で)早くて今年の後半というのがコンセンサスですが、リスクシナリオに突入しないよう、導いて頂きたいものですねえ。

↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村株ブログ 投資信託へランキング参加中!

FC2 Blog Rankingb_03.gif


posted by ギン子 at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ギン子のお金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギン子おつかれー。俺が投稿した直後だからとか記事流れちゃうからとか考えずに書ける時に、書きたい時に、好きな時に、書いてねー。トップページの記事も10個まで表示されるし、読んでくださってる皆さんも楽しみにしてくれてると思うので、マジメな話でもフマジメな話でも独り言でもいいのでどんどん書いてください。


景気対策ねー。

いろんな角度から考えるヒントになればってことで、あえてギン子と逆の意見を言ってみますけど、アメリカのGDPに占める個人消費の割合や、日本の滞留しまくって澱みまくって全く動かなくなってる個人金融資産の活用、を考えるとアメリカでも日本でも個人向けの政策のほうが効果あるかもよ。

アメリカにも日本にも、イギリス方式がいいんじゃないかなと私は思ってます。期間限定の消費税引き下げね。「これから1年間限定で消費税1%引き下げます!1年後には今の消費税率に戻します!」って言ったら車とか家とか大きい買い物を考えてる人なら前倒ししようかなとか考えるだろうし、腐らないものとかなら買い溜めしとくかとかって考える人も出てくるだろうしね。

もちろん、政府はお金を支出しないけど税収が減るので財政は同じく悪化するけどね。それは支出を増やしても税収を減らしても財政は悪化しますから。ちなみに消費税の税収は年間10兆円くらいなので1%下げると2兆円の税収減。2兆円をひとり1万2千円ずつ配って貯金されるよりいいんじゃない?思い切ってゼロにしても10兆円ですからね。合わせ技で贈与税UP&贈与税DOWNをやるとかね。この国の1400兆円の1000兆円分以上を60歳以上の人たちが持ってますからね。若い人に資産が移転するだけでも消費や投資は増えるんじゃないかな・・・

でも、どんなアイディアでも、大概のアイディアはこの国の国会でぐちゃぐちゃやってる定額給付よりもマシだと思いますけどね。あれよりひどいプランってなかなか思いつかないもの・・・

なーんていう感じで。

ここは議論の場じゃないので、ギン子はこう思う、ジョン太郎はこう思う、以上、でそれまでで全然OKだと思うのでこんな感じで。正解を見つけたりお互いや読者の皆さんに同意見になってもらったり、説き伏せたりする必要はないしね。

これからもよろしくー。
Posted by ジョン太郎 at 2009年01月16日 00:26
ジョン太郎兄さん、こんばんは!
コメントありがとうございますー♪
個人的には、消費税(VAT)下がったりすると嬉しいですけど・・・まあ、どうなんでしょうねえ。
どの政策にしろ、スピード勝負ですよね。
麻生さんの経済対策、実行はいつになっちゃうの?!って感じです。

しかし、一通り経済対策が終わった後の国債マーケットとか怖いですねえ・・・どうなるんでしょう??
最近金利の動き方もすごいので、結構気になってます。
Posted by ギン子 at 2009年01月17日 00:15
ギン子さん、ジョン太郎さん、こんばんは!

定額給付金、もううんざりですね。

80%の人が反対だそうですがこれだけがたがたしてたらせっかく期待してた人の気持ちもしぼみますよね!!もともと効果疑問だったのに限りなくゼロに近づいたりして・・・!

あ〜あ何やってんだか!!ほんとちゃっちゃとスピーディにやってくれないと人の気持ちなんてすぐ変わるのよ、麻生ちゃん!

ほんとどう使ったら一番効果あるんでしょうね、2兆円。


期間限定消費税減税、ちょっと良いかも!?


<ちょっとがまんしようかな>と思ってる人も今年限りと思うと<買っちゃおうか>と思いそうですよ!うちも冷蔵庫古いし・・・エアコン調子悪い・・・洗濯機も心配やし、そうそうデジタルテレビ買わなきゃ!!欲しい物結構あるのに12000円じゃぜんぜん足りないし・・・やっぱり消費税減税のほうが良さそう。車とか家とか高価なもの売れるでしょうね!(私そうなったら実は金を買いたいんですが・・・)


ピラミッドは雇用対策で造られた、と言う話をどこかで聞いたことがありますがこの際100年に一度の大不況を記念して何か大きな物を造っては?(2兆円じゃぜんぜん足りないかな?)



オバマさんが戦争をやめてみんなの期待どうりにアメリカに明るい未来を実現してくれますように!今はそれを願うのみです。
Posted by ゆうこりん at 2009年01月18日 21:09
>ゆうこりんさん
こんばんは、コメントありがとうございます!
そうですよねー・・・政策についてはそれぞれ色々意見があろうかと思うんですが、定額給付金だけは納得がいきません!なぜあんな使い方を・・・orz
減税と一言で言っても、どの税金を対象にするかで全然効果が違ってきちゃいますよね。この日のエントリで書いた通りではありますが、今個人向けの減税やっても大部分が貯蓄に回っちゃいそう・・・というのが私のイメージです。
でも、住宅市場は早く持ち直して欲しいですね!(特にアメリカ)

いよいよオバマさん就任ですね!
もちろん景気後退の流れが急に逆転するわけではありませんが、昨年来の暗ーいトレンドを変えてくれることを祈るばかりです。
Posted by ギン子 at 2009年01月19日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。