2009年01月12日

アメリカの国債とか財政赤字の話とか

いっさんさんに頂いたコメントへのお返事で、今日はアメリカの国債とか財政赤字の話をちょっとしてみますよ。



いっさんさんから頂いたコメントはこちら。
http://jovivi.seesaa.net/article/112412875.html#comment
(一部抜粋)
アメリカも財政赤字が08年より倍増ということで今後さらに大変だとか。一部では米国債がバブル状態と聞いたのですが、やっぱり危ないのでしょうか?




えっと・・・何から話したらいいんだろ・・・

たぶんいくつかの観点からお話をするしかないと思うんですが、いくつかの観点から考えながら、いくつかの観点から書きながら、私の頭も整理していきたいと思います。



まず、

【アメリカの財政赤字が膨らむ】

これは間違いないですね。景気対策でメチャクチャお金使うわけですから。オバマ氏の景気対策抜きでも、税収の減少や金融問題処理やイラク戦争費用なんかで今年よりも赤字額が膨らんで1兆2,000億ドルくらいになる見通しというのが既に出てます。オバマ氏はこの上に8,000億ドルの景気対策をやると言ってるわけですから総額はとんでもない金額になります。

・・・って言っても金額がピンとこないですかね。たぶん150〜200兆円くらいの赤字になるんだと思うんですが、日本の赤字と比べるのがいいでしょうか・・・一昨日のGDP比ベースじゃなくって金額ベースでね。


昨年のこの話
http://jovivi.seesaa.net/article/111154358.html
の中で90兆円近くなるってお話しした日本の09年度予算は結局どうやら89兆円で着地な感じ。一方の税収は46兆円で、これ以外にウワサの埋蔵金取り崩し収入なんかもあるので、「国債を発行して借金しないと払えない赤字額」は33兆円。

ところで、これは一般会計の総額で、実はこの国には特別会計というのがあって、これは以前から塩爺さんが「母屋でおかゆをすすって離れですき焼きを食ってる」と指摘したり、あっちこっちから批判されてる中でもしぶとく存続している不思議な制度。ちなみに「離れで食ってるすき焼き」特別会計は09年は355兆円!会計間重複を除いた統計ベースでも169兆円!これの赤字額、収支額は・・・わかんないんですよね。ものっすごいわかりにくいんですよ。特別会計って。情報開示の姿勢も積極的とは言い難いですしね。とにかくわかりにくくて不透明であんまり開示してない、ので使う側にとっては物凄く便利なんでしょうね。特別会計の収支がトントンだったとしても一般会計の赤字がありますからね。そしてこれらの数字には景気対策は含まれてません。まぁ、うだうだ言いまくってるバラマキをやったとしても2兆円程度なんでたかがしれてますけどね。

で、アメリカの経済規模は13.8兆ドル、日本は4.4兆ドル。

・・・まぁヤバさはどっちもどっちなんじゃないすかね。そのくらいのレベルって感じです。



【米国債がバブル状態?】

これがよくわかんないですね・・・リスク回避や質への逃避の動きで米国債にお金が流れ込みまくって米国債の利回りが低下してるって話ですかね?みなさん、このメカニズムはわかりますか?


たとえば、こんな債券があったとしましょう。
額面:100ドル
期間:10年
クーポン:5%
発行者:アメリカ政府

この債券を私が100ドルで買ったとします。100ドルでクーポンが5%だから毎年5ドルもらえます。ところがここで金融危機発生!みんな米国債がほしくてしょうがない。みんな米国債を買い漁ってます。そんな中・・・



ジョン太郎:「あ、私も米国債もってますよ。こないだ買ったので。」


Aさん:「売ってくれ!100ドルで買ったの?じゃあ105ドルで買う!」


ジョン太郎 : 「105ドルで買ってもクーポンは5ドルしかもらえないんだから、Aさんの利回りは5ドル÷105ドルで4.8%になっちゃいますよ?いいんですか?」


Bさん : 「ちょっと待ったー!俺が110ドルで買う!110ドルで売ってくれ!利回りなんて4.5%あれば充分だ!」


Cさん : 「いやいや、私は120ドルで買うよ!利回りなんて4.2%で充分だ!」




なーんていう具合に債券市場にお金がたくさん流れ込んで、みんなが債券を買い漁ると


債券価格の上昇&利回りの低下


が起こります。今のアメリカ国債の利回りは2%台中盤。歴史的な低水準です。10年国債なんてここ数十年3%割れすらなかったはず。それをみんながムチャ買いするもんだから、価格がどんどん上がって、利回りは低下しまくって2%台に入ってしまったと。みんなリスク資産を売りまくってとにかく安全だと思う米国債を買いまくった結果がこれです。


これのことを「米国債のバブル」って言ってるんでしょうかね。



ここで何度も言ってるように今回の金融市場の混乱で起こっていることは

◆運用先の高金利通貨から、ファイナンス通貨の円・ドルへ

◆リスクが高い資産から、リスクが低い資産へ

◆流動性の低い資産から、流動性の高い資産へ

◆株から債券へ

◆先進国株から米国債へ

◆新興国株から米国債へ

◆REITから米国債へ

◆原油市場から米国債へ

◆コモディティ市場から米国債へ



とにかくひたすらこの動きなわけです。


これで「米国債市場がバブルになっている」、と言うのであれば、「そうですね」とか「そうかもしれませんね」とか「やや資金が流入しすぎな感じがありますね」とかくらいのコメントを返せばいいんでしょうかね。バブルだから価格が下がりそう、だと思うんなら買わなきゃいいじゃん・・・で済ませちゃいたいところですが、もうちょっと頑張ってみよう・・・




そして、ここまでのところで確認すると、


【赤字が膨らんで大変だ】



【米国債にお金が流れ込みまくって価格が上がりすぎてバブル状態だ】

ってのは全然別の問題なんですよね。



前者のほうは、問題なのは「それでどうなるの?」なわけで、その問いに対する答えがもし「赤字が膨らんでアメリカが破綻するかもしれない」とか「借金を返せなくなるかもしれない」とか「デフォルトになるかもしれない」なんだとしたらこれはもう、とんでもないことです。あらゆる金融商品やシステムがぶっとびます。私の想像なんぞとても及ばないような事態が起こります。そんな事態に備えることができるんでしょうかって感じだし、そんな事態に備えている人がいるんでしょうかって感じです。

少なくとも、私が今とっている行動や現在の私の状況は、「そんなことが起こることを想定していない」とか「そんなことになると思っていない」ということになるんだと思います。

だって、もし米国債がデフォルトするかもなんて思うんなら、とりあえずあらゆる金融商品を解約しないといけませんし、保険とか入ってる場合じゃないので保険とかもソッコーで解約して、むしろ金融業界なんかで働いてられないから他の業界への転職準備をして、あ、日本の銀行だって比率はたいしたことないとはいえ結構な額の米国債もってるんだから・・・貸し金庫でも借りとくか・・・とか、もう何から始めたらわかんないくらいです。

「米国債がヤバイらしいよ」なんて言ってる人に是非聞いてみたい。「どうヤバイの?」「デフォルトするの?」「いつごろデフォルトになりそうなの?」「あなたはそれに備えてどんな準備をしているの?」「まさか保険とか入ってないよね?」「まさか投資とかしてないよね?」とかね。少なくとも私はそんなものに備える勇気はないですね・・・・そうじゃなかった時のダメージもでかすぎるし。そして、そうなる前に日本と中国とイギリスと中東諸国がなんとかするんじゃないの?とも心のどこかで思ってますし。

これも銀行で働いていて分かったことなんですが、銀行のすごいところは、その気になればどんな会社でもずっと生き長らえさせることができるというところなんです。どんなに赤字を垂れ流していようが、どんなに債務超過だろうが、資金力のある銀行がお金を貸し続ければ、無理矢理輸血をして血を送り込み続ければ、活かし続けることができちゃうんですよね。それが銀行のすごいところでもあり、恐ろしいところでもあり、気をつけなくてはならないところなんだと思います。でね、アメリカがどんなに赤字を垂れ流そうが、そこに血を送り込み続ければ活かし続けることができるわけですよ。



で、2つ目の米国債にお金が流れ込みまくってるってのは・・・これに符合したりするわけです。ただ、一方で新規発行される米国債の入札が今イチだったり、なんて事態も起きてるわけで、これだけをもって安心、というわけにはいかないと思いますが、米国債をデフォルトをさせるよりひどい事態ってのはそうそうありませんし、私が想像できる範囲で本当にこれ以上ない最悪の事態、なわけですから、世界中の国々がそれを避けるために動くでしょうね。

まぁ世の中には第3次世界大戦や核戦争に備えている人もいるでしょうし、宇宙人がいつ襲い掛かってくるかもしれないのでそれに対する備えをしてるって人もいるでしょうし、そういうのは個人の自由ですから、それに対する備えをするのを止めたりはしません。いろんな考え方がありますから。ただ、興味はあるので、どんな準備をするのか聞いてみたいですけどね・・・

「危ないんでしょうか?」って私が答えられるレベルのものじゃないですね・・・私が聞きたいくらいです。「危ないんですか?」って。



そして、もう一方で後者のほうの【米国債にお金が流れ込みまくって価格が上がりすぎてバブル状態だ】のほうは、バブル状態だから・・・


で、なんだ?


バブル状態だから・・・そのうちに価格が暴落する?ってことでしょうかね。暴落しても額面で償還されるのに?額面金額以上で買っちゃった人は自分の買った値段よりは低い値段で償還されることになるでしょうけど、倍の値段で買ってる人はいないわけですから、半分になっちゃいましたーって人はあんまりいなそうな感じですけどね。

バブル状態だから・・・そのうち値崩れして誰も買わなくなる?・・・うーーーん、誰も買わなくなるってことはないんじゃないのかな?そして、さっきの【米国債はデフォルトするのか?】という問いに対してYESの人は金融の世界にそんなにたくさんいるわけじゃないので、「たぶんデフォルトしないだろう」と思える債券が値崩れして叩き売られてて利回り10%とかで転がってたら、誰かが買うでしょうね・・・

というわけで、一応私なりに、いろんな観点から考えてみて、お話ししてみましたけど、正直言っていまだにいっさんさんのご懸念を私がきちんと理解できているのかわからないんですよね・・・

米国債が紙くずになるかもしれないということをご懸念されてるんでしょうか?

だとすると、そんな事態は私のような人間の想像や推察の範囲を超える問題であって私にはお答えのしようもないですし、私のような人間にとってそのような事態というのは想定して備えをするにはあまりも大きすぎます、くらいしか本当に言えないですね。

本当にいくら突き詰めて考えても、「想像するにはあまりにも大きすぎる事態です」としか言いようがありません。まさしく人智を超えてるというか、私の智を遥かに超えている感じの問題です。米国債は大丈夫、も、米国債はヤバイ、も私がコメントできるレベルの問題じゃないです。まぁ、たとえコメントできるような内容の知識があったとしても、米国債は大丈夫だとか、米国債がヤバイかも、なんて私には怖くてとても言えないですけどね・・・すいません。これが精一杯です。


なーんて時にこんなニュースが出てましたよと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090112-00000009-yonh-kr
【以下引用】
ニセ経済情報で外貨20億ドル消耗、検察推計1月12日15時58分配信 YONHAP NEWS

【ソウル12日聯合ニュース】ハンドルネーム「ミネルバ」と名乗る男がインターネット上に虚偽の事実を流した容疑で逮捕されたことと関連し、検察は12日、この男がポータルサイト「ダウム」の討論場で「ドル買い入れ禁止緊急命令の公文を政府が出した」と書き込んだことで、ドル買いが急加速したと明らかにした。
 検察によると、男がこの書き込みをしたのは先月29日午後2時ごろ。その後、午後2時半から大引けまでのドル買い注文は1日取引量の39.7%に達した。通常、この時間帯のドル買い注文は1日取引量の10〜20%だという。

 また、翌日30日までこうしたドル買いの動きは続き、ドル需要が1日平均(38億ドル)を大きく上回る60億ドルまで跳ね上がり、政府は外国為替市場安定化費用として約20億ドルの追加支出を余儀なくされたとした。

 検察関係者は「容疑者は自身の文章でドル買いが集中し、このため相場を安定させようと政府が膨大な外貨準備高を消耗するであろうことを知りながら書き込みをしたとみている」と話す。男の書き込みはネット上だけで論議され注目を集める水準を超え、実際の外為市場に悪影響を及ぼし、外貨準備高に損失をもたらしたとしている

その他のソース
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200901/2009010800792
【以上引用】





インターネットというのは正しい情報だけがある場所ではないですし、いい加減な人も、詳しくない人も、又聞きの人も、うそつきの人も、悪意のある人も、犯罪をしようとしている人も、騙して儲けてやろうという人も、いろんな人が情報を発信している場所です。という現実に対しては、そこで情報を得ようとする側が気をつけるしかないんだと思います。インターネットの情報を何でも真に受けるというのは危険なのではないでしょうか。

一方、私もこうして情報を発信している以上は、不特定多数の方に読んでいただくことが前提になっていますので、金融関連の法律や規制などに触れないように注意をしてますし、特定の銘柄の推奨や勧誘になったり、作為的な相場形成をしてしまうようなことになったり、インサイダー取引のきっかけを作ったり、風説の流布になったり、なーんてことがないよう気をつけてます。ですから、せっかく頂いたご質問の中にも、お答えできないような質問もあったりするわけですが、そのへんはご理解ご容赦をいただければと。

「●月危機説」とか「●月暴落説」とか「●月●日Xデー」とか平気な顔してお気軽にネット上で発信する人が多いので驚いちゃいますが、みなさんも気をつけましょうね。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif






posted by ジョン太郎 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョン太郎様

私の質問に対するお返事有難うございます。
私こそ抽象的な質問をしてしまい、何が疑問なのかわかりずらかったですよね・・・ほんとスミマセンm(__)m

色々な観点からの回答有難うございます。私がお聞きしたかったのは、ジョン太郎様にお答えいただいた通り、アメリカの財政赤字増大と米国債への資金流入による価格上昇の関係です。そして究極の場合、デフォルトになるのかな?なんて思ったので。
他でそのような事を書いてるのを目にして、意味がよくわからなかったのでついつい質問してしまいました。無知な私をお許しください。
でも、私は勉強になりました。これからも勉強させていただきます。有難うございました。
Posted by いっさん at 2009年01月14日 16:59
いっさんさん、
どういたしまして。

無知とか許すとか、そういうのはないですからお気になさらずに。

むしろ私が強調したいのは、いろんなとこでいろんな人が、適当なことやいい加減を言ってたりしてるので、「正確な情報のほうが少ない」くらいの感覚でいたほうがいいんじゃないかなって点です。私の感覚だと圧倒的に正確な情報の少ないという感じですし、利権や損得の絡んだ発言や情報発信も多いと思ってます(立派な肩書きの人の発言でもね。)。
そして、「たくさんの人が言ってること」「みんなが言ってること」なんてのは全然アテにならないんじゃないかなと思います。
どうぞお気をつけください。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ジョン太郎 at 2009年01月16日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック