2008年12月13日

今週の話1213

今週の話ですよ。


今週、私の知人や友人がたくさんリストラされました。今週だけで一体何人から、「リストラされちゃった」「クビになったよ」という連絡を受けたことか。そういった知らせを受ける度に物凄く暗く重い気分になります。うちの会社は大丈夫だろうとか、さすがに自分は大丈夫だろうとか、思っていた人が突然会社から解雇を言い渡されます。特に外資系の金融機関のクビの斬り方は凄まじく、50人いた部署の40人がクビとか、20人いたチーム全員がクビ、なんて話もよく聞きます。通告のされ方も凄いので、普通に前日と同じように会社に行くと、朝、突然会議室にチームのメンバーが集められて、なんの話だろうと思っていると、ボスから「このチームは解散します。みなさんは解雇になります。今日はこのまま帰っていいですし、もう会社には来なくて結構です。この後人事部から退職の条件や手続きについてご案内します。」と言われて終わりとか、朝会社に行って席について、コーヒーをとり行って帰ってきたら席に上司がいて、ちょっといい?と言われてミーティングルームに行くと、「今日はこれで帰っていいし、明日から出社しなくて結構です。私物はまとめて自宅に送ります。手続き等は追って人事部から。」みたいのとか。本当に青天の霹靂という感じで言い渡されるケースが多いです。また、リーマンやベアをクビになって、この辛いご時世にやっと転職先を見つけて、という人が新しいところでまだ2ヶ月とか3ヶ月とかしか働いていないうちに、それこそまだ試用期間中にまたクビ、なんていうケースも珍しくなく、むしろ最近よく聞くパターンです。

もちろんこういう時ですから、業界全体が人員削減の方向で、募集しているところなんかそんなに多くありません。空きポジションには応募が殺到し、物凄い倍率になります。もちろん、そういう状態ですから、給料や条件面で前職よりも悪くなるケースも多くなります。それでも転職先が見つかればまだいいほうで、多くの人が次の職を見つけられずに苦労してます。お子さんがいらっしゃる人もいますし、社内でできちゃった結婚して照れながら奥さんが「お母さんになって幸せな家庭を築きます」って言って奥さんのほうが退職・・・で半年後に旦那のほうがリストラ・・・とか、これもきついなぁ・・・あとは住宅ローン組んだばっかりの人とか、その家を売却してしまおうにも、買ったばっかりなのにこの不動産市場の下落で買ったマンションが大きく値下がりしてしまい、思い切って売って自己資金部分だけは諦めてローンだけでも返済しようなんて思っても実は値下がり幅はそんなもんじゃなくて結構な額のローンが残ってしまうとか(ノンリコースローンなら、不動産を銀行に渡してそれで終わり、なんですけどね。ノンリコースローンについてはこちらの記事で書きました。http://jovivi.seesaa.net/article/102465893.html)。

地方に出張に行くと、地方もやっぱり凄いことになってます。東京とは比較になりません。物っ凄い景気悪いです。あの状態でもまだ、解散総選挙やれ!とも言わず、次の選挙のチャンスが来ても選挙に行かない人がいたり、今のままでええよんと言ったりする人がいたり、というのが信じられないです・・・地方の景気の悪さときたらありませんね。どこ行っても。シャッターしまってる店が多いし、主要駅の前のビルでもテナント募集の張り紙ばっかり、飲み屋街も閑散としてて、タクシーの運転手さんとかも「生きていくだけで精一杯・・・」とか「朝暗いうちから夜遅くまで働いて月収10万円にもならん・・・」とかって話をしてます。マジでみなさんこのままでいいんですか?・・・いいのか。多数決の結果、いいということになってあの人たちが政権担当して、官僚たちがウマーになってるわけだからな・・・悲しいことです。

そして、唯一景気いいのは、政府。すんごいです。羽振りいいです。来年度は史上初の一般歳出50兆円台のせ。太っ腹。大判振る舞い。今年に比べて来年使えるお金は6%も増えるわけです。すごいです。ちなみに税収は今年に比べて大きく減少。つまり、収入は減るのに支出は増やすというエレガントさ。予算全体の規模も過去最高の90兆円近い水準になる見通しです。

ちなみに今年の予算の、歳出つまり支出は83兆円でした。この83兆円に対して、税収は53兆円しかなかった。つまり、53兆円しか収入がないのに83兆円使ってしまったということで、これは、年収が530万円の人が830万円使ってしまうのと同じです。足りない?足りない分はもちろん、借金するしかないですよね。国債発行して足りない分のお金借りるんですよ。そうやってこの10年ちょっとの間、莫大な借金が積みあがってきてるわけです。昔はあんなにお金持ちだったのに、イタリアの財政とか笑ってたのに、あーゆー赤字国は大変だねーとか言ってたのに、です。あっという間に借金大国に成り下がったと。

そして、使った83兆円のうち、あ、年収が530万円の人が830万円使っちゃってる、のほうが現実感ありますかね。こっちでご説明しましょう。この人の830万円の支出のうちのなんと、200万円分は積み上がってしまっている借金の元利払いです。つまり、実際に使ってるのは630万円、それでも年収に比べて多いんですが、残りの200万円が借金の元本返済(と言っても借り換えしてるだけですが)と利払い。利払い分はなんと200万円のうちの100万円分です。「無理のないマネープランを」とかさ、サラ金のCMのキャッチフレーズを全部まとめて録音して聞かせてあげたいですね。こんな無茶な生活をしている人が来年のマネープランを出してきました。

彼「これが来年のマネープランっす。来年は、今年使った830万円からもう少し多く使いたいたいなって思ってて、まぁ借金の返済とか利息の支払いとかも大変だし、利息だけで毎年100万円も払ってるけど、やっぱ自分の好きなものとかもちょっとは買いたいので、あと、たまには旅行とかも行きたいので、ちょっと余裕もったプランにしようかと思ってるんすけどね。来年は今年の830万だとちょっとあれなんで、870万とか、800万の後半?900万近く?な感じです。」

金貸し「・・・お前、世の中なめてんな・・・まぁ最後まで聞いてやろう。で、来年のアンタの収入は?」

彼「俺っすか?」

金貸し「おめーしかいねーだろ。」

金貸し「2人で話してて『俺っすか?』はねーだろ。」

彼「たぶん470万くらいっす。」

金貸し「今年より減ってるじゃねーか!今年の収入530万だったんだろ!?それが来年470万に減るのになんで使う金額増やしてんだよ!470万しか収入ないのにどうやって900万近く使うんだよ!」

彼「ですから、そのお金を貸していただいて・・・」

金貸し「アホか!お前!返せねーだろ!今でも年収500万で金利だけで100万も払ってるような状態じゃねーか!どうやって返すんだよ!」

彼「・・・まぁ後はなんとかなるかなって?将来の俺がその時考えればいいかなって?その時にまたお金貸してくれる人探せばいいかなって?」

金貸し「お前返す気あんのか?」

彼「もちろんですよ!たぶん・・・」

金貸し「返せねーだろ!だいたいお前、今借金全部でいくらあるんだよ!」

彼「うーーーーーん・・・だいたい8,000万円くらいっすかね・・・」

金貸し「8,000万!?!?!?」

金貸し「8,000万円!?!?!?」

彼「ウン」

金貸し「ウォン?」

彼「ウウン」

金貸し「8,000万ウォン?」

彼「イェン」

金貸し「8,000万円?」

彼「ィェス」

金貸し「バカにしてんのか?」

彼「ィィェ」

金貸し「470万の収入で900万使って、足りない分を更に借金してるようなやつが、どうやって8,000万返すんだよ!」

彼「900万使ったって言っても、今年もちゃんと100万円借金返したから、そのうちの100万円分は借金の返済分っすよ。」

金貸し「その100万は俺が貸した100万じゃねーか。今年も300万くらい新しく貸してるんだから。」

彼「まぁそういう言い方しちゃうとそういうことになるかもしれないっすねー。」

金貸し「言い方の問題じゃねえ!借金しねーと期限来る借金の返済もできねーし、利息も払えねーんだろ!それでまた新しく借金してどうやって8,000万の借金返すつもりなんだよ!言ってみろ!」

彼「まぁ、俺の子供か孫が・・・」

的な感じです。


羽振りがいいの政治家と官僚だけと。


ところで、道路特定財源の話見ましたか?
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20081210AS1K1000210122008.html
ここらへんでも見ていたただければと。ぐちゃぐちゃ書いてありますが、要するにですね、ガソリン税を使っていらん道路とかを作っていたのを一般財源化し、つまり道路整備以外にも使えるようにして、社会保障つまり年金とか健康保険とか膨らみ続けている社会保障費なんかに当てましょうという話。で、道路族から物凄い反発を喰らってたと。福田さんの時におおもめにもめてたやつですね。今回の自民党と公明党の合意内容は、「まず、名称と形式だけ変更しましょう。そのうえで、名称変更後のそのお金は、8割を道路向けに使えるようにします。」というもの。つまり、100円あった、無駄な道路建設に使われてたお金を、その100円全額を社会保障とか他のものに回しましょう、というプランだったのを、100円の呼び方を変えたうえで、20円分は他に回すとして80円分は引き続き無駄な道路建設に使えるようにしときましょう、というもの。道路族にしてみれば100円全部なくなっちゃうのが20円削減の80円残りで踏みとどまることができたと。ガッツポーズです。ちなみにここで100円に例えた道路特定財源は5.4兆円です。この国はこういう国です。この国の与党はこういう人たちです。でも、この国の選挙で、この国の民主主義の多数決で選ばれた人たちですからね。たとえそれが投票率が低い選挙の結果だったとしても、です。という話はこちらの記事(http://jovivi.seesaa.net/article/107017862.html)で書きましたね。麻生さん、早く解散総選挙やりましょうよ。身内の自民党内の投票で選ばれて総理大臣になった身で、その支持率で、この国の国民から選ばれた総理大臣と言えますか?


なんか本当に暗い話ばっかりだな・・・

GM?ビッグ3?どうするんでしょうね・・・破産法申請の可能性も充分あると思います。アメリカの今の状態で、自動車大手を救済する、って法案を通すのって難しいと思うんですよね・・・ジッサイ。どんな形にしたら通せるのかなって考えると、ちょっときついなぁと。経営陣がみんな丸刈りにして、正座して、自分の個人資産の90%を差し出して、これでカンベンしてください、って言ったらいけるかもな、くらいの感じでしょうか。そうなるとやっぱり厳しいかもな、あり得るかもな、とも思っちゃいます。どうなるんですか?って聞かないでくださいね。私も知りませんから。

あとは、南米の国、エクアドルがデフォルト宣言をしました。約束通りに借金返しませんよという宣言をしたという意味です。

まぁ、ろくでもないニュースばかり、暗い話ばかり、ですが、頑張って生きていきましょう。私は今のところクビにもならず、自分の好きな金融業界で働き続けることができていて、お給料もちゃんともらえてて、こうしてたまに皆さんにお話をさせていただくことができて、本当に幸せなんだなって思います。

唯一望むとすれば、

一刻も早い解散総選挙です。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif
posted by ジョン太郎 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック