2008年09月23日

金融業界大変動と自民党総裁選と解散総選挙

漢字ばっかりのタイトルでなんか中国語っぽく・・・別にカタイ話をするつもりはなくて、この1週間2週間くらいの激動の話なんかを。


金融市場の大混乱が続く中で、アメリカの大手投資銀行が次々に姿を消しました。ベアはJPモルガンに、メリルがバンカメに、そしてリーマンのアジアは野村にアメリカはバークレイズに。ところが、これらの会社は大手5社を構成する3社ではあったわけですが、その他の2社、いわゆるピュアな投資銀行であるゴールドマンとモルスタ、の2社はまだその行く末が全く見えていませんでした。

そんな中で出たこのニュース。Bloombergのニュースの見出しを引用すると
“Goldman, Morgan Stanley Bring Down Curtain on Wall Street Era”
「ゴールドマンとモルスタがウォール街時代に幕引き」
です。

2社は「ピュアな投資銀行」ではなくなり、普通の銀行になって、FRBの監督下に入ります。投資銀行という過去20年の金融業界の主役であり花形であったビジネスの両巨頭が、フィールドから姿を消して、違うスポーツに転身し、そのスポーツ自体の存在と存続が色を薄くして薄いグレーになった、といったところでしょうか。なんか本当に私にとって、というか私以外の人にとってもでしょうけど、印象深い場面に立っていますね・・・なんという時代を私は生きているんでしょう。

そして、モルスタには三菱UFJが出資、あとはGSですか。これまでの経緯を振り返れば三井住友・・・ってなるんでしょうかね。もう、最早、という感じですが、日本の金融業界にとっては野村のコメントにあった「千載一遇」のチャンスであることに違いはないと思いますので、打ち損じの無いように是非このチャンスをものにして、金融大国日本のスタート地点にしていただきたいものです。みんなが考える、この国のこれから先の未来のゆるい成長カーブの角度を上げるには、金融分野が一番手っ取り早いと思いますし、これまで充分に活用されてこなかった、日本の眠れる巨大な競争力の1500兆円個人金融資産もあるわけで、チャンスでバッターボックスは巡ってきたからには「次はない」という覚悟でモノにしてほしいです。というか私も金融業界に身をおいている以上は他人事ではないですね。はじっこのほうですが、頑張ります。


と言っている間に、アメリカではまた地銀が1行つぶれ、米銀の破綻はこれで今年12件目。そして今週はこの問題の根元、アメリカの不動産関連の指標が発表されます。前回もお話しした(http://jovivi.seesaa.net/article/106861695.html)ように、「かさ上げされちゃってる部分」は剥げ落ちちゃって然るべき、しっかりとした地面に叩きつけられるまで下落しても不思議はないわけなんですが、あとどのくらいで地面なのか、は分からないわけです。で、実際に不動産価格は未だに下落を続けているし、販売件数も低調。前にも言いましたが、供給をもっと思い切って絞るのがいいと思うんですけどね・・・こんな時期にもせっせこ不動産供給してる人たちがいるわけでそっちに手を打ったほうがいいと思うんだけど・・・

まぁとにかく今は、あらゆる分野で「かさ上げ部分」が吹き飛んでいる、という状態ですし、この状態はそう簡単に終わらないと思います。でも、かさ上げ部分が充分吹き飛んだら終わるわけですしね。それまでにだいぶ多くの犠牲が払われちゃうわけですが・・・

ともかく凄い時代です。いい経験してるなぁ・・・こういう経験は望んでもできないし、お金払っても得られませんからね。しっかり噛み締めて糧にしていきたいものです。金融業界に就職してこの世界に足を踏み入れたばかりで、「今」を経験している若い人たちは物凄くいい経験をしていると思うんですよね。ぐちゃぐちゃでワケわかんないかもしれないですけど、是非ゲンナリせずに一生懸命にこの波の中でももがきながら泳ぎ続けていってほしいです。そうすれば強い体力と泳法と自信が身に付くと思いますし、またいつか来るであろう悪い時期を乗り切れるようになると思うんですよね。物凄い上から目線っぽいですけど、最近後輩たちからも、もう疲れましたとか、さすがにもう無理ですとか、なんかやんなっちゃいました、とか泣き言を言われたりしてるもんで。私も若輩者なんですが、年齢と経験年数だともう中年の部類だと思いますし、こういう時代を経験するのも初めてじゃないですからね。泣き言を言う若者を励ましながら前向きに頑張っていきたいなと。


ところでそんな中で麻生さんが自民党総裁にあっさり決まりましたが、今週の金融業界の大激震のおかげで、報道も自民党総裁戦一色、というわけにもいかず、印象が薄くなっちゃいましたね。素直に解散総選挙をしてもとても政権を維持できるとは考えられない自民党は、突然のショッキングな首相辞任劇→総裁選→話題性のある候補をバンバン立ててあっちこっちで興行のように論戦をして日本列島を総裁戦一色・自民党一色に→選出された新党首が新首相に就任したら総裁選報道の熱気が冷めず民主の影が薄くなっているうちにすぐ解散総選挙→二度も続けて1年という短期間で勝手に一国のトップという最も重い責任を放棄した首相を輩出し、国民の審判もあおがずに身内の選挙だけで総理大臣を選び続けた党だということをアッサリ忘れた国民の支持を得てまた自民党が与党に、みたいなシナリオだったと言われてるみたいですが、もちろん現実は分かりませんがそうだったとしたら、その目論見はちょっと今ひとつになっちゃった感じですかね。ざまぁ(略

金融市場の大混乱と大変動の報道のおかげで自民党総裁選はインパクト薄くなっちゃったんじゃないでしょうか。だいたい、福田さんの辞任の1週間後くらいにやった世論調査で自民党の支持率が跳ね上がってたってのが驚きです。喉元過ぎれば、じゃないですけどあんな辞め方したのに、なんで支持率が跳ね上がるの?意味わかんないです。ホント気分悪くて吐きそうでした。自民党の人たちは先ほどの目論見が事実だったといたら、笑いが止まらなかったでしょうね。これで総裁選で大盛り上がりになって、麻生だ、マドンナ小池だ、石原だ、やいのやいの、ソイヤソイヤ、とお祭り騒ぎでテレビも新聞も自民党一色!代表戦やらずに小沢一本の民主党なんか影薄くなっちゃって選挙の結果は目に見えちゃうぜヤッホーイ!支持率も期待してた以上に上がってるし!で福田さんは自民党の窮地を身を挺して救ったヒーローとして歴史に名を残すと。もうウンザリ。自民党の支持率大幅アップのニュースそれ聞いて本当にこの国はダメだなと思いましたよ。

ところが、今回の金融業界の大騒ぎで自民党総裁選の報道の過熱にはブレーキがかかり、自民党の人たちは歯軋りしてることでしょう。ざまあ(略

間もなく選挙です。この国の意思が問われる大事な選挙です。選挙に行かない人たちは、将来この国のことに文句を言う権利を放棄すると思ったほうがいいです。「自民党がイヤでも他に入れたい政党はない」「どこもイヤ、政治家が嫌い、誰にも入れたくない」「何千万人の中で私1人の票で結果が変わるわけじゃない」と考えるのは自由ですが、私はそれは間違いだと思います。私も超アホだったころ、選挙権をもらったばかりのころそう思っていました。そのころは世の中の仕組みが全く分かりませんでした。世の中のことが分かるようになって愚かな自分が間違っていたことが分かりました。



100人の国があったとしましょう。選挙をやって過半数を得た人が王様になれるという決まりを作りました。選挙は国民のうちの半分以上の人が投票していれば有効、としました。そして、100人から税金として集めたお金を100人のために使い、100人みんなに平等な利益のために使う、という運営をしていました。

ところが、ある時の王様が凄いことに気がつきました。この国の選挙には半分の人しか参加しません。みんな平和な世の中に安心し、「別に今のままでも何も困ってないし選挙に行かなくてもいいや」、「100人のうちの私1人くらいじゃ結果は変わらないしいいや」、「王様は誰がなっても一緒だからいいや」、と考える人たちが増えて、選挙に行く人の数は半分の50人になってしまいました。それでも「国民のうちの半分以上の人が投票していれば有効」ですから、選挙は有効に成立します。この時の王様は30人の人たちのためだけにお金を使うことを思いついたのです。

30人の人たちは超ハッピーです。100人のために使われていたお金が30人のところに集中するわけですから物凄くバブリーです。もちろんその30人の人たちは「次もその王様に王様をやってほしい」と考えます。そしてその人が、今の王様が次回も王様になった時に自分がまたその30人に入れるように、ちょっと王様に選挙資金をあげたり、「今の王様に次もやってもらいましょうよ!」とみんなに言ってまわったりします。

そしていざ選挙です。選挙に行ったのは100人のうち50人。選挙は成立します。選挙に行った50人のうちの30人は王様がお金の使い道を集中している30人です。この30人の人達はどんな用事があっても選挙に行きます。当たり前です。今の幸せを手放したくないわけですから。そして、それ以外の20人の中の数人は、この30人の人たちに「あの王様はいい人だよ。みんなの幸せを考えてくれるいい王様だよ。」「だから次回も今の王様が王様になれるように選挙に行って今の王様に投票しようね。」と言われて選挙に来た人たちです。結果、選挙で投票された50票のうち過半数の35票をとった今の王様が次回も王様をやることになりました。

もし100人のうちの90人が選挙に行ったのなら、王様の「少ない人数にお金を集めてサポーターを作っちゃう作戦」は成立しません。お金をばらまいた30人とその人達が呼び込んだ+5人程度では過半数ラインの45人に届きません。100人のうち90人が選挙に行っているということは、お金をばらまいてもらっていない70人のうちの60人が選挙に行っているわけで、そのうちの一部の人はお金をばらまいてもらっている30人の人たちに言われるがままに今の王様に投票しちゃったりしますが、それでも結構な人数の人たちが何かがおかしいと思っていたり、不満を感じているので今の王様には投票しませんから、とてもじゃないですが、90人のうちの45人の票を集めるには至りません。

かと言ってばら撒く人数を30人以上に増やすとメリットが薄くなってしまい、サポーターの強力さ、今の幸せが続いて欲しいと願う力、次も今の王様にやってほしいという気持ちが薄くなってしまいます。それに、絶対に次も今の王様が王様になる、という自信がないと選挙資金をあげたり、王様からもらった一部の利益を還元したり、サポーターを増やす活動なんてできません。AかBかどっちの王様になるのか分かんない状態、ではどっちの王様に協力したら次回の30人に選ばれるのか分かりませんから、怖くてどっちかの王様に賭けることなんてできません。

つまり、この王様の作戦は「みんなが選挙に行かない」という前提と、「この作戦で次の選挙もちゃんと勝ってワシが必ず次も王様になるから」と30人の人たちに確信させること、で成立する作戦だったのです。みんなが選挙に行った瞬間に簡単に成立しなくなってしまう作戦です。でも、みんなが選挙に行かない状態が続けば永遠にこの作戦は有効で、割を食っている70人の人たちの不満が爆発寸前まで高まり、今の王様を引き摺り下ろせ!という機運が高まってみんなが一斉に選挙に行く、という日が来るまで続けることができる作戦です。



日本の選挙の投票率というのは長期間に渡ってずっと低い状態が続いてきました。世界的に見ても異常なほど投票率が低い状態がずっと続き、長期の安定政権が続いてきました。総理大臣が変わったり、大臣の顔ぶれが変わったり、時々大臣が辞めたり辞めさせられたりするものの、ずっと同じ政党が与党でいることができてきました。

みなさん、選挙に行きましょう。現状がイヤでなければ行かなくてもいいと思いますが、「現状がイヤ」ならたとえ入れたい政党がなくても選挙に行き、最もマシだと思うところに入れ、最もマシなところが無くてどれも等しく全部最大級にイヤならば、同じ最悪の中から「今のところ以外」を選べば「少なくとも今の状態はイヤだ」という意思表示ができます。

大切なことは、「意思表示をしないということは、意思表示をした人の中の多数決で決まってしまう」ということを知ることなのです。さっきの100人の国の例では選挙に行かない人は100人のうちの1人だからと思い込んでいましたが、実際には「100人の多数決で決める中の1票」ではなく「選挙に行った50人の多数決で決める中の1票」だったということに気づくことが大切だと思います。どういう意思でも構わないと思いますし、どんな意思を持つことも自由です。自民党に入れたい人はもちろん自民党に入れていいと思います。

ただ、全ての人が意思表示をすべきであり、意思表示をした人の中で多数決をしていることにみんなが気づくべきだし、一部の人しか意思表示をしないのをいいことにそれを前提に王様をずっとやることができちゃう作戦が成立しないようにすべきです。さっきの王様がたてたずるい作戦が成立しなくなる方法はちゃんとあり、それは凄く簡単で、みんなが選挙に行って自分の意思表示をすればいいだけなのです。

そして、自分の意思表示をした後は、その結果を注意深く見守ってください。私も今回の選挙は大変注目しています。これまでに見た選挙の中でも最も注目しています。この国の多数決の結果がどうなるのか。この国の民主主義が下す判断はどういうものなのか。
この悲惨な過去10年以上の歴史と、
現在の不信や不満、
諦めと絶望に満ちた未来、
に囲まれた人たちがどういう結論を下すのか、が分かる大変意義のある選挙だと思います。「それでも」自民党に票に入れる人がどのくらいいるのか、「それでも」選挙に行かない人たちがどのくらいいるのか、選ばれた与党に国民が何を期待するのか、是非しっかりと見定めてください。「みんながどう思っているか」が分かる滅多にない機会です。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


人気blogランキングbanner_03.gif


FC2 Blog Rankingb_03.gif




posted by ジョン太郎 at 15:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もっとも大切なことを指摘していただきありがとう。儲かった!損したーと騒いでみても住んでいる国がグスグスなら大変です。でも、どんなに大切なことも自分自身の問題にならぬ限り所詮は他人事。これまで、なるほどの多いこのプログで語りかけられると本気になれます。ひとりの人間の力なんてしれたもの、でも折角ある民主的な制度、自分の思いを表示し主役になる滅多にないトキだと思います。
Posted by tobe at 2008年09月24日 11:36
今朝アメリカの原子力空母が横須賀港に配備されるというニュースを見ました。もう何でもあれ、か?大事な事が国民が何も判断しないうちに、すっと他国の思惑の中に取り込まれてしまっている。これで良いのだろうか?それを許してるのは私たち大人。これで大切な自分達の国が守れるのだろうか?
食の偽装、ありえない教育委員会の堕落。国のリーダーの職責のほっぽり出し。こんな事が次々起きてもまだ私たちは他人事で済ましてる。本当に私たちはこの国を愛しているのだろうか?あたりまえに受けている平和と自由を大切なものと思っているのだろうか?子供達、若い人達の未来を真剣に考えているのだろうか?今日のブログを読んで反省させられました・・。選挙で投票するというのは自分のそういう気持ちを確認すること。今回は私も自分の周りの人たちに働きかけようと思います。
Posted by yuukorin17 at 2008年09月25日 03:02
ジョン太郎さん始めまして!
いつもご教授頂き有難うございます。
私は投資信託デビューをしてから約半年の初心者です。ジョン太郎さんの記事はプリントアウトし、私のお勉強ノートにファイリング、そして投資信託のMY参考書として赤線引きまくりで勉強させて頂いております。おかげで、本屋さんで投資信託の本を買う必要がなくなりました。有難うございます。
このたびのリーマンの破綻や、金融関連のニュースをみてふと思ったことが・・・
金融機関が破綻したとき、自身の投資信託はどうなるのか??ということです。
私の解釈は、投資信託のお金は投資会社の資産の中で別管理になっているので破綻の影響は受けない、と購入した参考書に書いてあったのでその理解で今日まできましたが・・
はたして本当に影響を受けないのでしょうか?
口座を持っている証券会社or運用している投資会社など、どの部分が破綻するかで、自分の保有している投資信託にどのような影響があるのか、がいまいちよくわかりません。

機会がありましたら、この辺の事をご教授お願いいたします。
Posted by ゆかこ at 2008年09月25日 23:44
tobeさんへ
コメントありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

yuukorin17さんへ
はじめまして。
コメントありがとうございました。
みんながyuukorinn17さんのように考えることができたらこの国も変わるんでしょうけどね。でも、周りの人に選挙に行きましょう、行きなさい、行かないなら将来グチを言う権利すら放棄すると思いなさい、と言うことは確実な1歩になると思いますよ。私も周りの人にすっごい言ってますし。このブログでこの話を書いたのも、みんな選挙に行きましょう!ってこのブログを読んでくださってる方たちに言いたかったので。
これからもよろしくお願いしますね。

ゆかこさんへ
はじめまして。コメントありがとうございました。そこまでして頂いて大変恐縮です。ご愛読ありがとうございます。
投信は@販売会社、A委託会社(運用会社)B受託会社、の3社で運営されてますが、いずれが潰れても資産は保護されます。保険や預金と違って@〜Bの会社の「自分のサイフ」の中にお金が入るわけではなく、「自分のサイフ」と「他人のサイフ」の2つを持つことのできるBの会社の「他人用のサイフ」に入れて管理されるため、Bの破綻も含め、@〜Bのいずれかあるいは全部の会社が潰れた場合でも、潰れたときの借金の返済に「自分のサイフ」から取り出して使われるというようなことはありませんし、それによって投資している資産が減額されることもありません。基準価額は変動しますが時価ベースでの資産は守られます。もちろん存続が可能なら引継ぎをして存続されますし、存続が無理なら時価で償還されます。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ジョン太郎 at 2008年09月27日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック