2008年09月06日

メチャクチャ円高進んでますね

今日は為替の話。すんごい円高。でもこれって円高って言うより、



「円キャリー取引の解消が進んでる」って言ったほうがいい気がします。まぁ、もちろん、絶対的なメカニズムや法則なんてのはないわけですが・・・って前置きはこちらの記事にあるのでよろしければお読みになってみてください。

2008年01月28日
http://jovivi.seesaa.net/article/81004706.html
株と債券の動き方の話。絶対的なメカニズムや法則なんてありません。


ここ数日で南アフリカランド、ブラジルレアル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、あたりは対円で5%以上下落してます。これってね、円が欲しい人が円買ってるとか、ヤバイと思った資金が円に逃げ込んでいるとか、円が高くなっている、円の再評価が・・・とかそういうんじゃないと私は思います。だって積極的に円を買う理由なんかないもん。

円が弱いのをいいことに、次々に「それじゃあ私も」って後に続いてくる人がいるのをいいことに、為替のリスクを無視してあるいは軽視して、金利の安い円を借りて売って高金利通貨で運用する「円キャリー取引」をしてた人たちがたくさんいました。そして今もいます。前にもお話したように、低金利の国内での運用が嫌で、金利の高い外国の債券で運用するファンドやちょっと前に人気だった高金利通貨もののファンドなんかを通じて、高金利国に流れ込む資金もある意味ではあるいは広義では円キャリー取引と言えます。少なくとも円キャリーによる影響を増大し、円キャリー取引を助長する、ドライバーになっていると言うことはできます。

そういう為替リスクを軽視してた資金が、ふとしたきっかけで円高になった時などに自分のとっていた為替リスクやその大きさに気づかされたり、市場の先行きが不透明になった時(私にとっちゃ透明な時がある方が不思議でしょうがないですが・・・)とか金融不安とかが再燃したりした時とか、とにかく潮目が変わりそうってイベントがあった時に、それまで油断して「これくらい余裕だべ」「まだいけるべ」「もうちょいいけるっしょ」って思ってた人が焦ってキャリー取引を解消、つまり円を買い戻して円の借金を返済しようとする。これがいわゆる「円キャリー取引の解消」と呼ばれるものです。そういう人たちの資金フローが円のレートを高金利通貨に対して上げていると考えるのが自然だと私は思います。

そしてそういう通貨は円に対してだけでなく、米ドルに対しても同じくらい下げてます。対ドルでの下落率をランキングすると対円での下落率のランキングとほぼ同じになります。現在のドルはちょっと前のドルとは違います。現在のドルは円キャリー取引を生んだ円のように弱く、そして円と同様に先進国通貨の中では低金利通貨になっています。ちょっと前まで5%を越えていた金利は、サブプライムローン問題による流動性の低下や金融不安の解消のために、2%にまで低下しています。ユーロの政策金利が4.25%、イギリスが5%、ですが、いずれの中央銀行も今週、現在の政策金利を据え置くことを発表してます。「景気が悪くなるのは分かっているが、それでもインフレは放置できない。インフレが進行するくらいなら景気が減速するほうがマシだ。」という理由でです。そういう中でアメリカの金利は2%とかなり安いわけです。以前は円と並んで金利の安い先進国通貨で、キャリー取引にも使われていたスイスフランの金利も現在2.75%です。こうした背景で、低金利のドルを借りて、弱いドルを売って、高金利通貨で運用する「ドルキャリー取引」も結構な規模で行われていて、その取引解消が今回のドル高を招いているように見えます。つまり、円高/ドル高が進んでますが、円キャリー/ドルキャリーの取引解消が進んでいる、と言うのが私の感覚には近いです。

キャリー取引の解消と、そのキャリー取引解消によって下がるだろうと見る人たちの売りが、運用先の高金利通貨を下げ、調達元の円やドルを引き上げる、そんな構図です。別にみんな「頼もしい円」にすがってるわけでも、「円を見直し」してるわけでもないんじゃないかな。

一方で、ルクセンブルグのユンケル首相が、ユーロは過大評価されていると指摘。これによりユーロはさらに対ドルでも対円でも下落。でもこれって、「インフレが進行するくらいなら景気が減速するほうがマシだ。」な方針のユーロ圏の経済を、そうは言いながらもこっそり下支えするには手っ取り早いのがユーロ安によるユーロ圏の輸出産業の後押しですからね・・・

ここんとこメチャクチャ下げていた韓国ウォンは戻してます。政府高官が「1997のような通貨危機に直面してるわけじゃなないよ」と発言したのがきっかけ。外貨準備高を見てみなさいよってことです。でもだいぶ下げましたからね・・・韓国株も韓国ウォンも。円から投資している人は年初から4割くらい下げたんじゃないでしょうか。って私も韓国株ちょっとだけ持ってるんで他人事じゃないですけど。そして、ここんとこの下げがきついのはなんつってもロシア。株安とルーブル安が続いてます。この3ヶ月で株は4割下げてます。円からの投資だと円高の影響でさらに下げ幅は大きいです。きっついですね。もちろんロシア株は私もしこたまもってますのでバッチリ下げてます。まぁしょうがないです。


最後に、とその前に関連記事のリンクまとめておきますねー。

◆政策金利についてはこの辺の記事をどうぞ。
2008年07月27日
金利のはなし
http://jovivi.seesaa.net/article/103678150.html
2008年04月19日
金利の話とスプレッドの話
http://jovivi.seesaa.net/article/93907912.html
2007年08月19日


◆為替についてはこの辺の記事をどうぞ。
2008年02月16日
為替のこと
http://jovivi.seesaa.net/article/84316988.html
2008年06月21日
ご質問への回答<為替の話。株や為替の短期の動きと長期の動き。>
http://jovivi.seesaa.net/article/101217327.html


◆資金フローが市場を動かすって話はこちら。
2008年03月23日
原油とか金とか小麦とか商品・資源価格の下落の話
http://jovivi.seesaa.net/article/90602699.html
2008年05月24日
世界を駆け巡るマネートレインが停車駅の市場を押し上げる〜時価総額(市場規模)とかベトナム株とかコモディティとか資源とか〜
http://jovivi.seesaa.net/article/97769902.html


◆円高が進むと出てくる疑問、株と債券に分散投資してるのになんで一緒に下げちゃうの?についてはこちら。
2008年04月05日
株と債券に分散投資したのに何故か両方一緒に下がってしまう理由
http://jovivi.seesaa.net/article/92326377.html


◆短期と長期は別って話についてはこちら。
ご質問への回答<為替の話。株や為替の短期の動きと長期の動き。>
http://jovivi.seesaa.net/article/101217327.html
2008年06月28日
ご質問への回答<資源株と資源価格の話。短期と中長期の話。>
http://jovivi.seesaa.net/article/79436737.html
いくつかお知らせとご報告と最近のアップデートと、あといつもお話ししてること
http://jovivi.seesaa.net/article/101708179.html
中国株と長期投資の効果とちょっとベトナムのこと
http://jovivi.seesaa.net/article/83403382.html
新年の挨拶と売り時・買い時の話 株や投信はいつ売ればいいの?
http://jovivi.seesaa.net/article/76115678.html
分散投資の効果、長期投資の効果
http://jovivi.seesaa.net/article/17902378.html
運用・投信でよくある疑問H〜いつ利益確定する?いつ売ればいいの?短期売買と中長期投資のどちら?〜http://jovivi.seesaa.net/article/34026208.html
市場の上げ下げ、中長期投資、あとはインドと中国の話
http://jovivi.seesaa.net/article/54451767.html
運用・投信でよくある疑問B〜投信はダメなのか?<3>〜
http://jovivi.seesaa.net/article/31662362.html
チャールズ・エリスの言葉(2)
http://jovivi.seesaa.net/article/21683836.html
チャールズ・エリスの言葉(3)
http://jovivi.seesaa.net/article/22452954.html



で、最後に言いたいのは、さっきのお話は全部短期的なもんだってこと。繰り返しここでお話してますが、株でも為替でも短期と長期は全然別物。全く違います。こうした短期の動きに売ったり買ったりするのは大変だし、予想しなきゃいけないことや言い当てなきゃいけないことが多すぎて、まぁ少なくとも私には100%無理なわけですが、長期だったらそんなんどうでもいいはずです。他と比べて相対的に大きく成長すると自分が考える国の通貨を持ち、成長すると思う国の株を買い、利益が伸びると思う企業の株を買えばいいわけですから。波の上下に合わせて売ったり買ったりで儲けていくリターンの源泉はその波ではなく自分の腕とか運とかツキとかカンです。投資をする時に自分が使おうと思っているリターンが、自分の腕ではなくその資産が持っている本質的な成長力であるなら、短期の動きに惑わされたりするようなことがないように、気をつけないといけません。くれぐれも木を見て森を見ずなんてことになりませんように。ご用心ご用心。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


人気blogランキングbanner_03.gif


FC2 Blog Rankingb_03.gif





posted by ジョン太郎 at 12:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもこんばんは。
最近、コメントもらいたいタイミングでコメントもらいたいテーマに言及してもらってる気がします。
リクエストする手間が省けて助かりますw

いやーFXで買いっぱなし放置のポジションがえらいことになってまして。
こういう事態が起こることを想定の中に入れていたつもりでも、実際に体験するとすごいですねやっぱり。チャート図はホント壮観です。。
もっと大きな金額でやってたら、あるいはもっと高いレバレッジでやってたら、と考えただけでもゾッとしますね。

強制ロスカットが近づいてきてしまいましたが、あと10円くらいまでは耐えるはずなんで、ジタバタせずにもうちょっと傍観しときます。

関連リンク読み直して勉強しとこ。
Posted by くあむ at 2008年09月06日 19:48
くあむさんへ
コメントありがとうございました。
FXやってる人はすごいことになってるでしょうねー。
私は通貨は、自分が成長すると思う国の株を為替ヘッジなしで長期で持てばいいやと思ってるので為替だけの投資ってのはやってないです。

これからもよろしくお願いします。
Posted by ジョン太郎 at 2008年09月06日 21:13
始めまして。
先月、初めて外国債券型の投資信託「スリーポイント」を買ったとたん、どんどんと基準価格が下がり、昨日の下落を見て、血の気が引いてしまいました。
為替のリスクの恐ろしさを知りました。
今後、まだまだユーロ、豪ドルが下がりそうで不安ですがあわててはいけないのですね。

こちらのブログを読んで、気持ちが少し落ち着きました。ありがとうございます。
Posted by ハルミン at 2008年09月06日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック