2008年08月30日

株の話。今が買い時?今買うのってどうなの?【オススメ】

タイトルのまんまですが、今日はそういう話です。オススメ記事ですよ!



くあむさんから、こんなコメントを頂きました。
http://jovivi.seesaa.net/article/105292969.html#comment


あ、抜粋しときますとですね、

くあむさんが最近株を買ったって話を会社でしたら、同僚の方や上司の方たちから、




「こんな不透明な時に株買うバカがいるとは」


「ちょっと前より落ちたからって安いと勘違いしてんじゃないの?」


「中国の失速は始まったばかりだよ」


「底打ち確認してから買うだろ普通。。。」




って言われたんですって。



うーーーーーーん・・・



まぁしょうがないか・・・



そんなもんなんでしょうね。



でもね、くあむさんはリッパだと思うんですよね。「改めて世間と自分の意識の乖離を痛感させられました」ってちゃんと冷静にとらえることができてるわけだし、自分は世間と一緒でなくてもいい、世間がいつも正解ってわけじゃない、って考えることができていらっしゃるんじゃないかなと思います。これ、多くの日本人が苦手なことです。世間が正解だと思い込んでしまう、お隣さんがやってることをやっておけば最悪でもお隣さんが正解で私が不正解って事態を避けられるって思ってしまう、人と違うことをやるのが不安、自分の考えよりも周りの人の考えや意見に合わせてしまう、まず他の人の意見を聞いてみたい・・・などなど、これって良い悪いの問題じゃなく、日本人の国民性のようなものなんだと思うんです。そういう中でくあむさんは流されてなくて凄いなぁと思います。



というわけで今日はそんなくあむさんを応援する話。良い援護をしたいなって思います。



ハリキっていきますよ!


こういう時は燃えます。


そういうタイプです。私。


なんせ気まぐれのB型ですから。



ノった時は強いですよ!




まず、これ。

0830-1.bmp

世界各国の有名な会社の名前がずらっと並んでます。いろんな業種の会社が並んでます。数字は株価。それぞれ円換算していない、現地通貨建ての株価なので、アメリカの会社なら単位はドル、イギリスの会社ならポンド建て、ブラジルの会社はレアル、で表示されてますが単位はどうでもいいので気にしないでください。好きな単位で考えてください。とりあえず、これらの会社の株価が今こうだったとします。

で、この中から好きな会社を選んでください。で、実際に上記の株価で株を買い、投資したと思ってください。みなさんが今ここで選んだ会社に、ここに載っている株価で投資したとして、これから先の話を進めます。

選びましたか?どの会社を選んでもいいです。適当にどれか選んで投資した気分を味わってください。くれぐれも本当に投資した気分になってくださいね。銘柄選びはしたくない、ということであれば、インデックスファンドに投資したと思って右にある指数のどれかを選んでもいいです。MSCI指数2つはグロス指数(税金無視の配当再投資指数)ですのでちゃんと配当込みの数字です。まぁ、個別株を選んでもらったほうがこの後の話はおもしろくなると思いますが・・・ニヤ。それでも、指数を選んでもいいです。ただ、個別株を選んだほうが(ry


選びましたか?


買いましたか?


買った気分になりましたか?


・・・チクタク・・・チクタクチクタク・・・


ちゃんと悩みました?(オイ  適当にってさっき・・・


ホラ、気分的に入り込んだほうが楽しいですから。悩みに悩んで選んで、不安を抱えながら、散々悩んでいろんな人の話も聞いた挙句に投資しました、って感じで。


大丈夫ですかね。


えっと、この株価は


なんと・・・(早く言え


各社の2001年8月末の株価です。


・・・つまり、2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが発生した前月末の株価です。最悪のタイミングですね。もちろんこの時点でそんな大事件が発生することを知っている人はいません(中には知っていた、予想してた、織り込んでいた、何か怪しいと思ってた、と言う人がいるかもしれませんが、そういう方はこのページ自体スルーしちゃって下さい。)。


そんな大事件が発生するとは知らずに、あなたは散々、半年も悩んだ挙句に思い切って投資したのに、よりによって最悪のタイミングで投資してしまったことになります。うだうだ悩んできた挙句、このタイミングで突っ込んでしまいました。あなたは●●の株を▲円(円じゃなくても他の通貨単位でも)で買ったと。


これは実際の感覚に近いと思うのでちょうどいいはずです。つまり、あなたは<さっきの数字がテロ前の前月末の数字だなんて思わずに選んだ>ということで、思ってもみなかったイベント、短期的な株式市場の値動きに間違いなく大きなインパクトを与える出来事、が投資後すぐに発生するのを知らなかった、知らずに投資したということになります。

で、米国で突然、同時多発テロ。株式市場含め、金融市場いや、世界中が大混乱。アメリカだけでなく、各国の株式市場が閉鎖され、金融機関は手元の流動性を厚くしようと金を集めに走り市場に資金をあまり出さず、信用収縮・信用不安が起こり、質への逃避でアメリカ国債に逃げようにもアメリカは報復戦争をおっぱじめるかもしれず、じゃあということで「有事の金」の言葉通りに金に資金を向かわせる人たちが金市場に資金を向かわせて、金価格が大きく上昇。株式市場からはリスクマネーが逃げ出し、何を信用していいやら、どこが安全なのやら、いつこの混乱が収束するやら、全くわからず、3年後、5年後、10年後、世界はどうなってしまっているだろうと思いながら過ごしていると、その月の終わり、2001年9月末の各社の株価はこのようになりました。

0830-2.bmp

どうですか。あなたが突っ込んだお金はどうなりましたか?

・・・そうですか。

運が悪かったですね。

残念ですね。

タイミングが悪かったですね。

投資なんかしなきゃよかったですね。

どうしてこんなことになっちゃったんでしょうね。

騙されちゃったんでしょうかね。

なんでよりによってこんなタイミングで投資しちゃったんでしょうね。
あの時、踏みとどまってれば・・・
もっといろんな人の意見を聞くべきだった・・・(こんなの予想できた人いるのか?



でも、しょうがない。投資しちゃったものはしょうがない。過去には戻れませんから。



で、これからどうしますか?

市場は大混乱中。世界中が大混乱中。戦争だって起きちゃうかもしれません。

金融市場はいつ正常に戻るのでしょうか。

そもそももう正常に戻るのかどうかすら分かりません。

金融市場が壊れちゃうかもしれません。

むしろ世界はテロ前の状態に、元の状態に、いつか戻れるのでしょうか。

あなたは先ほど投資した株をどうしますか?

売りますか?諦めて損切りしますか?

それとも、損切りして売って、ダメージの少なかった別の銘柄、この混乱の中、株価を上げていた銘柄、この例だとチャイナ・モバイルですか、「混乱の中でも下げなかったチャイナ・モバイル!すごいぞ!注目だぞ!」みたいな記事を雑誌で読んで、チャイナ・モバイルに乗り換えますか?

それとも、そのまま保有し続けますか?

それとも、更に追加投資をしますか?



ここで追加投資を選んで株を買った場合、くあむさんの同僚の方から「底打ち確認してから買うだろ普通」とか「こんな不透明な時に」とかって言われちゃうんでしょうね。ここで底打ちしたかどうかなんて全くわかりませんし、2001年9月末はこれ以上ないっていうくらい不透明感たっぷりの時です。

あるいは、保有し続けることに決めて、「とっとと売ればいいのに」「逃げ遅れる前に売ればいいのに」「こんなタイミングで投資しちゃったのが悪いんだから諦めて損切りしちゃえばいいのに」「このまま持ってるとどんどん下がるよ」「今売って、下がってからまた買いなおせばいいんだよ」「ロスカットのルールを作ってスッパリ諦めて売らないと勝てないよ」なんてことを周りから言われて、不安になって、悩んで、それでも保有しますか?

とりあえずあなたの投資行動をここで決めてください。決めて、その投資行動を、さっき買った株価と銘柄名と一緒にどっかにメモしておいてください。



さてと、大混乱の中で年末を迎え、2001年末になりました。振り返ってみるとすごい年でした。米国で同時多発テロがあり、エンロンが破綻し、アルゼンチンがデフォルトし、日本では金融機関の不良債権問題が深刻化する中、マイカルが破綻し、MMFが史上初の元本割れを起こし・・・

そんな2001年末の各社株価はこうなっています。

0830-3.bmp

・・・プラスになってる銘柄がありますね。ちょっとビックリです。利益確定しときますか?とりあえず利益確定しちゃえば「その分の利益は間違いなくプラスなわけだから」というセリフがあちこちで聞かれます。この相場の中で、ちょっとでも利益がでれば御の字でしょうと思えなくもなかったりします。こんな最悪の状況の中でちょっとでもプラスがでたんだから儲けもののような気もします。このまま持っておいてもこの先どうなるかわからないし・・・この利益だって吹っ飛んで消えちゃうかもしれないし。

さてと、ここであなたはどうしますか?

売って損切りするか。あるいは儲かっている人は、売って利益確定するか。

この相場の中でも上昇している凄い銘柄に乗り換えるか。大きく下げた銘柄に乗り換えるか。

追加投資するか。

そのまま保有し続けるか。



決めましたか?



そこからさらに1年が過ぎました。2002年末です。この時の株価はこうなっています。



日経平均を選んだ人は8,500円まで下がっちゃってますね。MSCIワールドでも2割下がっちゃってます。


あなたならどうしますか?


売って損切りするか。


この相場の中でも上昇している凄い銘柄に乗り換えるか。大きく下げた銘柄に乗り換えるか。


追加投資するか。


そのまま保有し続けるか。



決めましたか?



さてと、ここで、一気に翌年の2003年末の数字、翌々年の2004年末、2005年末、2006年末、昨年末の2007年末、そして先月末の数字、を一気にお見せします。分かりやすいように先ほどの2002年末の数字、日経平均が8,500円になっちゃって、MSCIワールドでも2割損しちゃってる状態のところの数字から載せておきますね。


覚悟はいいですか?


こんな感じです。

0830-4.bmp

どうですか?


想像通りでしたか?2006年から投資を始めた人が見てきた世界は、この表の2006年のところから08年7月末までの間の株価の動き、今年に入ってからの株価の動きは07年12月末のところの数字から08年7月末までのところの数字で、今いろんなところで騒がれたり議論になってる話のほとんどは、たったこの程度の期間の株価の動きについての話です。株価は昨年末からだいぶ落ちましたね。でも、テロの前月末に買ってしまった、これ以上ないってくらい間の悪い投資をしちゃった人、最悪のタイミングで投資を始めちゃった人でも、プラスです。サブプライムローン問題の発生後の今でもプラスです。この表にあるどの銘柄を買っててもプラス、MSCIワールドで世界株にベッタリ投資でもプラスです。

この数年、投資を始める人の数が飛躍的に増えましたがそのうちの多くの人が2004年以降に始めた人たちです。つまり、ほぼずっと上げ相場ばかりの時期を過ごしてきた人が始めて下げ相場を経験し、いろんなことを言っています。しかし、アメリカの同時多発テロの頃を知っている人の感覚は違います。あの最悪の2001年の後、年が明けた2002年には、2001年のエンロンに引き続きワールドコムの破綻がありました。アメリカの超大企業の突発的な倒産、しかもそこにあったのは会計のトリック・・・会計不信が急激に高まり、一方の日本では銀行に公的資金が注入され、金融不安が広がり、不良債権は一向に減らず、翌2003年に日経平均がついに8,000円を割り・・・でも、その前のITバブルの崩壊の前から投資をしていた人はそういうのを前にも1回経験していますし、それより更に前から投資している人は、あの悲惨なアジア通貨危機、ロシア危機、も経験しています。そういう人たちにとっての、昨年からのサブプライムローンに端を発したこの散々な相場は、この数年の上げ相場の中で投資を始めた人たちとは違うものに見えているはずです。そして、最近投資を始めた人でも、こうした歴史を振り返ることによって今の状況をもっと別の角度から捉えることができたり、別のものに見ることができるようになったりするはずです。

この1年とか2年の相場を見ていただけでは分からないことがたくさんあります。日々の値動きを追いかけているだけでは見えてこないものがたくさんあります。中長期の投資をする人が知っておく必要があること、見なくてはならないもの、は日々の動きや短期的なトレンドではないはずです。

先ほどの表、一番上は2002年末でした。そこから2007年末までは期間としては5年です。5年という期間は短期ではなく、中期といったところでしょうか。このくらいの期間をかけてやると中長期投資の効果がよく出始めます。

なぜ株価が上がったのか。前日のアメリカの市場の動き?利下げ?ヘッジファンドの資金の動き?要人の発言?チャートに現れた兆候?

このくらいの期間をかけてあげた株価の動きが最も強く反映しているもの、それは利益です。会社の利益が増えたかどうか。株価というのは中長期的にはそれを反映します。というと、1ヶ月とか半年くらい見て「ウソじゃん!」とか言う人がいますが、中長期的に、です。最低でも3年。5年、7年、10年、と期間を長くかけてやればやるだけ中長期の特徴とか効果が強く現れるようになります。

2002年から2007年の5年間を経た、これらの会社の株価と利益を比べてみるとこうなります。

0830-5.bmp


2001年の8月末に投資をした人は間の悪い人でしょうか?タイミングの悪いところで投資をしてしまう、「勝てない投資家」でしょうか?

2001年の9月末に投資を始めた人、追加投資をした人、は「市場の先行きが見えない中で投資をする盲目な投資家」でしょうか。「市場の不透明感が強い中で追加投資をしてしまう愚かな投資家」でしょうか。「お先真っ暗」な中で損切りができない人はダメな投資家でしょうか。


日々の動きだとか、短期のトレンドとか、この2年間どうだったかとか、テクニカルな話とか、ディープな技術論とか、細かい比較とか、マニアックな議論とか、長期投資をしようとする投資家が知っておくべきことはそんなものではありません。そんなものを覚えることよりも先に知るべきこと、先に身につけるべきこと、があります。大した量ではないですし、シンプルだし、披露しても派手さもインテリっぽい感じも無い地味な話ばかりだけど。だから、私はもうこのブログで書くことがあまり無くなってしまって困っているわけですけれども。同じことを繰り返し言ってるだけ、言葉を変えて言ってるだけ、例えを換えて言ってるだけ、になってしまうわけですけれども。

私は金融の世界に身をおいてたかだか10年ですけど、この世界で20年、30年、40年、とやってきた先輩達も同じことを言います。そしてその人たちが聞かせてくれる、私が子供のころの金融市場の話でも、同じことが繰り返され、同じシンプルな理論が当てはまってきました。まぁ素朴で地味ですけど、強いですよ。すたれませんし、色あせません。このブログで皆さんにお話ししてることはそういう類のものです。


くあむさん、自信つきましたか?応援してますよ!


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


人気blogランキングbanner_03.gif


FC2 Blog Rankingb_03.gif




posted by ジョン太郎 at 11:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもありがとうございますっ!!

アバウトに「2001年末に投資してたら今けっこうなプラスだよね」的なイメージは持ってたんですが、改めて数字で見るとすごいです。
BRICsはやっぱりえげつない伸びですけど、日本株でもこれだけのプラスなんですね。

まだまだ株価上昇の兆しは全く見えませんけど、これからも資金的に無理のない範囲で(信用取引とかはナシで)、毎月投資し続けていきますよ〜。
「まだまだ買い足りないからまだ低迷しててちょうだい」くらいの気持ちで。

あ、でも上司の手前では「株は手控え・様子見中」って言っときます(弱)。
Posted by くあむ at 2008年08月30日 18:14
2001年の株価なんて気にしたこともなかったですが、もしも購入してたら・・・、その間を我慢できたら・・・???
今のサブプラ問題も怖くないですね〜(^・^)

昨年、中国の利益確定しなかったことを
「損したことをごまかしている!」と、言った人があり、「損とは何か?」と考えたことがあります・・・が、人は人!

投資スタイルが違う訳ですから、人によっても「損」「得」の捕らえ方も違いますよね^^

私は今のところ、資金がギリギリなんで、怖くて仕方ないほど下がったら、ちょっぴり、買い増ししてます・・・もっとも、あまり市場を眺めてないので、怖くないですけど〜(笑)

それより、単純に食品の値上げが気になって仕方ないです^^
Posted by oka at 2008年08月31日 02:11
頭のおもいきり固くなってしまった私にも感覚的によく受け入れられるお話でした。言われてみれば確かにそうだったよなあと潤滑油を注いで頂いた思い、ガタつきながらも、まだしばらく使えそうです。
Posted by tobe at 2008年08月31日 19:29
くあむさんへ、
援護になりましたかね。でも、上司の方の前で強気になるには不十分でしたか・・・
これからもよろしくお願いします。

okaさんへ
損したことをごまかしている、ですか。
サッパリ意味が分かりませんね。まぁいろんなことを言う人がいますから。意味分からんと思ったら聞き流して、後は気にしなくていいんじゃないでしょうか。
これからもよろしくお願いします。

tobeさんへ
コメントありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

みなさん、頂いたコメントへのお返事が遅れ遅れになってしまってすみません。コメントありがとうございました。
Posted by ジョン太郎 at 2008年09月06日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック