2008年07月31日

インドが利上げ、インフレファイターとしての姿勢を鮮明に

こんばんはー。酔っぱ(ry   えーインドが市場予想を上回る50bpsの利上げを行いました。


インドが市場予想を上回る50bpsの利上げを行って政策金利を9%に引き上げました。成長よりも、まずは足元のインフレ沈静化を優先するというインフレファイターとしての姿勢を鮮明にした形です。インドのインフレ率は10%を超えてしまっていますし、実質的なインフレ率はおそらく10%の後半なのでしょう。私はとてもいいことだと思います。ブラジルがBRICsの中で唯一、新興国全体でも、世界全体でも、現在一人勝ちみたいになっているのも、ひとえにブラジルがインフレ率をコントロールできていて、インフレを抑えながら成長軌道を保っていること、が大きいです。

インドはもともとの成長率が非常に高いわけですから、ここは多少成長率にブレーキをかけることになっても、足元のインフレ率を抑え込んで、インフレ率をコントロールしながら成長カーブを描いていく、コントロール下での成長、みたいな路線に入っていくべきです。

引き続き利上げを行っていく可能性も示唆していますし、迷わずにインフレの封じ込めに全力を挙げて、早くインフレのコントロールに成功してほしいなと心から願っています。


↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


人気blogランキングbanner_03.gif


FC2 Blog Rankingb_03.gif




posted by ジョン太郎 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック