2008年07月27日

金利のはなし

暑いですね以外に入り方が思いつきません・・・Orz  今日は金利の話です。

ブラジルが今週、市場予想を上回る75bpsもの利上げを行って政策金利を13%に引き上げました。さすがにインフレと長い間闘って来た国は違うなぁと素直に感心してしまいました。なんか気迫すら感じます。

日本の政治家とか官僚に期待するのはこういう気迫なんですけどね。まぁ最も欠けてる部分だと思うのでなかなか難しいんでしょうけど。意志も意義も意図も感じられない政策が多すぎます。気迫とか言うと精神論っぽくなっちゃうけど、プライドとか倫理感とか正義感とかプロ意識とかないのかな・・・年金問題なんて一端を耳にしただけでヘドが出ます。まぁ金利決めるのは日銀ですけど・・・こういうのブラジルの金利引き上げみたいな気迫とか意志とかが感じられるような政策を見たいなぁとつとに思っております。

あ、ニュージーランドは25bpsの利下げをしました。最近の世界的なインフレの進行&各国で相次ぐ利上げ、で「利下げ」って最近あんまり聞かないですね。アメリカとカナダぐらいですか。ニュージーランドでももちろんインフレは進行してますが、金融・経済が結構しんどいらしいですからね・・・特に不動産はだいぶ弱ってるみたいです。インフレは進んでるけど、今の高金利に耐えられるほどニュージーランドは強くないってことなんでしょうね。今の日本にニュージーランドと同じくらいのインフレ率がやってきて、金利が8%とかになったらとてもじゃないですけど耐えられないですよね。そんな感じです。

この半年で世界の政策金利の水準はだいぶ変わりました。ちょっとまとめときます。ついでに最近の各年末のも載せときます。

080726.bmp

金利の安い円を借りて売って、金利の高い通貨で運用、これが円キャリー取引です。最近は米ドル借りて売って運用するドルキャリー取引も多く見られます。これ見ると、それも分かる気がしますね。そして円キャリーがあれだけの規模になったのは、円が弱い状態が続いてずっと円安状態が続いて、人々が本来とってる為替リスクに鈍感になって、儲け話を聞きつけた人の資金が更に円安方向へ導いてまた円安で儲けたって人を生み出して・・・外国に投資するファンドに流れ込んだ資金が更にそれに拍車をかけて、これも一種のキャリー取引で・・・なんか今の弱いドルと、ドルの低金利状態ってこれと似たような状況な気がしますね。


政策金利の話はこのへんの記事もどうぞ。

2008年04月19日
金利の話とスプレッドの話
http://jovivi.seesaa.net/article/93907912.html
2007年08月19日
今週の市場の動き2007/08/11 〜サブプライムローン問題〜
http://jovivi.seesaa.net/article/51875779.html

今日はこんな感じで。

↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


人気blogランキングbanner_03.gif


FC2 Blog Rankingb_03.gif




posted by ジョン太郎 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック