2008年06月24日

ご質問への回答<ETFの話。>

お約束どおりキングさんに頂いたご質問にお返事。今日はETFの話です。



キングさん、コメントとご質問ありがとうございました。お返事お待たせしちゃってすみません。

とりあえず、キングさんに頂いたご質問の内容はこちら。



ご無沙汰してます。キングでござーいます。いやはや利上げの話、いつもながらに参考になりました。しかしこう世界的にインフレになると日本円のポジションもどうなるか分からず、僅かながらの資産をどこに長期投資すべきか悩ましい今日この頃です。とりあえず円のみ!!てのはリスクがありそうなのは良く分かるのですが・・・・。

ところで前回「為替の重要さ」をとってもしっかり教えて頂きました。そこで、ジョンさん「ETF」についてどうお考えか質問させて下さい。
最近ETFの取り扱いが各ネット証券で増えてきております。EAFEやエマージングと全世界に分散投資が可能!と、うたわれておりますが、まず「米ドル」にしてからってのがひっかかっております。信託報酬の安さが魅力なのは理解出来ますが、為替が不利に働くとなんのこっちゃわかりません。投資信託からETFのリレー投資も結局手数料がかかるやん?(以前ジョンさんも言ってましたよね?)と、思いますし・・・国内ETFのTOPIX連動なんて無難かなって気がしますが海外ETFについてはどう思いますか??



【私の考えだと、投資というものは「自分の考えに基いて」「自分の好きなように」「自分の責任で」やるもんだ、なので、止めはしないけど私だったらそういう選び方とかそういう投資の仕方は絶対にしません】ってのと、【海外ETFについては別にどうも思いませんし、海外ETFがどうだとかインデックスファンドがとかアクティブがどうとか、そういうので私はファンドを選んでません】ってのが私の答えです。

実際に私はインデックスファンドもアクティブファンドもETFも、手数料2重取りだとか批判されてるファンド・オブ・ファンズも、個別株も、ADRも、持ってます。私のポートフォリオはエマージングの比率が物凄く高くて、しかも、私はエマージングは手数料払ってアクティブファンドを買う価値があると思ってるし、「配当抜き」の価格指数(注)に連動なんてイヤじゃ!って思ってるので、基本的にはETFとかインデックスはあんまり持ってません。でも、本数とか金額は少なくても、ETFやインデックスファンドもゼロではなくて、先進国部分とかでちゃんと使ってます。

(注)「配当抜き」の価格指数、「配当込み」のTR指数、についての説明はこちらの記事をご覧ください。
http://jovivi.seesaa.net/article/100498474.html


まずはこちらの記事

2007年09月22日
各国のいろんなデータ総まとめ!と、チャットしながら気づいたことと、ご質問の際にご注意頂きたいこと【オススメ!】
http://jovivi.seesaa.net/article/56606679.html
投信の分配金について、株の配当金と投信の分配金のちがい、日々の相場の値動きや日々の損益状況についての私の考え方、ファンドの選び方、資産配分の考え方、ファンドの組み合わせ方、どの国に投資すべきか、についてのお話。主要国の面積、人口、世代別人口、GDP、財政収支、消費者物価指数、金利、外貨準備高、エネルギー消費量、格付、PER、時価総額、96年以降の各年リターン、ゴールドマン・サックスのGDP予想、労働力人口の変化予想、なんかも載せてます。


の中ほどにある「◆こんなファンド見つけたんだけど、こんなんどうかな。」って質問に対する答えのところをご一読いただきたいのですが、私はファンドを選ぶより投資資産を選ぶほうが大事だと思います。

手数料払うのがイヤだから、ドル持つのイヤだから、それも1つの考えだと思いますし、否定するつもりは全くないです。手数料を払うのがイヤでドルを持つのはイヤだから、TOPIX連動型の国内ETFか日本株のインデックスファンドしか買わない、それも全然結構なことだと思います。止めません。ただ私は絶対にそんなマネはしませんが。

なんでかって言うと、私は日本の今後の成長率は他の先進国や新興国の多くに劣り、日本よりもっと早いペースで経済を拡大する国はたくさんあって、そうした国の企業は日本企業より早いペースで収益を伸ばし、その伸びた収益に中長期的には株価が追いついて、そういう国の通貨は国力の高まりとともに中長期的に上がっていくはず、と考えているからです。だから、そういう国の株に、その国の通貨のリスクをとったままで(為替ヘッジをせずに)、投資をしています。例え、日本株のほうは販売手数料無料、信託報酬が0.2%、一方の私が投資したい国というのは日本とは比較にならないほどの成長率を私は期待しているけど残念ながら投資のハードルが高くて選択肢となるファンドの本数も限られてて、唯一手に入るファンドは販売手数料が5%で信託報酬が3%、だったとしても、私は後者を買います。それで、しょうがないから日本株を買おう、とは思いません。それが正しい、ということではなく、それは私の考えに合わないから、です。

例えば私がインドのある会社の株を買いたい、と思ったとしても私はインドに口座を開いて、インドルピーを買って、インドルピー建てでその会社の株を買う、ということができません。しかし、その会社のドル建てのADR(ADRの説明はこちらの記事をご参照ください。http://jovivi.seesaa.net/article/88871737.html)がニューヨークに上場してて、そのADRの取次を自分が口座を持ってる証券会社がやってくれるなら、私は買います。手数料払ってでも買います。そりゃあルピー建ての現物株、がほしいですけど、ないんだからしょうがない。手数料タダなら嬉しいけど、そんなもん手間だってかかるしそんなもんがタダで手に入るってほうが虫が良すぎるってもんで、まぁ手数料も払いますよ。

さっきのリンク先の話にあるインド企業A社のADRの例えもそうですが、ルピー建てじゃなくたって、ルピー上昇の恩恵は受けることができます。駅のロッカーの中に入れてるA社の株が400ルピーだったとしましょう。株価は全く変わらない、でもドルとルピーの値段が1ドル40ルピーから1ドル20ルピーになったとします。この場合、1ドル40ルピーの時は、中から株を取り出して売って得たルピーをドルに換えると10ドルが手に入ります。一方、1ドル20ルピーの時は、20ドルが手に入ります。日本人の私がこれを日本円から買っていた場合、日本円とドルのレートが1ドル100円のまま変わらなくっても、1ドル40ルピーが1ドル20円とルピー高になれば、ちゃんと1000円が2000円に増えます。もちろん、ロッカーの中身の株価が全く変わらず、ドルとルピーの価格も全く変動せず、ドル円のレートだけが円高になったとすればドル円レートのせいで損をします。

しかし、私のように株価は中長期的には国力や経済力を反映する、と考えてる人間にとってはそんなのは全然問題になりません。例えば、世界の通貨が円、ドル、ルピーの3種類だけしかなかったとして、日本とアメリカとインドの3カ国の今の経済力がそれぞれ4,336、13,245、909で、40年後がそれぞれ6,677(+54%)、38,514(+191%)、37,668(+404%)、になったとすると(*)、通貨の価値はドル、日本円、ルピー、って順からドル、ルピー、日本円って順に変わって、為替レートもそうなるんじゃないかなと考えてます。そうするとドルと円、のレートは多少関係あっても、最終的には日本円とルピーの相対的な位置がどう変わるか、次第なんじゃないかなって思うわけです。

*出典:Goldman Sachs – Global Economics Paper

というわけで、私にとっちゃETFやADRの通貨がドル建てでも、ユーロ建てでも全然OK、手数料も全然OK、という感じです。


投資というのは、木を見て森を見ず、になったらいけないと思うんですけどね。

まぁ雑誌とか投資本とかインターネット上に溢れてる情報でも、木を見て森を見なくなるように導こうとしてんのかな、って思うような話が多いのでしょうがないような気もしますけど。意味不明なETF絶賛とかね。ETFとかインデックスファンド最強伝説の人って最近ますます増えてきてる気がします。私はETFも買ってますけどETFが最強だ、ETFしか買わない、なんて全然思いませんし、ETFにもインデックスファンドにもアクティブファンドにもファンド・オブ・ファンズにもそれぞれメリット・デメリットがあると思うし、信託報酬が安いファンドが世の中全員にとって良いファンドだとは思いません。

でも、手数料高いファンド買ってる時点でバカだ、ダマされてる、ボッタクられてる、ってのが多すぎですよね。自称専門家の人とかでも平気でそういうこと言ってますしね。そういう人に限ってETFのメリットの説明で、「ETFは普通の投信と違って償還ってことがないから長期投資に向いてる」とか言ってたりね。国内ETFでももう2〜3本償還になってるんじゃない?ETFって償還も上場廃止もあり得るんですけど。海外なんかだとETFの償還なんてしょっちゅうだし。

あと、すごいマイナーなETFオススメしてたりね。どれどれって見たら流動性低すぎて全然指数と連動できてないし、商い少なすぎて、これって売る時大丈夫なのかって心配したくなるような状態だったり。そもそもロッカーの中身が株とかの現物じゃなくて指数連動債とかだったりね。で、そのETFを売買してるのは実はその人の本を読んだ人だけで、読者同士の売買のみだったりして・・・で、効率悪いし、儲からないから、って理由で償還されました・・・みたいな。まぁそんなことになっても投資は自己責任だって言えますからね。本が売れればいいだけだし、損しても責任負う必要も義務もないしね。


木を見て森を見ずどころか、そもそも、木ですらない枝葉の議論が多すぎる気もしますね・・・

困ったもんだ。



キングさん、こんな感じでいかがでしょう?



よろしければこの辺の記事もどうぞ。

2007年11月3日
ETFと普通のファンドの違い(その2)
http://jovivi.seesaa.net/article/64283527.html
ETFと普通のファンドの違いについて。インデックスファンドとETFのどっちを買えばいいの?どういう違いがあるの?


2007年07月06日
いただいたコメントにお返事 〜ヨーロッパ株とBRICs株ってどうよ&実はETFってね。〜
http://jovivi.seesaa.net/article/46868707.html
BRICs株ってどうなのよ?ETFってどうなのよ?という話。実はBRICsって・・・


2007年10月27日
時価総額ランキングとA株ETF
http://jovivi.seesaa.net/article/62721814.html
10月20日の世界の企業の時価総額ランキングにちょっとおかしいところがあったので、その訂正と、大阪証券取引所に新たに上場した上海A株市場に連動するETF、A株ETFについて。


2007年1月15日
運用・投信でよくある疑問A〜投信はダメなのか?<2>〜
http://jovivi.seesaa.net/article/31426007.html
投資信託はダメだ、投資信託はろくでもない、と言う人のダメな理由について@とA。投信ってダメなの?手数料が高いばかりでどうしようもない?販売してる銀行や証券会社だけが儲かるもの?アクティブファンドはろくでもない?インデックスやETFファンドの中で選ばないとダメ?


2006年04月09日
インデックスファンドとETFのちがい
http://jovivi.seesaa.net/article/16337884.html
インデックスと連動した投資成果を期待するなら、あるいは日本の株式市場全体が上がっていく大きな値動きをとらえたいなら、インデックスファンドもETFも同じような効果が期待できますが、両者の間には違いがあります。インデックスファンドとETFのちがい、ETFってそもそも何さ?について。ちなみにジョン太郎はインデックスファンドよりアクティブファンドのほうが好きです。


2008年05月10日
投資とか運用とか投信でよくある疑問・誤解J〜分配金利回りを計算してはいけない〜【オススメ】
http://jovivi.seesaa.net/article/96236995.html
12,000円と9,000円のファンドはどっちが割安?どっちのパフォーマンスがいい?分配金50円のファンドと70円のファンドはどっちがいい?投資とか運用とか投信でよくある疑問・誤解のその11です。分配金を基準価額で割った分配金利回りを計算してはいけません。分配金利回りではファンドのパフォーマンスは判断できません。毎月分配型ファンドって?分配型ファンドって実際どうなの?インデックスファンドは?ETFは?リレー投資って何?



↓ランキングです。ポチッと押して投票お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキング参加中!


FC2 Blog Rankingb_03.gif



ど素人がはじめる投資信託の本

ど素人が読める決算書の本

posted by ジョン太郎 at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョン太郎のマメ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
度々ご解答有難うございます。理解しました。まだまだ勉強が足りませんが。遠い将来のポテンシャルに期待しての投資ですね。本を読めば読むほど「みんながふつうにすること」に偏った?思考を持つようになってきてたのでスッキリしました。過去の記事にも詳しく掲載されてましたね!失礼しました。ちょっとおさらいして来ますね。
Posted by キング at 2008年06月25日 15:55
キングさん、
熱心なのは良いことですが、くれぐれも木を見て森を見ず、になりませんように。度が過ぎると見えるものも見えなくなります。
Posted by ジョン太郎 at 2008年06月25日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック