2016年08月10日

盗用による著作権侵害の件の途中報告

先ほどまで結末のご報告と書いていたところでしたが、途中報告に変わってしまいました。
出版社の弁護士から件のブログ主に勧告をしてくださり、ブログ主本人も盗用である旨を認め、盗用記事を編集し、盗用した私の著書名を書いてそこからの無断引用をしたこと、著者と出版社に謝罪すること、を記事削除ではなく記事編集にてアップしていました。


が、間もなくその謝罪ページも削除し、ブログ主のツイッターでは



いやーいい経験をした



と発言していました。

著作権を侵害したことの意味がわかっていないようです。証拠はすべて保存しており、もちろん反省の色のないツイッターの発言も保存しています。バックアップで複数の知人にも証拠保存をお願いしてあります。

刑事事件の被害者として私と出版社か被害届を出すところからスタートしないと分からないんでしょうか。

というわけで結末の報告の予定が途中報告になってしまいました。またご報告します。
posted by ジョン太郎 at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョン太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

これって著作権侵害ですかね?

親切な読者の方がこのブログのコメント欄を使って教えてくださいました。

こちらの方
http://www.satouwataru.com/entry/2016/05/08/192901

の書いていらっしゃるブログの記事
http://www.satouwataru.com/entry/money-story

が拙著
「外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話」
P13-P33の内容と酷似し、著作権を侵害していると思われるのですが、これって著作権の侵害ですかね?

お持ちの方は是非読み比べてみていただければと思います。そのためにわざわざ買っていただく必要はありませんし、ご興味あれば図書館で借りてみていただくこともできますしね。私の著作物なので本の本文を載せてしまってもいいのですが、出版社の使用権を侵害してはいけませんのでとりあえずこのタイミングではやめておきます。

著作権の侵害に該当するかどうかは司法の判断に委ねたほうがいいのかしら?

証拠となりそうなものは昨晩すべて保存し、念のため何人かの知人にもスクリーンショットやWEBページ等を保存しておいていただきましたが、スクリーンショットやツイッターにはご本人の顔写真が載ってしまっていて、その方の肖像権を侵害してもいけないので、当該ページのURLだけにしておきますね。

とりあえずまたご報告させていただきますね。

取り急ぎ、ご親切に教えてくださったとおりすがりさんに御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。
posted by ジョン太郎 at 07:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ジョン太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。